職業型師のF1工作部屋

BT45 ボディー製作 Frカウル編 仮完成!  

こんばんは、長らく(チマチマと)製作しておりますFrカウルも、大体出来てきました。
中間のサフ仕上げまで完成です。
IMG_9226_convert_20180312232612.jpg
形状的には、こんな感じです。
ほぼ、イメージ通りに出来ました。
これから、他のパーツを進めていく上で若干の修正が入ると思いますので、
その後最終仕上げをします。
IMG_9228_convert_20180312232645.jpg
塗装したサフをもう暫く乾燥させ、引けが収まったらエッジなどをもっとシャープに仕上げて
ボディー色の“白”を塗装します。
IMG_9227_convert_20180312232631.jpg
アンダーパネルは、“艶有り黒”ですので、ウレタンクリアー仕上げになる予定です。
IMG_9229_convert_20180312232658.jpg
モノコックと合わせてみました。
色が違うので、少し変な感じですね。。。
この後少しボディー関係のパーツをサフ仕上げして行き、中間の仕上がりになったら
いよいよアルミモノコックやエンジン、トランスミッション等の機能部品の製作に移行していきます。
まだまだ先は遥か彼方です(笑)
IMG_9224_convert_20180312232551.jpg
昨日の午前中です・・・
春の温もりある日差しを感じられる“画”がありましたので、掃除の途中だったんですが
思わず写真を撮りました。
テラスに出る扉の前に置かれた鉢達・・・暫しの陽だまりです。
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frアンダーカウル編 Part②  

こんばんは、今日もFrアンダーカウル(パネル)を少しだけ。。。
IMG_9222_convert_20180308232952.jpg
仕上げを行いながら、1枚サフを吹きました。
目的は、昨日造った短冊状のリブの形状とバランスの確認です。
思ったより良い感じに出来ていました。(自己満足のレベルです)
この後、細かく(後2回くらいはサフを吹き)仕上げて行きます。
IMG_9220_convert_20180308232916.jpg
Frアッパーカウルの方も、今日2回目のサフを吹き付け、乾燥を待ってペーパーを当てて
研ぎ仕上げ中です(^^)
IMG_9221_convert_20180308232936.jpg
サフを吹くと立体が明確になるので、この段階で『カチッ!』と形状を仕上げるのが何より好きです。
IMG_9223_convert_20180308233007.jpg
少し下地(プラ)が出たところがあるので、明日もまた“サフ”と“研ぎ”を行います。
今日はこの辺で・・・
大分形が見えてきました(^^)

BT45 ボディー製作 Frアンダーカウル編 Part①  

こんばんは、きょうはFrアンダーカウル(パネル?)の続きです。
IMG_9208_convert_20180307233322.jpg
先回、この様にケミカルウッドを短冊状に切り出した所まで進めました。
IMG_9209_convert_20180307233336.jpg
万能バイスに挟んでいるのは、幅の違う1mmのプラ板を3枚合わせて造った治具です。
どの様に使うのかと言うと・・・
IMG_9210_convert_20180307233348.jpg
切り出したケミカルウッドの短冊を、両面テープで仮止めします。
IMG_9212_convert_20180307233416.jpg
次に、短冊形状のケミカルウッドを240#のペーパーで “かまぼこ”(半円)形状に
削ります。
IMG_9211_convert_20180307233401.jpg
更にスポンジペーパーで、かまぼこ形状を均します。
IMG_9213_convert_20180307233431.jpg
解り難いですが、かまぼこ形状に仕上がりました・・・(^^)
このかまぼこ形状の短冊を、3本程造っておきます。
この後、それぞれの取り付く位置の長さに切り出します。
IMG_9214_convert_20180307233446.jpg
更に続きます・・・
次は、端末を短冊の幅の円(R)に削ります。※目が辛い・・・(^^;)
IMG_9215_convert_20180307233459.jpg
この部位も、240#のペーパーで削り、最後はスポンジペーパーで仕上げます。
※3D方向で丸めます。
IMG_9216_convert_20180307233513.jpg
片方の端末が削れました・・・
IMG_9217_convert_20180307233527.jpg
反対側も同じ作業をします。
本気で目が辛い・・・(^^;)
IMG_9218_convert_20180307233544.jpg
やっと1本出来ました。
この作業を、それぞれの取り付け箇所(左右1セットづつ)計21本製作します・・・
ヤバイ程目が辛い・・・(笑)
IMG_9219_convert_20180307233559.jpg
それぞれ21本出来たら、間違えないように定位置に接着していきます。
粘性のある木工用瞬間接着剤を使い、“点着け”です。
IMG_9205_convert_20180307233255.jpg
やりました・・・接着してやりました!(嬉)
ヘトヘトです。
IMG_9203_convert_20180307233232.jpg
ついでにカウルを合わせてみます。
IMG_9206_convert_20180307233309.jpg
良い感じです。
と言うか、目が疲れ過ぎて間隔が合ってるのかどうか(もはや)解りません。
明日見直したら、『え~~~っ・・・』って事になっていない様、願うばかりです。
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑫  

こんばんは、めっきり春の陽気になり麗らかな一日でした。
行楽に行きたくなる良い季節は目の前ですね。。。
今日もFrカウルの続きです。
IMG_9197_convert_20180304233405.jpg
サフェーサーを塗装しました。
モリモリ君を盛り付けた箇所にある細かい気泡や、削った際の小傷等をしっかりチェックします。
と言うか、このカウルの形をサフ状態で見てみたかったと言うのが本音です。
IMG_9198_convert_20180304233422.jpg
良い感じです。
やっぱりカッコイイ形状ですね(^^)
IMG_9199_convert_20180304233436.jpg
ケミカルウッドなので、裏側も同時に塗装します。
※反り防止です。
IMG_9200_convert_20180304233451.jpg
次は、アンダーパネル(ABS樹脂)のかまぼこ形状のレリーフ製作です。
これはまだ試行段階で、1mm厚のケミカルウッドを1.5mm幅に切り出して製作してみようと
トライし始めました。
IMG_9201_convert_20180304233505.jpg
慎重に切り出します。
IMG_9202_convert_20180304233518.jpg
とりあえず、3本程切り出しました。
これからかまぼこ(半円)形状にして見ます。
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑪  

こんばんは、今日もBT45のFrカウルを続けます。
先日、カウル先端部のパネルをABS樹脂板で製作し、接着しました。
その時できた段差を『モリモリ君』を盛り付けて、面を繋げます。
IMG_9193_convert_20180227231856.jpg
この状態に『モリモリ君』を盛り付けて修正したのが、こうなります。
IMG_9195_convert_20180301233522.jpg
黄色の部分が『モリモリ君』を盛り付けた箇所です。
樹脂を盛り付ける際、盛り付ける部分の境目にマスキングをして盛り付けます。
そうすると、盛り付けている状態で面がイメージできるので、削る際に余分な樹脂が少なくて
正確に(簡単に)面を仕上げれるんです。
IMG_9196_convert_20180301233541.jpg
これで、Frカウルは、ほぼ荒仕上げが出来ました。
気が向いたら、サフを入れていくかもしれません。
今日はこの辺で。

▲Page top