職業型師のF1工作部屋

Linkを貼らせて頂きました  

こんばんわ、今日はまた素晴らしいBlogに、Linkを貼らせて頂きます。
ご存知の方も多いと思いますが、“渡部 洋士”さんのBlog
“Studio_Rosso1/43模型製作日記”です。
以前から、渡部さんのBlogを日常的に拝見しておりました。
1/43を製作されているその技術は本当に素晴らしく、私はとても真似できるレベルでは
ありませんので、いつもその凄さに感動しておりました。

たまたま、渡部さんが1/12のRSワタナベのホイルとタイヤセットを販売される事を聞き付け、
Blogのほうで確認させて頂いたら、いつも通り素晴らしいクォリティーでしたので、即行
注文させて頂きました。
その際に、思い切ってLinkを貼らせ頂く様お願いをした所、快く了承して頂き、更に渡部さんの
Blogに弊BlogをLinkしてくださいました。
恐縮するばかりです。

私の物造りにとって、本当に参考にさせて頂いてるBlogです。
なかなか思う様にできていないんですが、少しずつ頑張って行こうと考えております。

Linkの欄から、是非ご覧ください!
いろんな手法がありますので、モデラーにとって有益である事間違い無しです!
よろしくお願いします。

MP4-19B タイヤ製作 PartⅤ  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのタイヤ製作の続きです。
以前、タイヤ用のミシュランマークのデータを製作し、水谷君に印刷して頂きました。
IMG_7977_convert_20170306232938.jpg
※これは以前 Blogを更新した時に上げた画像です。。。
イラレでデカールデータを造っている所ですね。
そして、データを水谷君に送らせて頂いて、印刷をして頂いたのが “こちら!”
IMG_8352_convert_20170723235943.jpg
いつも通り素晴らしいクォリティーです。
今は、ラッカークリアーを軽く吹き付けて、表面を保護した状態です。
明日以降、タイヤの貼っていこうと思います。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B タイヤ製作 PartⅣ  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのタイヤ製作を更新します。
作業としては、タイヤを塗装しました。
IMG_8344_convert_20170722000628.jpg
いつもタイヤを塗装するときに使ってるのが、フィニッシャーズさんの“カーボンブラックマット”です。
レジンで複製しているタイヤですので、塗装は必須です。
私はこの塗料が質感や色味と言う点で、凄くイメージに合うんです。
※好みの問題ですので、一概には言えませんが。。。
専用のシンナーで1:1の割合くらいで希釈した状態で数回重ねて塗装します。
IMG_8346_convert_20170722000710.jpg
Frタイヤです。
白い所に置いて撮影していますので、色味が解りにくいかもしれませんが、良い感じです。
IMG_8347_convert_20170722000730.jpg
こちらはRrタイヤです。あまり違いが解りませんね・・・スイマセン(^^;)
所謂、艶消しの黒と言う感じより、“ゴム感”を感じるのは私だけでしょうか。。。
この艶と質感がとても気に入っているんです。
IMG_8349_convert_20170722000746.jpg
こちらはRrタイヤですが、ホイルも填めてみました。
IMG_8350_convert_20170722000801.jpg
こちらはFrタイヤ。
同じくホイルを填めてみました。
ホイルのクォリティーは満足できる品質まで行ってませんので、今後やり直します。
ですので確認のための“とりあえず・・・”です。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B エキゾーストパーツ製作PartⅣ  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのエキゾーストパーツを更新します。
先日、カーボンデカールを貼り、半艶クリアーを塗装する所まで行ってましたので
半艶クリアーを塗装しました。
画像で見てみると、艶感が“7分艶”くらいな感じがします。
サスペンションを塗装した際の配合比より、少し艶消し剤の量を減らします。
そして塗装後、乾燥したら、仕上げの細工を施します。
IMG_8334_convert_20170719234224.jpg
0.6mmのアルミパイプを使います。
IMG_8335_convert_20170719234253.jpg
アルミパイプを任意の長さにカッターでコロコロ転がして切断します。
※De社の “MP4-23製作記”でカウルの工作の時の作業と同じ作業です。
約20本ほど造ったらピンセットで、予め開けてある穴に差し込み固定して行きます。
IMG_8338_convert_20170719234321.jpg
細いので、少し力を入れすぎると簡単に曲がってしまう為、慎重に進めます。
これをすべての穴に差し込めたら、サラサラタイプの瞬間接着剤を、
これも余分な所に付けない様に慎重に流し込みます。
IMG_8339_convert_20170719234338.jpg
出来ました。(^^)
IMG_8340_convert_20170719234416.jpg
反対側も同じ作業を行います。
IMG_8341_convert_20170719234432.jpg
こんな感じです。
アルミパイプはあえて細い物を使いました。
あまり主張しないくらいが、かえって効果的かなと思います。
IMG_8343_convert_20170719234502.jpg
実際ボディーにつけてみます。。。
IMG_8342_convert_20170719234447.jpg
良い感じです(^^)
今日はこの辺で・・・

MP4-19B サスペンションアーム製作 PartⅥ  

こんばんわ。
今日はMP4-19Bのサスペンションを更新します。
終わりました。。。(^^)
カーボンデカールを貼り、耐熱フィルムも終えて、後は艶消しクリアーを塗装しました。
先日、アップライトの艶消し塗装で、配合比を割り出しましたので、その通りに調合し塗装。
少しバラツキは出たものの、まずまずの仕上がりです。
IMG_8319_convert_20170717235658.jpg
Frアンダーアーム(右側)です。
半艶感が出ました。
IMG_8320_convert_20170717235718.jpg
艶を抑える事で、カーボンの模様が結構出ます。
IMG_8321_convert_20170717235736.jpg
左右です。
アームの画像左下部分の、カーボンデカールが一部貼っていない(汚い)箇所はモノコックの底面に
取り付ける部位ですので、貼りがいい加減です。。。
IMG_8325_convert_20170717235806.jpg
こちらはFrアッパーアーム(左側)です。
モノコックには差し込み式にしてあるので、差し込んで画像を撮りました。
IMG_8326_convert_20170717235822.jpg
反対側です。
IMG_8329_convert_20170717235854.jpg
こちらもFrサスです。
細いので、何かに作業中折らない事に注意を払います。。。(^^;)
IMG_8330_convert_20170717235910.jpg
こちらはRrアッパーアーム(右側)です。
Rrアームは耐熱フィルムにマスキングし、カーボンデカールの箇所のみ艶消しにするつもりでしたが
いざやってみると、艶感の差があり過ぎて・・・
考えた末、耐熱フィルム部も塚を落としました。
そうすると“良い感じ”になったと思います。
IMG_8331_convert_20170717235924.jpg
こちらは反対(左)側です。
IMG_8332_convert_20170717235939.jpg
これはRrロアアーム(左右)です。
IMG_8333_convert_20170717235955.jpg
最後はドライブシャフトが通っているアームです。
こちら中々画像で確認できません。。。
少しの資料で造りました。
形状等、細かい所は“?”な感じです。
雰囲気でスイマセン。
これでサスペンションは大体完成です。
“West”デカール待ちですが、続けてホイールやタイヤを進めて行きます。
今日はこの辺で。

▲Page top