職業型師のF1工作部屋

MP4-19Bエキゾーストパーツ製作PartⅢ  

こんばんは、今日はMP4-19Bのエキゾーストパーツ製作を更新します。
IMG_7883_convert_20170125112144.jpg
サフェーサーを塗装し、面仕上げしました。
IMG_7884_convert_20170125112205.jpg
下地造りは完成です!
IMG_7889_convert_20170125112330.jpg
エキゾースパイプを製作し、取り付ける為の細工をします。
この後、パイプのパーツを製作し、取り付ける為の掘り込みです。
工作はかなり“雑”ですね(^^;)
スイマセン。。。(笑)
この後もう少し綺麗に仕上げます。
IMG_7885_convert_20170125112223.jpg
次にパイプはケミカルウッドを丸棒に削りました。
先程掘り込んだ箇所に合わせるベースをABSの板で造ります。
IMG_7887_convert_20170125112242.jpg
別角度から・・・
IMG_7888_convert_20170125112259.jpg
白い長方形の板がABS板で、これを合わせます。
IMG_7890_convert_20170125112412.jpg
掘り込み部分と、ABSの板の大きさがかなり違いますが、あえて掘り込みを大きくしてあります。
ベストな位置でパイプを取り付ける為、余裕を持たしてあります。
IMG_7891_convert_20170125112430.jpg
取り付ければこんな感じ・・・
最終的に接着しようかと思いましたが、いつもの様にビス止めにするかもしれません。
もう少し考えます。

MP4-19B ボディー製作⑥ 現状です。  

こんばんは、今日はMP4-19Bのボディー製作を更新します。
パネルラインのスジ彫りも終わり、サフで下地造りをしています。
ここまで、3回サフを塗装し仕上げています。
IMG_4204.jpg
ケミカルウッドは、最初のサフは吸い込みがあり、サンドペーパー#240で仕上げた後、
2回目のサフを塗装、#360のサンドペーパーで仕上げ、3回ものサフを塗装した状態です。
IMG_4203.jpg
肌の肌理も(大体)整いつつあります。
IMG_4207.jpg
マクラーレン特有の“丸み”も近づいてきたように思います。
IMG_4209.jpg
マクラーレンは、形状を読み取りにくいカラーリングにしているため、形を把握するのは大変です。
IMG_4210.jpg
正解なのかどうかは、細分まで把握できませんが、イメージ通りには出来ました。
IMG_4211.jpg
個人的には、“19B”は“19”に比べて、格段に美しくなったと思います。
IMG_4215.jpg
丸みを帯びた曲面構造を美しくまとめて、しかも速いマシンに仕立てるニューウェイは“アーティスト”だと思います。
IMG_4206.jpg
アンダーシャシは、バージボード等で殆ど確認ができません。
数少ない資料で再現してありますので、若干違うかもしれません。
IMG_4218.jpg
インダクションの“背びれ”がもう少し後方まで延びた後半戦仕様もカッコイイですが、
最終的にどちらにするかは、もう少し考えます。
IMG_4222.jpg
エキゾーストの排気カウルも無骨な形なんですが、全体にうまく纏まっているので、これもカッコイイです。
IMG_4225.jpg
後ろ周りも、美しい造形処理がされていて、デザイン的に本当に『綺麗』です。
現時点はここまでです。
今後、部品を全体合わせ(仮組み付け)を行い、デカール製作を依頼している水谷君から
デカールが届いたら、塗装に入っていこうと思います。
今日はこの辺で・・・

カテゴリを編集しました。  

こんばんは、今日は“MP4-23 製作記”のカテゴリを、整理・編集しました。
割と(性格上)無計画に製作記を進めては更新し、99にも及ぶページになってしまい
ご覧頂くにも、一通り見て頂くのは結構大変かと思い、大分類的ではありますが
検索して頂き易い様に、整理・編集しました。
今後、MP4-19Bもそのようにして行こうと思います。
また、よろしくお願いします。

MP4-19B サスペンションアーム製作   

こんばんは、今日はMP4-19Bのサスペンションアームを更新します。
IMG_7814_convert_20170114231637.jpg
まずこれですが、モデルを造る際に角にRをつける時に使う“Rゲージ”を真似て
1mm厚の鉄板で治具を造ってみました。
※丸い所の形状は、丸い鑢で削りました。
次に、サスペンションアームは1.5mm厚のABS樹脂板を使います。
IMG_7816_convert_20170114231658.jpg
この様にカッターで幅一定に切り出します。。。
IMG_7817_convert_20170114231716.jpg
次に、小型バイスに3mm圧のケミカルウッドの端材を挟み込んで、その上j面に両面テープで
ABS樹脂板を固定します。
IMG_7819_convert_20170114231748.jpg
固定したら、先程の鉄板で丸い断面になる様に削って行きます。
IMG_7820_convert_20170114231815.jpg
別角度から。。。
丸い断面になったら、ABS樹脂板を裏返して、反対側の面も丸断面に削り、上下でサスアームの
断面になる様に削ります。
この作業を、結構な本数行い、次は組み合わせてサスアームにして行きます。
IMG_3987.jpg
この様な断面にします。
そうしたら、MP4-19Bの図面上で断面にしたABS樹脂板を組み合わせ、接着して行きます。
※実車の画像とかも参考にしながら行います。
これはRrサスアームです。
IMG_3989.jpg
接着部は、強度の確保とR付けを兼ねて、“プラリペア”で凹Rをつけておきます。
IMG_3988.jpg
アップライトとの接合部は、後で形状を造形するので、少し伸ばしたまま置いておきます。
IMG_3991.jpg
こちらもRrサスアームです。
同様に、図面上で合わせて凹Rはプラリペアで造形して行きます。
※接着は瞬間接着剤を使用します。
IMG_3993.jpg
左右分できました。
IMG_3970.jpg
こちらは、Frアッパーサスアームです。
これは一番特長的な形状をしておりまして、基本的には先程の丸断面ABS樹脂板を
使っておりますが、ケミカルウッドで追加工作してあります。
IMG_3995.jpg
これも左右造りました。
こんな感じで、Frロアサスアームも造りました。
IMG_3994.jpg
こちらも追加工作が必要でした。。。
IMG_3997.jpg
Frサスアーム一式です。
IMG_4177.jpg
こちらはRrサスアーム一式。。。
後は、ボディーとタイヤの位置関係をセットした状態で長さを合わせて行きます。
トーションバーやドライブシャフトも製作しますが、
今日はこの辺で・・・

MP4-19B ブレーキユニット(アップライト)製作Part2   

こんばんは、今日はMP4-19Bのアップライトを更新します。
IMG_4190.jpg
とは言え、先回の更新で製作していた物にサフェーサーを塗装した感じです。
画像は、Frのアップライトです。
一応、2回サフ塗装と仕上げを行っています。
#360のペーパーまで完了です。
IMG_4193.jpg
こちらはRrです。
こちらも同様に、2回サフ&仕上げ完です。
IMG_4194.jpg
この後は、メタリックグレイを塗装し、全面カーボンデカールを貼って行く準備が出来ました。
今日はこの辺で・・・

▲Page top