FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

MP4-19B 艤装編 PartⅥ  

こんばんは、今日もMP4-19Bの艤装(追い込み)編?を更新します。
IMG_8846_convert_20171120234908.jpg
ホビーデザインさんのエッチングパーツです。
以前購入して置いたんですが、中々使うケースが無くて今回になりました。
使い方は、好みの大きさのナットをピンセットで摘んで、モデルに貼り付ける
と言う物です。
IMG_8749_convert_20171119235232.jpg
この様に!(^^)
本当につけたい位置に持って行って、少し押し付けるだけでこんな感じに仕上がります。
IMG_8751_convert_20171119235246.jpg
画像で見ると、少し“わざとらしさ”がありますが、実際に見るととてもいい感じです。
IMG_8754_convert_20171119235314.jpg
なんと言っても、ピンバイスで穴を開け、そこに金属パイプを埋め込むと言うやり方に比べ
ウレタンクリアーの剥離等のリスクが無いのが嬉しいです。
IMG_8755_convert_20171119235328.jpg
ピンセットで挟むのが(老眼の自分には)少し大変ですが、最高に使いやすいです。
IMG_8760_convert_20171119235357.jpg
こういう所も“効かせ技”が効果的に行えます。
この後、エナメルクリアーを超細筆でエッチングの周りに流し込み、乾燥したら
固定の強度が確保できます。
IMG_8761_convert_20171119235412.jpg
これが『オートモデラーの集いin名古屋』前の工作でした。
この後、Rrジャッキアップステーやガーニーフラップ、サスペンション付け根の金属プレート
その他細々とした部品を製作し完成まで持っていこうと思います。
大体年内を目処に・・・
もう少しMP4-19Bにお付き合いください(^^)
明日以降は、『オートモデラーの集いin 名古屋』の素晴らしい作品を
ご紹介して行きます。
そちらもお楽しみに。(^^)
今日はこの辺で。

MP4-19B 艤装編 PartⅤ  

こんばんは。今日は“オートモデラーの集いin名古屋”に、たくさんお方にお越し頂きました。
本当にありがとうございました。
その模様は、近々にご紹介させて頂くとして、まずはそこまでの“MP4-19B追い込み編”を
更新します。
IMG_8736_convert_20171119235058.jpg
まずは、画面の中央部にアルミパイプで製作したステーがあると思います。
これは、Frアンダーサスの左右を繋いでいるシャフトです。
資料が殆ど無いんですが、かろうじてあった画像を頼りに製作しました。
接着後、半艶黒で塗装しました。
IMG_8737_convert_20171119235115.jpg
次に、15日(水曜日)の夜にバージボードに小さいボードがもう一枚ある事を発見!
アルミ板で即効製作しました。
IMG_8738_convert_20171119235133.jpg
真ん中の小さいパーツがそうです。
アルミ板を切り出し、曲げて取り付けを確認し、ミッチャクロン→ガンメタ塗装→ウレタンクリアーで
仕上げて、土曜日に取り付けました。。。
IMG_8740_convert_20171119235147.jpg
どんどん進めます。
タイヤはエポキシ系接着剤で固定します。
こちらも(手間ですが)1個々固まるまで、確認しながら進めます。
IMG_8743_convert_20171119235201.jpg
Frとも同じ様に進めます。
4輪とも固定できました。
IMG_8748_convert_20171119235217.jpg
次にFrウィングに付くパーツをアルミ板で製作します。
これは(本当は)垂直のフィンが立ち、一番上のウィングを支えている構造ですが、小さすぎて
うまく行きませんので、あくまでイメージだけ造りました。
IMG_8753_convert_20171119235301.jpg
次はアンテナ類です。
コクピット側の方は、ICコネクターと真鍮パイプを組み合わせた物を、ミッチャクロン→艶消し黒で塗装。
取り付け部に0.5mmの穴を開け、ピアノ線を差し込んで置きコネクターを差し込みます。
前方のアンテナは、洋白線を曲げて造り、穴を開けて差し込み固定です。
IMG_8757_convert_20171119235342.jpg
次にテールランプ。
制作方法に、いろいろ悩んだパーツです。
最終的に、レンズ部(透明パーツ)は、手持ちに丁度良い板厚のアクリル板が無かったので
割れたCDケースを使いました。
寸法通りに切り出し、外形を仕上げました。
テールランプのパターンは、物凄く細かいので、いろんな方が行っている方法では
細かすぎるパターンは表現できないと思い、思い切って画像をスキャンして、写真紙に印刷し、
切り出した後数回に分けてクリアーを塗装し、得意の“プラ板化”。
クリアーが乾燥したら、透明の両面テープを全面い貼り、先程の透明パーツに貼り付けます。
最後に、本体に透明両面テープで固定します。
途中途中で画像を撮りながら作業する余裕が無くて、なんだか変な製作記ですが、
ご容赦願います。
明日も、続けます。
今日はこの辺で。

MP4-19B艤装編 PartⅣ  

こんばんは、今日もMP4-19Bの艤装を進めます。
昨日、Rrウィングを固定しましたので、今日はFrウィングを固定します。
IMG_8728_convert_20171112175141.jpg
Rrウィングと同様に専用の治具を造り、位置出しを行い治具に合わせます。
その状態で位置が出せる事を確認したら、接着部位にエポキシ系の接着剤を塗り
もう一度治具をFrウィングの位置に合わせて、接着します。
IMG_8729_convert_20171112175201.jpg
高さ、幅、前後方向の位置すべてを確認しながら、エポキシ系接着剤が固まるまで
待ちます。
IMG_8730_convert_20171112175215.jpg
5分も待てば、動かなくなりますが、念の為しばらく治具は外しません。
明日、外します。
IMG_8731_convert_20171112175230.jpg
次は、バージボードを取り付けます。
アンダーシャーシに洋白板を切り出したステーを接着します。
金属色に見えているのが、洋白板です。
IMG_8732_convert_20171112175245.jpg
3箇所にステーを製作し、接着します。
接着は、エポキシ系接着剤で行います。
IMG_8733_convert_20171112175300.jpg
ステーの接着剤が固まったら、バージボードを(同じく)エポキシ系接着剤で接着します。
IMG_8734_convert_20171112175314.jpg
別角度から見るとこんな感じです。
IMG_8735_convert_20171112175329.jpg
大体、主な部品を取り付けることが出来ました。
このバージボードのステーは、この後メタルプライマーを塗り、艶消し黒を塗装します。
もう少し、小物部品が残っているので、取り付けに日にちが掛かります。
暫し、お付き合いください。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B艤装編 PartⅢ  

こんばんは、今日もMP4-19Bの艤装を続けます。
IMG_8712_convert_20171111165745.jpg
今日はまずRrウィングの固定を行います。
画像の中のケミカルウッドは、位置出しの台です。
Rrウィングの幅、高さ、位置を出しながらエポキシ系接着剤が固まるまで
待ちます。
IMG_8714_convert_20171111165804.jpg
モデルを台に固定するのは、この様に部品を取り付ける際に、基準を元に位置を出せる為です。
マスキングテープは必要な線を書く為に(任意の位置に)貼ります。
そのマスキングテープに線を描き、寸法を測り罫書きします。
IMG_8715_convert_20171111165820.jpg
その寸法を書いた線(位置に)治具(台)を合わせて置き、エポキシ系樹脂でRrウィングを
接着固定します。
この台のおかげで、エポキシ系の接着剤が固まるまで持っていなくて大丈夫です。(嬉)
IMG_8716_convert_20171111165836.jpg
固定できました。(^^)
IMG_8717_convert_20171111165855.jpg
まずまず、良い感じです。
IMG_8719_convert_20171111165919.jpg
アンダーシャシのサイドの線を(前から後ろまで)延長しておき、必要な部品の位置を
罫書いて行きます。
IMG_8720_convert_20171111165941.jpg
Rrも同じ様に。
IMG_8721_convert_20171111170001.jpg
基準の位置から、採寸して罫書きを入れ、そこに治具(台)をおいて、その治具に位置合わせして
部品を接着固定していきます。
IMG_8722_convert_20171111170027.jpg
固定できたら治具を外します。
小ウィングを取り付けました。
IMG_8725_convert_20171111170134.jpg
こんな感じです。
IMG_8723_convert_20171111170049.jpg
どんどん、進めます。
ミラーは治具での取り付けと言うわけには行かないので、いろんな角度から見ながら、接着していきます。
IMG_8724_convert_20171111170112.jpg
左右のバランスも大事です。
IMG_8726_convert_20171111170159.jpg
今日の最後は、このフィンを接着します。
これも位置とバランスをしっかり確認しながら接着します。
接着はゼリー状瞬間接着剤を使います。
IMG_8727_convert_20171111170224.jpg
左右接着しました。
いろいろと神経を使いながらの作業で、地味な作業でしたが結構疲れました。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B ドライバーフェイスカメラ?とバックミラー製作  

こんばんは、今日はMP4-19Bの小物部品を製作します。
モノコックの上面に付くこの部品です!
IMG_8706_convert_20171109235124.jpg
最初、MP4-20の画像にて形状を確認しており、低い部分のみを製作してましたが、
いろいろと画像検索している内に、MP4-19Bのパーツは上に垂直板が付いている事が判明!
急遽、追加してこの形になりました。
部品として完成状態の画像でスイマセン。
材料はケミカルウッドで、いつもの如く“削り出し”です。
IMG_8707_convert_20171109235143.jpg
後方から見ると、こんな感じです。
IMG_8708_convert_20171109235157.jpg
形状は比較的簡単でしたので、昨日と今日で製作と塗装を行いました。
IMG_8709_convert_20171109235212.jpg
クリアーはウレタンです。
50%のシンナーを加えて、1コートしただけです。
今、まだ仮に置いているだけです。
出来れば接着はせず、両面テープでの固定にしようと考えています。
もう一つ!
IMG_8711_convert_20171109235235.jpg
バックミラー本体は以前製作し塗装も終えていますので、今日はミラー面を造ります。
0.3mmのアルミの板を磨いて填めこみました。
こちらもいつもの手法です。
まだまだ小物部品が沢山あります。
今日は、この辺で。。。

▲Page top