職業型師のF1工作部屋

静岡ホビーショーレポート PartⅢ  

こんばんわ、静岡ホビーショーのレポート続けます。
今日からは“気になる・箱車”です。
IMG_6531_convert_20160516143700.jpg
少し前に発売になった“セリカ WRC”ですが、今回展示も多く人気車種だということが伺えます。
IMG_6532_convert_20160516143724.jpg
“SEM”さんのブースに展示されていました。
いつもながら、素晴らしいクォリティーでした。
IMG_6538_convert_20160516144022.jpg
こちらのマスタング2台は、“レプリカンパニー”さんのブースに展示してありました。
IMG_6537_convert_20160516144002.jpg
マスタングはいくつものタイプがモデル化されていますが、この型はあまりモデルで展示されているのを見た事が
ありませんでした・・・結構『シブい』です。
IMG_6555_convert_20160516185556.jpg
まだ、製作途中でしたが、マテリアルの凄さに、感動しました。
IMG_6556_convert_20160516185616.jpg
何処までがキットなのか?その詳細が知りたくなりました。。。
IMG_6557_convert_20160516185635.jpg
“R382”なんですよね・・・これも凄かったです。
IMG_6558_convert_20160516185700.jpg
これらはビックスケールで、金属の質感も然ることながら、その迫力に圧倒されました。
IMG_6560_convert_20160516185828.jpg
随所の造り込みも素晴らしいです。
IMG_6562_convert_20160516230740.jpg
自動車のモデルの“王道”的な存在感でした。
IMG_6561_convert_20160516230720.jpg
自動車が“機械”である事を、改めて感じる事ができるモデルです。
IMG_6597_convert_20160516232126.jpg
こちらは“伝説のカーモデルコンテスト同窓会連盟”のモケデンさんの作品です。
所謂、『柳田 Z』です。
カッコイイです。
IMG_6592_convert_20160516231947.jpg
モデルのクォリティーはもちろんですが、僕らの世代では、この“Z”は別格です。
IMG_6594_convert_20160516232027.jpg
エンジンルームも再現されてました。
細部の造り込みも秀逸で、大変勉強になりますが、僕には此処まで造る技術がありません(泣)
IMG_6593_convert_20160516232008.jpg
こちらは1/24です。
今日は此処まで・・・
レポートはもう少し続きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top