職業型師のF1工作部屋

1978年 アローズです。  

こんばんわ、今日は1/20の完成品をUPします。
Arrows FA1です。
1978年、Lotus79がシーズンを席巻した中で、若きパトレーゼがアグレッシブなドライビングで
その存在感を一気に花開かせたマシンです。
グランドエフェクトカーとしては、Lotusとは違った形のアプローチで、その独特な
サイドポンツーンの造形が、新興チーム“Arrows”の強い意思の表れを感じます。
後に、シャドウチームとマシンのデザインについて訴訟になり、結局Arrowsチームは
FA1のデザインをリファインし、新たに“A1”と言うマシンを造りシーズンを戦いましたが
FA1ほどの速さを見せる事はできませんでした。
IMG_5925.jpg
やはりこのマシンの特徴的な所は、サイドポンツーンのデザインです。
前から後ろに掛けて“波形状”の駆け上がりと、コクピットより後ろのポンツーン内に納めたラジエター。
また、後方のポンツーンが“翼断面”という“他に類を見ない”造形が特徴です。
IMG_5915.jpg
もう一枚。
非常に面白い“形”だと思います。
IMG_5918.jpg
ノーズの形状も独特で、オイルクーラーを先端に配置し、フロントオーバーハングが
異様に長いです。
IMG_5923.jpg
ノーズからサイドポンツーンに掛けての造形は実にカッコイイです。
IMG_5917.jpg
その特異なサイドポンツーンは後方から見ると更に異様さが際立ちます。
IMG_5916.jpg
この角度からが一番“独特な形状”が見て取れます。
IMG_5924.jpg
別角度から。
IMG_5910.jpg
更に全体図。
IMG_5909.jpg
如何でしょう?
A2も最高なんですが、このFA1もまた違う魅力に溢れてます。(^^)
これは、もちろんスクラッチです。
デカールはインレタ起こしました。


スポンサーサイト
コメント

FA1

>こんにちは。ひろポンと申します。
初めてコメ入れさせていただきます。

チリ取りみたいなポンツーンとロングノーズ、カッコ良いかどうかはともかく(笑)
これも他に類を見ない造形で記憶に残る1台ですね。
アリクイみたいですが、これを見るとA2への進化の考え方が良く判ります。

ところで先日はブログのご紹介をいただきありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。



ひろポン #- | URL
2016/03/27 13:43 | edit

FA1

ひろポンさん
こんばんわ。
コメントありがとうございます。
『チリ取りみたいなポンツーンとロングノーズ』まさにそんな感じですね(笑)
確かにカッコいいとは言い難いですが、中々面白いですよね。
A2への序章ですから、意味ある1台だと思っています。
とは言え、(当時)車種選択がかなり変わってましたね。。。

こちらこそ、ブログの紹介恐れ入ります。
A2の画像もいい感じでご紹介頂いて、感謝しております。
今後ともよろしくお願い致します。

ribechan #- | URL
2016/03/27 23:43 | edit

昔のF1は味があっていいですね!
カラーリングも今じゃ無いような色だし。

そういえばやっと落ち着きました。
先月は残業180Hでした。ヘロヘロ。

もう4/3から欧州です。

JW #jSBoJ0Ww | URL
2016/03/28 23:06 | edit

FA1

JWさん
こんばんわ。
ここ最近、また古いF1のお話をさせて頂ける方が増えて
嬉しい感じです。
残業180hですか?
もはや残業と呼べる代物ではないですね・・・
本当にお疲れ様です。
4/3から欧州ですか?
気をつけて行ってきてください。
またお土産話などお聞かせくださいね。
よろしくお願いします。

ribechan #- | URL
2016/03/28 23:24 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top