職業型師のF1工作部屋

ブレーキディスク改造 PartⅠ  

こんばんわ、今日はMP4-23の“ブレーキディスク”を改造してみます。
金属製で、質量もあり『良い感じ』なのですが、どうしても気になる所があり、
少し手を入れてみようと思います。
IMG_6282_convert_20160220170128.jpg
これがブレーキディスクです・・・塗装も終わっているんですが。
IMG_6286_convert_20160220170146.jpg
この穴の形状と、中央の凹みが『・・・』と言う感じです。
いろいろ迷ったんですが、思い切って造って見る事にしました。
上手く工作できなかったら、(最悪)このまま使います・・・(笑)
まず、材料はケミカルウッドです。
IMG_6271_convert_20160220165858.jpg
以前、いろいろ造った際に出た“端材”を(ある程度の大きさの物は)捨てずに取ってありますので
その端材の中から使えそうな材料を選びます。
IMG_6273_convert_20160220165959.jpg
比較的、平面の材料を選びます。
それを板に紙やすりを(両面テープで)貼りつけた“平面出し治具”で削ります。
IMG_6272_convert_20160220165940.jpg
こんな感じで・・・
IMG_6274_convert_20160220170016.jpg
そうすると、平面に削れます。
IMG_6275_convert_20160220170031.jpg
そうしたら、1.5mm位の厚みの線を毛描きます。
IMG_6276_convert_20160220170048.jpg
その線で(少し線を残し気味に)帯鋸盤で慎重に切り出します。
IMG_6280_convert_20160220170106.jpg
切断面を“平面出し治具”で削り、1mm厚の板に仕上げます。
IMG_6288_convert_20160220170221.jpg
次に、ブレーキディスクから“外径” “内径”を採寸し、コンパスカッターで切り出します。
IMG_6289_convert_20160220170239.jpg
ディスクの外側と内側をそれぞれ切り出します。
IMG_6290_convert_20160220170255.jpg
切り出した箇所は少しガタツキがありますので、紙やすり等でスムージングします。
IMG_6291_convert_20160220170314.jpg
キットのパーツが填まるかの確認をします。
今日はここまでです。
続きは近日中に!
スポンサーサイト
コメント

いいですね~!
こういう工作風景は観ていても楽しいですね。

ケミウッドを1mmの板にするのは
割と大変じゃないですか?
持ち手がないから・・・・。

定盤の上に両面で仮留めっていう手もありそうですが
剥がすときに割れそう・・・・・

F1、TESTが始まりましたね!
(でも地上波が・・・・・)

JW #jSBoJ0Ww | URL
2016/02/23 00:57 | edit

さすがですね!

JWさん
さすがですね!
作業風景って、実に華がない感じで、たぶん見て頂いた方も
つまらないだろうなと思っています。
1mmの板厚にするのが大変だろうと言う事が解るあたりは、
『物造りをしている人だな~・・・』と思いますね。
1mmの板厚にするのは、仰るとおり4辺を両面テープで固定し
削り、平面にした後、両面テープの幅分をカッターで切ると、割れずに
すみます。
ですので、両面テープ(4辺分)の材料は捨てる事になるので、
歩留まりは少し悪いです。
ですが、良い仕事をしようとすると必要な事だと思っています。
でも、もっと良い方法があるかも知れませんね。。。

ribechan #- | URL
2016/02/23 21:10 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top