FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

名古屋オー集レポートPart4  

こんばんは、今日は名古屋オー集レポートの最終です。
DSC_1610_convert_20191113000716.jpg
まずはこちら。
タミヤ本社の風景になってました。
5月のホビーショーに行かれる方はお解りになるかと思いますが、タミヤ模型本社の
エントランスがこの様になっております。
1台1台丁寧に作られた作品で、素晴らしかったです。
DSC_1612_convert_20191113000810.jpg
中でも、JPSカラーのLotus 91 は,カッコ良かったです。
でも良く考えると、タミヤ製品でLotus 91出てないですよね。
DSC_1613_convert_20191113000826.jpg
トミカの製品を思わせる、粋なパロディー感が楽しかったです。
DSC_1618_convert_20191113000857.jpg
ポルシェは、どのタイプでもマルティニカラーが似合いますね。
また、仕上がりがメッチャ綺麗でした。
DSC_1623_convert_20191113001001.jpg
GT40も模型としては外せないですね。
そういえば、“トランペット”の1/12を(確か)持ってますね。
造るの大変でしょうから、中々手が出せませんが。
DSC_1624_convert_20191113001017.jpg
こちらはミニを日清製粉の商品カラーにしてありました。
DSC_1625_convert_20191113001034.jpg
発想が面白いのと、ちゃんとデザインされていて、うまく纏まっていました。
DSC_1626_convert_20191113001048.jpg
凄く綺麗だったので、デカールを製作されたのかと思い、内容を伺ったら驚くことにすべて手描きだと
言われ、2度見してしまいました。
DSC_1627_convert_20191113001103.jpg
イエガーマイスターのカラーリングもマルティニカラー同様、レースカーの外せない要素です。
カッコイイ!
DSC_1628_convert_20191113001122.jpg
80年代『最も美しいクーペ』と称されたBMW 6 ですね。
エンジンルームもしっかり手を入れてあり、素晴らしい作品でした。
DSC_1629_convert_20191113001246.jpg
最後は、自動車文化の象徴『アメ車』です。
僕、60年代後半から70年代初頭のポニーカー(マッスルカー)も大好きなんですよ。
マスタングは、その中でもアメリカの象徴ですね。
カラーリングが最高でした。
これで、名古屋オー集のレポートを終わります。
まだまだ、ご紹介しきれない素晴らしい作品がありました。
ご来場頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top