職業型師のF1工作部屋

ボディー製作③  

ボディー製作の続きです。
結構、時間を費やしながら(少しずつ)削っています。
コクピットの下、サイドポンツーンの入り口付近が、どんな形状か解らぬまま削っていたら
見事に削りすぎていて、パテ盛り修正が必要になりました。
IMG_2851_convert_20160202233722.jpg
“ガッツリ”パテを盛ってあります。
形状は相関線の状態で形状を出していきます。
IMG_2852_convert_20160202233755.jpg
10mm間隔の番線にサイドポンツーンノ高さの位置を、それぞれの番線上にケガいて行き、その点を
結んだ線でポンツーン上面を仕上げます。
IMG_2853_convert_20160202233639.jpg
別角度から見たらこんな感じ!
このとき、インダクションポッドの側面も一緒に(バランスを見ながら)仕上げて行きます。
IMG_2854_convert_20160202233819.jpg
左右の形状もしっかり対称になるように、仕上げて行きます。
この後、ノーズとポンツーン入り口付近の形状を、もう少し削って仕上げていきますが、
やはり70年代や80年代を(主に)製作してきた自分には、形状を理解するのが、かなり難解です。
IMG_2860_convert_20160202233838.jpg
バランスが本当に難しいですね・・・
IMG_2863_convert_20160202233912.jpg
インダクションポッドとコクピットの関係も削っては確認を繰り返して・・・見る度になんか違う気がして
しっくり来ないですね。
とは言え、しっかり画像と見比べながら形状を出していきます。
現状の全体図!!
IMG_2864_convert_20160202233927.jpg
別角度から・・・
IMG_2865_convert_20160202233946.jpg
まだまだ試行錯誤は続きます。。。




スポンサーサイト
コメント

左右対称にするのが神業ですね!
ゲージ等は使わないのですか?

このあたりは基本ペーパーですか?

JW #jSBoJ0Ww | URL
2016/02/04 03:48 | edit

お褒め頂き、ありがとうございます。

JWさん
褒め過ぎです!
もちろん、ゲージ使いますよ。
JWさんもモデリングには欠かせないでしょ!
僕は(通常)透明のプラ板で造ります。
透明だと手描きで描いた線を切り出しやすいので。。。
左半面を造形し、フォーマーゲージという工具で10mm間隔の
断面を取り、それを線として手描きし、ゲージにする為透明
プラ板で造ります。
それで、左右対称を頑張って造ります!

造形は、ギリギリまで彫刻刀で造り、最終的にペーパーで
仕上げます。

ribechan #- | URL
2016/02/04 21:11 | edit

もし企業秘密で無いのでしたら
そこら辺も解説して頂けると解りやすいし
より スゴさが解ると思います。

自分も絞りの型を作るときは
対称にするのは苦労します。
ただ小さいものなので誤魔化しが効きますが・・・・

JW #jSBoJ0Ww | URL
2016/02/05 17:19 | edit

了解しました。

JWさん
おはようございます。
昨日は、年始の?職制会で、2次会に行って遅くなり、
今、少し体調が良くなりかけています。(笑)
作業内容も、使用している材料もこれと言って特別なものは一つもありませんので、企業秘密には触れないと思います。
ですので、近い内に掲載させて頂きます。
作業中の画像は、僕の性格上(煩雑な)作業風景になってしまうと思いますが、どうぞ“引かない”でくださいね(笑)

ribechan #- | URL
2016/02/06 10:28 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top