職業型師のF1工作部屋

ディフューザー製作。  

アンダーシャシに続き、ディフューザーの製作です。
いつもの様に、ケミカルウッドをある程度の板厚にして“コの字”の形に接着します。
上面のセンター部分は(車両後方から見ると)“M”のような形に見える様、画像のように削り込みます。
※画像左が車両前方、右が車両後方になります。
IMG_2746.jpg
別角度(車両後方からのビュー)です。
IMG_2747.jpg
この様に“ザックリ”形状を削りだします。
下端末は寸法が少し足らず、材料を継ぎ足しました・・・
IMG_2745.jpg
反対側から。
次に、薄いディフューザー形状に(バランスを確認しながら)ひたすら削っていきます。
IMG_2744.jpg
別角度から・・・
IMG_2743.jpg
大体形状が決まってきたら、下端末にABS樹脂板でフィンを付けます。
そうしたら、アンダーシャシに取り付けます。
IMG_2732.jpg
後ろから見るとこんな感じ・・・
IMG_2731.jpg
地面に近い位置からだとこんな感じになります。
IMG_2730.jpg
大体の形状納得行く形に出来ました。
後は左右のディフューザー部分にフィンを4枚(左右各2枚)製作し取り付けますが、それはまた別の機会に・・・
スポンサーサイト
コメント

ディフューザー薄々で良いですね〜。
1/12のビッグスケールでは厚みも均一にしないと目立つますよね。しっかり均一な厚みでカッチョ良いですね。
自分はケミカルウッドの経験がないのですが、切削したりするのは何でやってるんでしょうか?
MP4-19Bの進捗楽しみに拝見させて頂きたいと思います。

トマソン #- | URL
2016/01/28 20:21 | edit

ありがとうございます

トマソンさん、こんばんわ。
製作記、ご覧頂いてありがとうございます。
薄々攻撃、意外と行けます。
ケミカルウッドは切削性バツグンですので、彫刻刀や紙やすりで
結構攻めれます。是非一度お試しください。
慣れると良い材料です。
今週末、製作記をUPしようと思っています。
その際に、僕の日常道具を掲載予定です。
よろしくお願いします。

ribechan #- | URL
2016/01/28 23:48 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top