FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 エンジン周り製作 Part31  

こんばんは、すっかり年の瀬になり、毎日本当に慌しく過ぎて行きモデル製作が一向に進みません。
今日も、年賀状を投函し大掃除の第一弾として“窓拭き”を行いました。
時間は掛かるし、外拭きは寒いし大変です。(^^;)
先程ほんの少しだけ時間が空いたので、モデルの工作を進めました。
IMG_BM0333_convert_20181228234116.jpg
これを使って・・・
IMG_BM0332_convert_20181224162113.jpg
エンジンとギアボックスを接着しました。
定盤の上で、位置を確認しながらそれぞれ(ドライブシャフトやその他)の整合性をとっていきます。
確実に治具を使い位置出しを行うのはスクラッチでは必須です。
ギアボックス後端の面にセンターの線を位置取りし、マスキングテープの端でセンター線として
その線を定盤のセンター線にスコヤー(真鍮の直角治具)で合わせます。
このまま様子を見ながら、固まるのを待ちます。
30分程待って、位置関係がズレていないことを確認します。
これから、エンジン部分の細かい作業に入ります。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top