FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Par22  

こんにちは、いよいよ年の瀬が近づいてきて、皆さんも慌しくお過ごしかと思います。
そんな中、今日は昼間にBlogを更新します。
因みに、ツィートも始めてみました。
全然良く解らず、ちょっとづつ呟いています(笑)
今日はBT45の、Frカウルを位置決め固定の細工をします。
IMG_BM0303_convert_20181215115134.jpg
先回の工作で穴あけまで行いましたので、0.5mmのピアノ線を切って入れていきます。
左右ですね。
長さはまだ任意でいいです。
IMG_BM0304_convert_20181215115151.jpg
次にマスキングテープを用意します。
短冊に切ります。
IMG_BM0306_convert_20181215115219.jpg
先程のピアノ線を刺したした所の周辺をマスキングします。
IMG_BM0307_convert_20181215115234.jpg
次にモノコック(ボディー)側の0.5mmの穴を2mmの穴にしておきます。
IMG_BM0308_convert_20181215115249.jpg
こんな感じになります。
かなり大きいですね。
IMG_BM0310_convert_20181215115306.jpg
次に位置決め固定が出来ているRrカウルを基準にする為、先に正規の位置に填めて固定します。
IMG_BM0311_convert_20181215115335.jpg
Frカウルの2mmの穴に接着するアルミパイプがこれです。
ピアノ線は0.5mmで、アルミパイプは内径0.8mm・・・穴の径が結構違う感じがするかと思いますが、
填めたりと外したりするには、このくらいの差が合った方がスムーズにでき、それでいてガタツキが無い
ので、丁度良い感じです。(^^)
IMG_BM0312_convert_20181215115350.jpg
次にアルミパイプを、モノコックの(板厚約2mmの長さ)にカットします。
IMG_BM0313_convert_20181215115405.jpg
カッターナイフで転がしながら2mmにカット。
カウル側のピアノ線に填めます。
IMG_BM0314_convert_20181215115424.jpg
こんな感じ。
しっかりFrカウル底面に着く様に填めます。
IMG_BM0316_convert_20181215115454.jpg
そしたら、エポキシ系接着剤を準備します。
早く固まって位置が動かないようにしたいので、今回は早いタイプのエポキシ系接着剤を使います。
作業用マットに貼ってあるマスキングテープは、エポキシ系接着剤を練るのに使います。
固まったら剥がして捨てる・・・極少量の接着剤を混ぜる時に、良くやる方法です。(^^)
IMG_BM0318_convert_20181215115510.jpg
この様に2液を同量テープの上に出して・・・
IMG_BM0319_convert_20181215115526.jpg
今回は爪楊枝で攪拌します。
IMG_BM0320_convert_20181215115541.jpg
今回早いタイプの接着剤を使いましたので、アルミパイプに接着剤を着けて、穴に合わせている様な作業風景を
撮影していたら接着剤が固まってしまいます!  いきなり位置を合わせた画像でスイマセン。
IMG_BM0322_convert_20181215115559.jpg
左右、Rrカウルにしっかり合わせて、Frカウルの先端もセンターに合わせて接着剤が固まってくれるのを
待ちます。
固まるまでの時間は、カウルがズレない様に注意深く確認をします。
IMG_BM0323_convert_20181215115613.jpg
大体(接着剤が)動かない所まで固まりました。(^^)
IMG_BM0324_convert_20181215115629.jpg
こんな感じです。
面倒な作業に見えるかもしれませんが、こうしておけば最後までカウルの合わせがズレる事無く、心配もしないで
済むんです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top