FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 Rrウィング製作 Part②  

こんばんは、今日も朝夕はめっきり気温が上がらない感じの東海地方です。
特に夜は愛犬との散歩に薄手の上着が必要に感じるくらいです。
BT45の製作は、Rrウィングの続きです。
IMG_BM0022_convert_20181012164706.jpg
突然ですが、こんな物を造りました。
Rrウィングの位置出しの治具です。
白いパーツはプラ板(1mm)です。
間に挟んでいるケミカルウッドは、この前製作したMP4-19BのRrウィングを造った時の治具です。
再利用ですね。
IMG_BM0025_convert_20181012164756.jpg
プラ板の内側にRrウィングの翼端板を当てて外形線を罫書き、そこにケミカルウッドの薄板を
瞬間接着剤で、点着けしました。
翼端板が乗っかる様にです。
IMG_BM0023_convert_20181012164724.jpg
こんな感じです。
IMG_BM0024_convert_20181012164741.jpg
外側も一応こんな造作がしてあります。
とにかく垂直・水平等々が肝心なので・・・(^^)
IMG_BM0026_convert_20181012164810.jpg
台座のケミカルウッドと左右のプラ板は両面テープで固定しています。
※また次のモデルでも小改造で再利用できると思いますので。
治具としてはまずまずですので、Rrウィングを乗せてみます。
IMG_BM0021_convert_20181012164644.jpg
こんな感じです。
良い感じに位置が出ます。
IMG_BM0028_convert_20181012164825.jpg
少し本体との関係を確認します。
IMG_BM0029_convert_20181012164839.jpg
こう言う地道な確認は嫌いじゃないです。(笑)
いつもそうですが、フルスクラッチってこう言う作業の繰り返しが全工程の半分くらいです。
IMG_BM0030_convert_20181012164854.jpg
タイヤとの関係もついでに見ておきます。
IMG_BM0031_convert_20181012164930.jpg
前後左右、斜めからとありとあらゆる角度から違和感の無いことを確認します。
明日は、Rrウィングを(更に)正確な位置に置いての造形を進めます。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top