職業型師のF1工作部屋

BT45 エンジン周り製作 Part ⑧  

こんばんは。
今朝、大阪北部にて地震に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだライフライン等の復旧には、時間もかかる所もあるようで、本当に一刻も早い復旧を
願っております。
今日は、造形を進める気力がありませんでしたので、後々試してみたい事の前捌きを行っています。
1/12で始めて造る“フラット12”エンジンですので、予てから挑戦したかった機械類のウェザリングに
挑戦します。
とはいえ、何の経験値も待たない状態ですので、ジャンクのエンジン(DFV)にてトライします。
IMG_9516_convert_20180618232046.jpg
ウェザリングは本当に初めて行いますので、手探りです。
まず缶スプレーのシルバーを塗装し、2日くらい乾燥させました。
そこに、タミヤエナメルカラーの“レッドブラウン”と“セミグロスブラック”を7:3くらい混ぜたものを
10倍くらいのエナメルシンナーで希釈した塗料を筆で塗って行きました。
IMG_9517_convert_20180618232102.jpg
立体のモールドに少し堪る感じになる様、ラフに塗って行きました。
IMG_9520_convert_20180618232118.jpg
少し汚い(汚れた)感じにします。
ですが、F1エンジンなので(この後いろいろ試しますが)汚れているような感じというより、
立体感を出す様な(シャドウを効かせる)感じに仕上げていけるといいなと思っています。
IMG_9522_convert_20180618232132.jpg
今は、全体に塗装しつつ、乾燥後凸部をエナメルシンナーで拭き取り陰影を強調するように
して行きます。
IMG_9523_convert_20180618232146.jpg
ある意味、“油絵”の世界観ですかね・・・
油絵描いたこと無いのでどうしようか迷っています。。。
どなたか、ウェザリングのコツを教えて頂けると幸いです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top