職業型師のF1工作部屋

BT45 Frフレーム製作 Part①  

こんにちは、GWの2日目です。
この時期らしい清清しい天気に恵まれ、気候も良くて気持ちが良いです。
このGWが終わると(次の週末が)静岡ホビーショーです。
年が変わった頃は、『まだまだ先の事・・・』と思っていましたが再来週です。
そんな所ですが、BT45は焦らずマイペースで製作します。
今日は、Frフレームを造ります。
IMG_9309_convert_20180428233847.jpg
まずこの部品ですが、これは実車と全く形状が異なりますので造り直します。
IMG_9310_convert_20180428233903.jpg
1mmのプラ板に形状を(油性マジックで)罫書いて、それぞれの穴部にピンバイスで
穴を開け、穴を繋いで切り抜き仕上げました。
板厚の一定の物はプラ板が重宝します。(^^)
IMG_9311_convert_20180428233921.jpg
ザックリ形状を製作しました。
上がキットのパーツです。
プラ板の方の上部の丸い穴は、Frアップライトに繋がるホースを受ける穴です。
IMG_9314_convert_20180428234004.jpg
ホース用の穴の回りも出来るだけ細く仕上げます。
※こう言う所は、“強度”との兼ね合いも大事ですね。
金属線とハンダで造っても良いんですが、この後(この部分)他にもたくさんプラパーツが
付くので、今回はプラ板で造ってみました・・・
後で変わるかもしれません。。。(^^;)
IMG_9315_convert_20180428234020.jpg
取り付けや、他のパーツの固定用に(下部に)アングル材をつけておきます。
※プラ板でつけて置けば、後々の加工が容易に行えるのも利点です。
IMG_9312_convert_20180428233936.jpg
このフレーム材は基本的にキットの物(ジャンク品)を流用します。
各穴部を広げて、フレームも細く削り込みました。
IMG_9313_convert_20180428233951.jpg
ラジエターです。
これも分厚いので、それぞれの合わせ部を削り込み、イメージする厚みになるように
改造しました。
ここまでは、良い感じに進めてます。
今日はこの辺で。。。
天気が良いので、昼からは外に出ます!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top