職業型師のF1工作部屋

FW06 Frサスペンション製作 Part2  

こんばんわ、今日はFW06 Frサスペンション製作を更新します。
IMG_0015_convert_20160130001906.jpg
まず、ショックアブソーバーを自作します。
タミヤ模型さんのショックアブソーバーを改造する手もありますが、このマシン特にFrのアブソーバーが
少し特殊なので、自作しました。
市販のアルミパイプを使います。
このように、様々な(径の違う)パイプを切り出し組み合わせて行きます。
IMG_0019_convert_20160130002016.jpg
一番細い線はアルミパイプではなくアルミ線です。
登頂部はアクセサリー等に使われる“ヒートン”と言う金具です。
“ユザワヤ”さんでいつも購入しています。
バネは“フレキシブルワイヤー”を丸棒に巻きつけそれらしく造ります。
IMG_0017_convert_20160130001944.jpg
組み合わせると、こんな感じ。。。
IMG_0018_convert_20160130002000.jpg
これは試作も兼ねておりますので、少し違う2種類のアブソーバーを造りました。
結果的には下のタイプで量産しました。(とは言え合計4本造っただけですけど・・・)
IMG_0016_convert_20160130001923.jpg
キットのアブソーバーと並べると、こんな感じ。。。
あっ、これ因みに全部Rrサスペンションのアブソーバーでした。
Frサス用のアブソーバーはこちら。
IMG_0027_convert_20160130002227.jpg
工作は基本的に同じです。
アルミパイプとヒートンです。
これを(先日)組み上げたFrサス用のフレームに合わせてみます。
IMG_0022_convert_20160130002103.jpg
フレームのアームにヒートンの輪を通します。
IMG_0023_convert_20160130002124.jpg
こんな感じ。。。
IMG_0021_convert_20160130002044.jpg
なんとなく良さそうなので、フレキシブルワイヤーをバネ状にして、取り付けていきます。
ついでに、Frアッパーアームもジャンク部品から改造じておきます。
FW068114_convert_20160207114321.jpg
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top