職業型師のF1工作部屋

FW06 アルミモノコック製作  

こんばんわ、今日はFW06の“アルミモノコック”製作をUPします。
FW0601261_convert_20160207115001.jpg
アルミモノコックは、タミヤ模型さんのWolf WR1のモノコックを流用しました。
FW0601267_convert_20160207115112.jpg
横から見るとこんな感じです。
燃料タンクの部分は、ケミカルウッドを貼り付け加工してあります。
結構、適当に造っていますね・・・(^^;)
FW0601263_convert_20160207115032.jpg
シートも製作しました。
こちらも、製作過程を(明日にでも?)更新します。
Frロールバーはプラ丸棒を熱して曲げました。
斜めのバーは丸棒の断面に合う様、接着面は凹丸断面に加工し接着。
アルミの丸棒を切り出し、先端の部分に取り付けました。
FW0601262_convert_20160207115017.jpg
こんな感じです。。。
文章で書くと、アッサリしていますが地味に手間が掛かります。
FW0601266_convert_20160207115059.jpg
手間が掛かりましたが、まあまあ良い感じに出来ました。
FW0601268_convert_20160207115124.jpg
正面からはこんな感じ。。。
でっ、材料がいろいろ混ざっていて形状が確認しにくいのでサフェーサーを塗装しました。
FW0630512_convert_20160129234901.jpg
大分、形状が見易くなります。
FW0630510_convert_20160129234846.jpg
軽く研いで、2回目のサフェーサーを塗装しました。
良い感じです(^^)
IMG_1173_convert_20160208230734.jpg
こちらは、Rrロールバーです。
Rrロールバーはアルミを曲げて造ります。。。
斜めのパイプもアルミです。
繋ぎ目の三角部位はアルミパテです。
硬化すると本物のアルミのような硬度と質感になり、ヤスリで形状を削りだし、ペーパーで磨いていくと
本物のアルミの質感が得られて、しかもパテとしての補強も出来る優れものです。
東急ハンズで購入しました。
因みにRrロールバー製作用の治具はケミカルウッドの“台座”にABS樹脂板の“角度出し”の治具です。
スクラッチですので、何かと治具を製作し、部品を造って行きます。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top