職業型師のF1工作部屋

FW06 ボディー製作 アッパーカウル編  

こんばんわ、今日もFW06の製作を更新します。
今日は先日の続きで、“アッパーカウル”の造形です。
fw0641313_convert_20160208225647.jpg
いつも通りケミカルウッドの削り出しです。
手順としては、外形を造り込み、納得行く形が出来たら“裏取り”を行います。
fw0641310_convert_20160208225611.jpg
Frウイングのメイン翼も造って、合わせてみました。
ボディーカウルの一般面(上面)との“合い”も確認します。
隙間がないように・・・
fw064139_convert_20160208225556.jpg
こんな感じ・・・
まあまあですね。(^^;)
当然、初期段階では相関状態で造形していますので、角にRは取っていません。
正確に形状のイメージを立体にするには“相関”で確認が必須です。
fw0641311_convert_20160208225628.jpg
別角度からです。。。
このように、造形中はとにかくいろんな角度から眺めながら削って行きます。
fw064136_convert_20160208225457.jpg
表面が良い感じに仕上がったら、裏も可能な限り薄くなるように削って行きます。
※まだ途中です・・・この後もっと攻め込みます。

週末は、MP4-19BのFrウイングの進捗を更新できると思います。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top