職業型師のF1工作部屋

MP4-19B ボディー製作⑥ 現状です。  

こんばんは、今日はMP4-19Bのボディー製作を更新します。
パネルラインのスジ彫りも終わり、サフで下地造りをしています。
ここまで、3回サフを塗装し仕上げています。
IMG_4204.jpg
ケミカルウッドは、最初のサフは吸い込みがあり、サンドペーパー#240で仕上げた後、
2回目のサフを塗装、#360のサンドペーパーで仕上げ、3回ものサフを塗装した状態です。
IMG_4203.jpg
肌の肌理も(大体)整いつつあります。
IMG_4207.jpg
マクラーレン特有の“丸み”も近づいてきたように思います。
IMG_4209.jpg
マクラーレンは、形状を読み取りにくいカラーリングにしているため、形を把握するのは大変です。
IMG_4210.jpg
正解なのかどうかは、細分まで把握できませんが、イメージ通りには出来ました。
IMG_4211.jpg
個人的には、“19B”は“19”に比べて、格段に美しくなったと思います。
IMG_4215.jpg
丸みを帯びた曲面構造を美しくまとめて、しかも速いマシンに仕立てるニューウェイは“アーティスト”だと思います。
IMG_4206.jpg
アンダーシャシは、バージボード等で殆ど確認ができません。
数少ない資料で再現してありますので、若干違うかもしれません。
IMG_4218.jpg
インダクションの“背びれ”がもう少し後方まで延びた後半戦仕様もカッコイイですが、
最終的にどちらにするかは、もう少し考えます。
IMG_4222.jpg
エキゾーストの排気カウルも無骨な形なんですが、全体にうまく纏まっているので、これもカッコイイです。
IMG_4225.jpg
後ろ周りも、美しい造形処理がされていて、デザイン的に本当に『綺麗』です。
現時点はここまでです。
今後、部品を全体合わせ(仮組み付け)を行い、デカール製作を依頼している水谷君から
デカールが届いたら、塗装に入っていこうと思います。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top