職業型師のF1工作部屋

MP4-23 アッパーカウル製作(塗装編 Part1)  

こんばんは、今日はサイドポンツーン アッパーカウルの製作を更新します。
形状の修正と、下地(サフ)までは終えていますので、いよいよ塗装です。
最初に“赤”の部分を塗装します。
まずは“赤”の位置決めです。
IMG_7311_convert_20161009233710.jpg
え~っと、黒く見えますが、透明の0.5mmプラ板です。
デカールのラインに合わせて透明プラ板を、カッターで切り出します。
※本当は透明で良かったんですが、ついついマジックで黒に縫っちゃいました。
IMG_7307_convert_20161009233619.jpg
カウル同士を合わせて、透明(黒)のゲージを位置合わせします。
IMG_7308_convert_20161009233636.jpg
そうしたら、ゲージの両線にケガキをします。
IMG_7310_convert_20161009233651.jpg
こんな感じ・・・
両方の線の中心付近を通る様に、マスキングテープを貼り、“赤”以外の所をマスキングし
ベースカラーの“白”を塗装し、上からいつものルミレッドを塗装します。
乾いたら、マスキングを剥がします。
IMG_7335_convert_20161013235601.jpg
こんな感じ・・・
IMG_7336_convert_20161013235624.jpg
そしていつも通りの“赤”の色味の確認です。
画像では、アッパーカウルの方の赤が明るめに見えていますが、ウレタンクリアーを塗装すると
赤の色味が濃くなるので、カウル同士の色味は揃ってくると思います。
もちろん反対側のカウルと、インダクションカウルも同様に“赤”の部分は塗装しました。
随時、メッキ調塗装まで進めて行きます。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top