職業型師のF1工作部屋

オートモデラーの集いin静岡 Part5  

こんばんは、オー集in静岡の模様、後2回ほど紹介します。
IMG_7277_convert_20161004000140.jpg
たまりませんね~(^^)マッスルカーは最高です!
特に60年代後半から、70年代前半のマッスルは今また高騰の一途を辿っています。
IMG_7281_convert_20161004000232.jpg
トランザムは中でも人気の高い車種で、今見てもカッコイイです!
ボンネット一面に火の鳥を描いたバージョンと、作例のようにストライプ+火の鳥という
カラーリングが有名で、後者の方ですね。。。
こちらも白いボディーのバージョンもあり、それも中々良いです。
IMG_7283_convert_20161004000308.jpg
いや~カッコイイです。(^^)
IMG_7279_convert_20161004000156.jpg
マッスルカーと言えば、これも外せません!
カマロ!最高ですね!
IMG_7282_convert_20161004000249.jpg
カマロは、ダークな配色も良いですが、オレンジ色のようなビビットな色も似合うので
様々な車両が日本でも生息しています。
モデルも素晴らしいです。
IMG_7284_convert_20161004000325.jpg
まっ、要りますよね(^^)
IMG_7285_convert_20161004000344.jpg
作者の熱意が伺えます。スゴイ!
IMG_7292_convert_20161004000535.jpg
これもまたメッチャ驚きでした。
とにかく見てください。
IMG_7293_convert_20161004000552.jpg
モデル造りが、『理路整然』と進んでいて、僕の行き当たりばったりのモデルつくりと対極に
ある感じでした。
エンジンルーム内の造形も、細かく丁寧な仕上がりで見ていて圧倒されます。
こういう作品を見させて頂くと、自分のモデルつくりの杜撰さが思い知らされます。。。
IMG_7294_convert_20161004000609.jpg
正直、地味な乗用車を選択してこの存在感を出せるのは、モデル造形力の高さ故だと思います。
今日はこの辺で。。。
スポンサーサイト
コメント

今晩は

作品ご紹介ありがとうございます。
工作は写真で資料確認はしますが、現物合わせの大体のサイズで作っていますョ。
物差しも100均の1mm単位の物で大雑把です。

ploverbell #5UYpC0RE | URL
2016/10/09 20:46 | edit

コメント、ありがとうございます。

コメント、ありがとうございます。
そうなんですか。
そんな風に見えないところはさすがですね。

ribechan #- | URL
2016/10/09 22:32 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top