職業型師のF1工作部屋

MP4-23 モノコック塗装編 PartⅠ  

こんばんわ、今日はMP4-23の更新をUPします。
今、モノコックを塗装しております。
工程は、いつも通りです。
合わせを行い、下地(サフ) → 白塗装 → ルミレッド塗装 →
マスキング → 黒塗装 → ウレタンクリアー → メッキ調塗装 → ウレタンクリアーです。
IMG_6831_convert_20160717000215.jpg
塗装した感想は『とにかくでかい!』です。
IMG_6832_convert_20160717000241.jpg
工程の中で、黒塗装とウレタンクリアーまでは、通常の塗装なので問題は無いのですが、
メッキ調塗装は塗料の塗出量を物凄く絞って塗装するため(塗料が出ているのかどうか解らないくらい)
これだけの面積を塗るのは相当しんどいです。(^^;)
IMG_6836_convert_20160717000352.jpg
おまけにメッキ調塗装は、塗装直後はあまりメッキ感が無く、乾燥していく過程でメッキ感が出てきますので、
塗装中に出来上がりの感じを確認できません。
それでも小さい部品なら、ほぼイメージ通りにメッキ感が得られるのですが、やはりこの大きさだと
部位によって、質感が少しズレます。(悲)
IMG_6834_convert_20160717000319.jpg
曲面の“メッキ感”は『まあまあ・・・』です。
IMG_6833_convert_20160717000259.jpg
特に“球面”に近い箇所は、より“メッキ感”が出ています。
IMG_6835_convert_20160717000336.jpg
反対に“平面”は少し弱いですね・・・
IMG_6838_convert_20160717000411.jpg
お約束の“映り込み”はこんな感じです。
※今回のモノコックはメッキ調塗装が少し暗めになってしまいました。
先に仕上げた、ノーズ部とは明るさのズレがあります。
今回のモデルをメッキ調塗装にしようと考えた時から、色ズレ(光輝感)の可能性を懸念
していましたので、スプレーガンを決め、工程を同じにし、塗料の塗出量も同じにする等
ありとあらゆる物をきちっと管理して進めていますが、最終工程のウレタンクリアーが
乾燥してみないと状態が確認できず、同じ条件で行っていても少しズレる事から、
いろいろ考えたんですが、うまい修正方法が思いつきません。。。
ですので、このまま進めます。
う~ん・・・本当にまだまだ自身の未熟さを痛感させられますね。。。(泣)
スポンサーサイト
コメント

メッキ調シルバーは

おいらはMP4-23のシルバーにtakumi製スーパーミラー2を使用しました。
ご存じの通り、メッキ調塗装の場合は下地の処理が仕上がりを決定すると言っても過言ではありません。
下地にウレタンクリアを使用し、研ぎ出しをし、綺麗に磨いたつもりでもメッキ調シルバーを吹いたら、うっすらと磨き傷が…なんて事が良くありましたが、スーパーミラー2は磨き傷を綺麗に研磨した後にその部分のみエアブラシで吹き直しでも事前に塗装いていた部分との差異がほとんど確認できません。
本当に助かりました。
ここまで塗装されていますので、いまさらシルバーを変更するのは無理だと思いますので参考程度に。
お送りした画像はブログに掲載していただいても構いませんよ。
もう少し、お送りできる画像がありますのでお楽しみに!!

teru #Fq1yIJTY | URL
2016/07/17 21:33 | edit

ありがとうございます

teruさん
貴重な情報、ありがとうございます。
スーパーミラー2ですか?
今後の事で参考にさせて頂きます。
今、私が使っている物は、ウレタンの後は磨くと表面が荒れる
と言われている物なので、お教え頂いた物も検証してみます。
ありがとうございました。

ribechan #- | URL
2016/07/18 00:13 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top