職業型師のF1工作部屋

1983年 ブラバムです。  

こんばんわ、今日は1/20の完成品を一つ “UP” します。
1983年のブラバムです。
“ネルソン ピケ”が、1983年に2度目のワールドチャンピオンになったマシンです。
先日、静岡ホビーショーでアオシマ文化教材さんから“新製品”としてアナウンスがあり
私を含めたF1ファンは(少なからず)驚きと喜びを感じた事と思います。
ネルソン ピケは本当に天才肌のドライビングで、僕の好きなドライバーでしたし、
このマシンは、1982年に事故が多発した事による“ウィングカー規制”を受けて、
奇才“ゴードンマーレイ”が造り出した一つの答えだったと思います。
レース中に給油する事を前提に燃料タンクを最小化し、失ったダウンフォースを前後の
重量バランスで補い、理想的なトラクションを得られる様に設計されたBT52は、ネルソンの
天才的ドライビングと相俟って見事ワールドチャンピオンマシンとなりました。
IMG_6733_convert_20160606235530.jpg
Frウィングが巨大で、当時“烏賊”と称された特徴的なデザインでした。
IMG_6734_convert_20160606235548.jpg
モデルは“BT52B”でシーズン後期型です。
IMG_6738_convert_20160606235644.jpg
52Bは、Frダンパーの設計がシーズン中に見直され、Frアッパーサスのカウル形状がスッキリした形状に
変更されました。
IMG_6731_convert_20160606235445.jpg
特徴的なFrウィングは、その形状もアシンメトリーなカラーリングも最高です。
IMG_6736_convert_20160606235606.jpg
Rrウィングも大型化され、更に“子持ちウィング”(当為そう呼ばれてました・・・)まで装着。
IMG_5768.jpg
コクピットの後ろにすべてを集約しています。
IMG_6737_convert_20160606235626.jpg
最もこのマシンの“特徴的な形状が解るアングルです。
IMG_6741_convert_20160606235722.jpg
別角度から。
IMG_6740_convert_20160606235703.jpg
BT52Bは、マシンデザインも、カラーリングも“最高”にカッコ良かったです。(^^)
このモデルは、フルスクラッチです。
ケミカルウッドでボディー及びウィングを製作し、サスは金属線やABS樹脂を使用。
デカールは、タミヤ模型さんのBT50から使用できるものは流用し、一部はインレタを
起こしました。
20年以上前の作品です。。。
因みに、当時ファクトリーTzさんからキット化して頂きました。
今年、プラモデルとしての登場!
楽しみですね。
スポンサーサイト
コメント

カッコ良いです!

ribechan様こんにちは。

フルスクラッチですか!素晴らしいディテールと雰囲気です。
最初見たときはスルメみたいな格好だと思いましたが
マーレーのセンスは今見ても魅力的ですね。

しかしここにきてアオシマに続きヒロからも1/12で登場とは!
でっかい52Bも見てみたいですねえ。
もっとも買えませんし作れませんが(笑)

ひろポン #- | URL
2016/06/10 11:47 | edit

ありがとうございます。

ひろポン様、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
いや~・・・カッコイイですよね “BT52B”
えっ!1/12ですか?
知りませんでした・・・
いずれ、1/12でスクラッチしようと思っていたんですが。。。
いや~・・・これはヤバイですね。
買ってしまうかもしれません(^^;)

ribechan #- | URL
2016/06/10 21:35 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top