FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

Lotus 91ボディー製作 Part15  

こんばんは、今日からGWと言う方も多いかと思います。
私の会社は今週末からGWなんですが、コロナウィルスの件で全く予定が無く、自宅で過ごす
連休になります。
例年のこの時期ですと、GW開けの静岡ホビーショーに向けてモデル造りと、ワクワク感で
楽しい季節なんですが、今年は最悪です。
そんな中、モデル造りだけは粛々と進めて行きたいと思います。
DSC_1958_convert_20200428232851.jpg
アッパーカウルのRrパネルの造形ですが、一応形にして見ましたがどうも“しっくり”来ない感じです。
DSC_1959_convert_20200428232906.jpg
何が引っかかるのかまだ答えを出せていませんが、どうも違いますね。。。
そういう時は少し離れて違う所を進めます。
DSC_1962_convert_20200428232938.jpg
アンダーシャシにモノコックの下半分を取り付けます。
前後の位置関係を確認しながら、接着します。
DSC_1963_convert_20200428232957.jpg
いろいろ考えたんですが(いつもは極力接着せず、ネジ止めを多用する所を)後々強度を
考慮して接着にしました。
もちろんモノコックのアッパーはいつも通り取り外し可能な構造にこれから考えます。
DSC_1964_convert_20200428233011.jpg
アッパーカウルを被せて、干渉する箇所を確認します。
DSC_1960_convert_20200428232921.jpg
いろんな角度から見ながら、ひたすら確認。
DSC_1965_convert_20200428233030.jpg
モノコックアッパーとアッパーカウルの正確な位置出しが出来てませんので“仮”ですが
一応、干渉箇所も無く(無事)に収まりそうです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



Lotus 91ボディー製作 Part14  

こんばんは、今日は春の嵐の様相で、大変な天候でした。
自宅で過ごす事が多い毎日ですので、モデル造りも進むかと思いきや、そこはいつもながらの
牛歩並みの進捗です。
Lotus 91は様子見のサフェーサーを塗装しました。

DSC_1949_convert_20200416231721.jpg
アンダーシャシはまだ全然できてませんので塗装してません。
DSC_1947_convert_20200416231655.jpg
特徴的なノーズ形状はこんな感じかな・・・と言う仕上がりです。
DSC_1946_convert_20200416231641.jpg
サイドポンツーンのエアアウトレットは左右同じ形の仕様にするつもりです。
DSC_1948_convert_20200416231708.jpg
ヘッドレスト周りの形状は、現在“サラブレッドGP”参加車両はいろいろ違いますので悩みどころです。
DSC_1951_convert_20200416231751.jpg
ロールバーの長穴は曲面にある為、形状が掴み難いですね。
DSC_1953_convert_20200416231807.jpg
排気口も、コクピットの側面が後端で収束する様な形状なので、開口とバランスの折り合いをつけるのが
非常に難しかったです。
DSC_1956_convert_20200416231858.jpg
コクピット側面の段差を面として通すのは、その面幅が一定になるように上面と下面を同じ曲率の面貼り
にしなくては行けないので、もう少し調整が必要ですね。。。
DSC_1957_convert_20200416231912.jpg
Rrのタイヤ周りのカウル形状(跳ね上げ)は複雑で、結構ダルな感じで捉え所が無いです。
あと、NASAダクトの表現ももう少し調整が必要ですね。
DSC_1954_convert_20200416231822.jpg
とは言え、91になりつつあるかなと思います。
DSC_1955_convert_20200416231842.jpg
まだまだ続きます。。。
今日はこの辺で。

Lotus 91ボディー製作 Part13  

こんばんは、今日も細かい所の造作を更新します。
DSC_1943_convert_20200411232438.jpg
ロールバーの穴の加工です。
ボディー側面を下向きに置いて、ハイトゲージでそれぞれの枠線を罫書き、前後の線は同じ様に
側面を下向きに置いたまま、スコヤー(直角定規)で、位置を罫書きます。
DSC_1940_convert_20200411232333.jpg
穴の幅に近い径のドリルで下穴を開け、彫刻刀とヤスリで穴形状を仕上げます。
良い感じに仕上がりました。
DSC_1944_convert_20200411232452.jpg
次はこちら。
正確には何のために開いているのかわからないインテーク(NASAダクト的な)の造作です。
まず穴を開けました。
その後方に盛り上がった形状の平面視で削った板厚1mmのケミカルウッドを2枚造り、
1枚ずつ所定の位置に接着します。
DSC_1941_convert_20200411232408.jpg
凸形状の(板厚方向)真ん中くらいに接着面の線が見えていますね。
瞬間接着剤は、直ぐに硬化してくれるので曲率を削って仕上げました。
DSC_1944_convert_20200411232452.jpg
前方に伸びるリム形状は1mmのプラ丸棒を曲線で接着し、0.5mmまで板厚を削り込み仕上げました。
まあまあ良い感じに仕上げる事ができました。
明日以降は、ヘッドレストの面の細部を仕上げます。
今日はこの辺で。

ラ・フランス?  

こんばんは、今日はもう一つ。
コロナ関係で、外出を控えています。
そうなるとどうしてもテレビの前にいる事が増えるんですが、今日も昼間テレビを見ていたら
“あんこ”が膝に乗ってきて一緒にテレビを見始めました。
暫くテレビを見ていたようですが、猫族の得意な“昼寝”に突入!
これで、動けなくなりました。
その時の(僕の目線方向からの)“あんこ”です。
まさに新種の“ラ・フランス”です。(^^)
DSC_1939_convert_20200405230809.jpg

Lotus 91ボディー製作 Part12  

こんばんは、今日もLotus 91のボディー製作です。
本当に、結構細かい所が気になり仕上げに時間が掛かっていますが、
もう少しで1回目のサフェーサー塗装をしようと思うところまで来ました。
DSC_1908_convert_20200405230607.jpg
先回の更新と『どこが変わったんだ?・・・』と言われそうなんですが、結構しっかり変わっています。
形状が仕上がってきたと言うのが正確かと思います。
DSC_1911_convert_20200405230621.jpg
細かい所の形状出しですね。
DSC_1918_convert_20200405230635.jpg
アンダーシャシーも一緒に仕上げて行きます。
DSC_1924_convert_20200405230651.jpg
こんな感じになります。
DSC_1928_convert_20200405230704.jpg
大体良い感じです。
DSC_1931_convert_20200405230718.jpg
ここも難しいです。
DSC_1933_convert_20200405230733.jpg
リヤセクシォンの形状は結構好きです。
DSC_1934_convert_20200405230750.jpg
後端末も大体こんな感じだと思います。
今日はこの辺で。

▲Page top