FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

Lotus 91ボディー製作 Part2  

こんばんは、今日はLotus 91のボディー製作を進めます。
まだ、相関線を出して行く工程なので、形状的には退屈な感じですが、もう少しお付き合い願います。
まっ、本来この辺の製作について、Blogに上げなくても良い所なのかもしれませんが、進捗です。
DSC_1702_convert_20200106000152.jpg
こうして地道に一つ一つ相関線を出して、それを面として繋いで造形していくので、この相関線出しは
最終的な形状の仕上がりに直で影響する重要な工程です。
DSC_1703_convert_20200106000206.jpg
相関線がまだスムーズに通ってませんね・・・(^^;)
DSC_1704_convert_20200106000219.jpg
線を削り出して、その線をスムーズに流れる様整えていく作業が暫く続きます。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



連休の終わりに・・・  

こんばんは。
長かった連休も終わり、また忙しい日常が始まります。
会社の受け持つ組織も変わり、何かと経験を積ませて頂く年になりそうで、昨年以上に
大変かと思いますが、頑張ろうと思います。
さて連休最終日にやっと完成しました。
DSC_1714_convert_20200106000303.jpg
サイクロン集塵機です。
連休に入るタイミングくらいから製作を始めて、何とか連休中に完成させることが出来ました。
試運転した所すごい吸引力で、予想以上に素晴らしい働きをしてくれます。
経費は
ペール缶:約1800円 サイクロンパーツ:約2000円 ホース:約700円 ホースジョイント:約450円
RYOBI集塵機:約9000円
合わせて約14000円の出費になりました。
高いと思われるかもしれませんが、これで帯鋸盤使用時の切断粉やペーパーでの切削粉を
全く気にせず作業が出来ると思えば、良しとします。
モデル製作環境は(私の場合ケミカルウッドを削る事が多いので)粉塵対策は必須なんです。
サイクロン集塵機の備品を探しにDIYセンターに行った際に、こちらも購入して来ました。
DSC_1715_convert_20200106000321.jpg
変わった形の鑿で、いろんな形状の切削に役立ちそうなので。
全然Lotus 91が進んでないですが、新年明けて落ち着いて来ましたので、しっかり頑張ろうと思います。
今日はこの辺で。

▲Page top