職業型師のF1工作部屋

静岡ホビーショー 2018 レポート Part2  

こんばんは、今日も静岡ホビーショーのレポートを続けます。
今日は、F1の作品にスポットを当てて見ます。
IMG_9354_convert_20180514105226.jpg
ますは、こちら!
Lotus80は、私のスクラッチ最初の作品で思い入れが深いのと、今製作中のBT45とは“ MARTINI ”繋がりです。
マルティニのラインが真っ直ぐなバージョン(後期型)ですね。
ここのラインは(個人的には)最初の頃のうねった感じのラインが好きです。
IMG_9355_convert_20180514105240.jpg
こちらはプロターの“アルファ”ですね。
これもBT45の“アルファ”繋がりです。
IMG_9356_convert_20180514105257.jpg
こちらも同じくプロターのアルファですね。
結構大変なモデルだと思います。
カラーリングの違う2台を、高いクオリティーで完成させてあり、素晴らしかったです。
IMG_9357_convert_20180514105312.jpg
こちらは“クラブ ツーピニオン”さんの1/10 BARBHAMです。
好みは分かれるでしょうが、大変個性的なデザインのマシンです。
IMG_9377_convert_20180514105812.jpg
こちらは最新のフェラーリです。
それぞれ、左からスクラッチ、中央レジンキット、右がタミヤさんだったと思います。
IMG_9380_convert_20180514105846.jpg
これが、8マンさんのスクラッチ作品です。
IMG_9379_convert_20180514105829.jpg
こちらがタミヤさんのキットですね。
8マンさんがすごいことが解りますね。
キットと遜色ない造形です。
素晴らしいです。
IMG_9381_convert_20180514105902.jpg
こちらは1/12の“643”コンバーションキットを組んだ物だと思います。
641/2もカッコいいんですけど、643も個人的には凄く好きで、ROSSOの1/8を、いずれ製作しようと
思います。
IMG_9384_convert_20180514110003.jpg
こちらは“定番”の1/12 MP4-6です。
当時マクラーレン製の641と言われたほどフェラーリのコンセプトに寄って行ったマシンでしたね。。。
IMG_9412_convert_20180514110946.jpg
こちらは1/43です。
“サーティースTS19 ”です。
モデルのクォリティーも素晴らしかったですが、車種選択にやられました(笑)
雨のレースで抜群の速さを誇った“モンツァゴリラ”のニックネームで愛された“ ビットリオ ブランビラ”のマシンです。
最高です(^^)
IMG_9414_convert_20180514111022.jpg
最後も1/43のウィリアムズFW12ですね。
前半戦仕様のところが良いですね。
この仕様で私もスクラッチしました。
懐かしいです。
まだまだたくさんの素晴らしい作品が会場にはありましたが、このくらいしか残っていませんでした。
ご紹介できない事が悔やまれます。。。
次回はロードカーの作品を紹介させて頂きます。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

▲Page top