FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 ボディー製作 インダクションボックス編 Part⑥  

こんばんは、GWも最終日になりました。
明日からはまた日常が始まります。
今日もBT45の作業を続けます。
IMG_9320_convert_20180502232447.jpg
まずは、先にアルミ板を填め込む為に形状を加工した箇所を修正します。
一段落とした箇所を、ポリパテを盛りつけ埋め戻しております。
後部のアッパーカウルを取り付ける際に、この部分があるアルミではなくカウルの(FRP)
状態だという風に見て取れましたので、ポリパテでやり直します。
今日は盛り付けて、少し時間を置いて仕上げます。
IMG_9321_convert_20180502232505.jpg
次に“インダクションボックス”を取り付ける工作をします。
まずは下穴を開けます。
IMG_9322_convert_20180502232520.jpg
そこに両面テープを貼ります。
IMG_9323_convert_20180502232536.jpg
インダクションボックスを仮止めし、裏からインダクションボックス側に(下穴の)印を付けます。
IMG_9324_convert_20180502232550.jpg
インダクションボックスを外して、下穴を開けます。
IMG_9328_convert_20180502232640.jpg
裏側から“極小ビス”で固定します。
IMG_9325_convert_20180502232609.jpg
こんな感じです。
しっかり取り付けることが出来ます。
IMG_9326_convert_20180502232625.jpg
後方から見るとこんな感じです。
今日はこの辺で。

スポンサーサイト



BT45 エンジン周り製作 Part ①  

こんばんは、GWも明日で終わりです。
来週末は、静岡ホビーショーですが“BT45”はもう少し進めます。
今日はエンジン周りを少し進めました。
IMG_9316_convert_20180502232347.jpg
エキゾーストパイプです。
こちらは、タミヤ模型さんのフェラーリ312Tのジャンクパーツから流用です。
BT45のエキゾーストパイプの取り回しが写っている画像が無くて、どうしたものかと悩みましたが
しょうがないので流用です。
IMG_9317_convert_20180502232407.jpg
マフラー部に伸びるパイプは、長さも含めて今後改造します。
今、付いてる状態は“仮”です。
IMG_9318_convert_20180502232421.jpg
良く考えたら、未だかつて12気筒のエンジンをプラモデルで造った事がありません。
IMG_9319_convert_20180502232434.jpg
結構大変ですね・・・
これから、エンジンとの接合部の(合わせ)作業を行います。
今日はこの辺で。

▲Page top