職業型師のF1工作部屋

BT45 Rrサスペンション製作 Part①  

こんばんは、今日は一昨日の続きを製作してみます。
とは言え、何を造るのかお知らせしておりませんでしたね。
アルミの棒らしき物が写っていて 『・・・』 的な終わり方でしたので。
IMG_9472_convert_20180527000919.jpg
日頃より、こう言う“素材”をいろいろ集めております。
私、まだ(実は)機械旋盤を持っておりませんので、丸棒のものとかを製作する際は
どうしてもアルミの棒やこの様なスペーサー等での工作になります(^^;)
IMG_9468_convert_20180527000818.jpg
机の上はこの様な“煩雑感”一杯の状態で作業する事が多く、よく部品を無くします。。。
今は、それぞれ直径の違うアルミパイプを切り出しながら、組み合わせている所です。
IMG_9470_convert_20180527000847.jpg
こんな感じに、アルミパイプやスペーサー、ヒートン(アクセサリー製作時に使う金具)等を
合わせ込みながら・・・
IMG_9475_convert_20180527001001.jpg
ヒートン(手芸金具)は、アブソーバーの基部になりますので、これも同じく手芸センターで
見つけた“六角パーツ”を接着します。
IMG_9476_convert_20180527001017.jpg
着きました(^^)
ここは瞬間接着剤で接着しました。
IMG_9477_convert_20180527001031.jpg
はい!こんな感じです。
IMG_9478_convert_20180527001047.jpg
次にアブソーバーのパーツにするアルミパイプに先程の六角パーツ部を接着します。
ここは少し強度を持たせたいので、エポキシ系接着剤を使い、接着しました。
IMG_9480_convert_20180527001118.jpg
こんな感じです。
今回はとりあえず “Rr用” のみを製作しております。
IMG_9481_convert_20180527001134.jpg
そうしたら、アルミ棒・アルミパイプ・スペーサー等も組み合わせながら、アブソーバーに
仕立てて行きます。
IMG_9482_convert_20180527001149.jpg
向かって左側のアブソーバのヘッド部分は、以前製作した試作品ですので
この組み合わせは最終的な形ではありません。
『こんなイメージに仕立てます・・・』と言うサンプルです。
最終的なアブソーバーの長さはRrサスペンションを組んでからでないと決められないのと
コイルスプリングもアブソーバーの長さが決まってからの工作となりますので、とりあえずこの辺までで
次に移ると思います。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

BT45 エンジン周り製作 Part ⑤  

こんばんは、今日もBT45のエンジン周りを製作します。
今日はこれ!
IMG_9461_convert_20180527000539.jpg
プラ板で、ショックアブソーバーを取り付ける金具(樹脂ですが・・・)を製作しました。
1mm厚のプラ板で製作。
IMG_9462_convert_20180527000638.jpg
プラ板を取り付ける箇所を1mm段落とし状に削り落とします。
IMG_9463_convert_20180527000658.jpg
取り付けると、こんな感じです。
IMG_9464_convert_20180527000715.jpg
反対側からです。(^^)
IMG_9465_convert_20180527000729.jpg
ギヤボックスに取り付けて“大きさ”等の確認です。
IMG_9467_convert_20180527000802.jpg
車両後方からも確認です。
なんとなく良さそうなので、後は造りこんでいく際に細かい処理を行います。
IMG_9471_convert_20180527000902.jpg
次は、これを使っての製作になります。。。
何に取り掛かるかは、明日以降で紹介します。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ④  

こんばんは、今日はBT45のエンジン周りの製作です。
IMG_9453_convert_20180525001825.jpg
まず、この様な部品の自作から始めます。
IMG_9454_convert_20180525001840.jpg
反対側からです。
ギヤボックスの上に付くパーツで、Rrの足回りの基部になるパーツです。
いつもの様にケミカルウッドの削り出しですが、パイプはアルミパイプを埋め込みました。
どの様に取り付くパーツかというと・・・
IMG_9455_convert_20180525001854.jpg
こんな感じです。(^^)
IMG_9456_convert_20180525001908.jpg
別角度から見るとこんな感じです。
ギヤボックスの形状に、それとなく(バッチリではなく)合わせてあります。
IMG_9457_convert_20180525001920.jpg
エンジンブロックの後端面も形状を変えて行きます。
ケミカルウッドで工作します。
この後、モールドの追加も行う予定です。(^^)
IMG_9458_convert_20180525001934.jpg
とりあえず組み付けて見ました・・・
IMG_9459_convert_20180525001949.jpg
前方から見るとこんな感じ・・・
IMG_9460_convert_20180525002002.jpg
真上から・・・
大体良い感じです(^^)
この後は、Rrサスのショックアブソーバーを付けるフランジパーツや、アブソーバーを
製作していきます。
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑮  

こんばんは、BT45のエンジン周りは相変わらず遅い進捗ですが、
確実に進めております。
そんな中、いつもの様にBT45の画像を見ていたら、何気に違和感を覚えたので
良く見てみると、少し違いを発見しました。
IMG_9449_convert_20180522231852.jpg
此処です・・・
鉛筆で描いた(太い・・・)線の様にカウル後端の形状が違ってました(^^;)
早速左右で位置を出し、罫書き線を入れて修正です。
IMG_9450_convert_20180522231912.jpg
削ってみました。
画像と見比べながら微調整を繰り返し、大体OKな感じまで来ました。(^^)
合わせて反対側も削りました。
IMG_9451_convert_20180522231927.jpg
こんな感じになりました。
良い感じです。
IMG_9452_convert_20180522231942.jpg
自分の製作は時間が掛かりますが、こう言った違いを発見でき、修正しながら
形状を造りこんで行けるのも、それはそれでメリットと捉えています。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ③  

こんにちは、今日は昼間に更新します。
BT45のヘッドカバーをスクラッチ開始します。
IMG_9439_convert_20180519115016.jpg
とりあえず、“試作”段階です。
ケミカルウッドで、画像のような形にザックリ加工します。
いつもの彫刻刀でカマボコ断面を削り出しました。
IMG_9441_convert_20180519115035.jpg
サイズ的な参考には、このフェラーリのヘッドカバーを使用しました。
IMG_9442_convert_20180519115143.jpg
これは、ヘッドカバーに付く縦の“リブ”です。
最初の画像にもセンター部に取り付けていますが、制作方法は、幅2mmに削りだした
ケミカルウッドを(画像の様に)カマボコ断面(凹)に削り、合わせて行きます。
IMG_9443_convert_20180519115158.jpg
こんな感じです(^^)
位置を合わせて瞬間接着剤で固定します。
IMG_9444_convert_20180519115212.jpg
エンジンに合わせてみて雰囲気の確認です。
良い感じです・・・まだなんだか解りませんよね。
IMG_9445_convert_20180519115227.jpg
イメージつくりも確認と同じくらい重要なので、頻繁に行います。IMG_9446_convert_20180519115246.jpg
そうしたら、縦リブをシリンダーヘッドの一般面に合わせて削り、仕上げます。
※一部形状を追加工作しました。(^^)
IMG_9447_convert_20180519115303.jpg
もう一度エンジンと合わせて見て、確認です。
今の所、良い感じです。
IMG_9448_convert_20180519115321.jpg
一度形状の確認も兼ねて、この段階で“捨てサフ”を吹いておき、進めて行きます。
今日はこの辺で。

BT45 アンダーシャシ製作 Part ④  

こんばんは、今日もシャシーの続きです。
クロスメンバーに穴を開け、エンジンが取り付く様に出来ましたので、取り付け工作を
続けます。
IMG_9435_convert_20180515234101.jpg
新たにT字のアルミ板を製作し、クロスメンバー越しに本体にネジ止め出来る様、細工しました。
IMG_9436_convert_20180515234117.jpg
こんな感じです。
もちろん、実車にはこのような物は付いておりませんが、モデルとして接着では強度も心配
なのと、取り付けをエンジンとギヤボックス、リヤサス周りすべてを組み付けて本体に取り付けたい
と思っていますので、こう言う方法を選択しました。
IMG_9438_convert_20180515234145.jpg
完成後は全く見えなくなる位置に、完全に隠れる寸法で製作、取り付けました。
IMG_9430_convert_20180515233940.jpg
次は、エンジンとギヤボックスも同じ様にネジ止めにします。
アルミ板の継ぎ板を製作し、ネジ止め。
IMG_9431_convert_20180515233955.jpg
そうしたらエンジン下部の所定の位置にネジ穴を開けて、ネジで固定します。
IMG_9434_convert_20180515234045.jpg
しっかり固定できました。(^^)
IMG_9433_convert_20180515234029.jpg
こんな感じになります。
こうする事で、いつでも取り付け、取り外しが出来るので、これから各部位の製作時に
非常に都合がいいんです。
IMG_9437_convert_20180515234131.jpg
スムーズに事が運びました。。。
今日はこの辺で。

BT45 アンダーシャシ製作 Part ③  

こんばんは、先週末は静岡ホビーショーに参加し、たくさんの方とお話しいろんな
知見を蓄える事が出来ました。
本当にありがとうございました。
ホビーショー会場で、知り合いの方々の作品を始め、素晴らしい作品が多数ありましたので
画像を撮影したのですが、普段このBlogの製作記の画像撮影に使用しているデジカメが
非常に調子が悪かったみたいで、帰宅後確認したら200枚近く撮影した画像の約1/3くらい
の画像しか掲載できる状態ではないことが判明。
この後(随時)ご紹介させて頂こうと思いますが、そういう状況なので残念でなりません。
本当に素晴らしい作品をたくさん紹介できると思っていたので悲しいです。
また、明日以降順次紹介させて頂きます。
本日は、BT45のシャーシの製作を行いました。
IMG_9422_convert_20180515233738.jpg
先日製作したクロスメンバーには、エンジンパーツの棒上の部分を取り付ける穴がありませんので
その穴開けの工作から始めます。
まず所定の場所にクロスメンバーを取り付けます。
IMG_9423_convert_20180515233811.jpg
そうしたら、室内側からクロスメンバーの裏側にドリルで穴開けのセンターの位置の印をつけます。
※撮影の都合上ドリルだけが写っている状態です。
IMG_9424_convert_20180515233825.jpg
この様に、板の中央付近に痕が着いているのが解りますか?
IMG_9425_convert_20180515233838.jpg
解り辛いので、拡大します。(^^)
IMG_9426_convert_20180515233850.jpg
その痕にドリルで穴を開けて行きます。
IMG_9428_convert_20180515233907.jpg
穴が開いたら、エンジンの棒状の部分が入る事を確認します。
IMG_9429_convert_20180515233923.jpg
良さそうですね(^^)
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ②  

こんばんは、今週末のホビーショーに向けて(本日)TDMCメンバーで集まり展示物の
レイアウト確認を行ってきました。
いよいよと言う感じで徐々に実感が湧いてきます。
と言う中ですが、BT45は直前まで製作します。
当日も(製作途中ですが)展示します。
意外と、サフの状態の展示が(形状が解り易いと)好評を頂いておりますので、今年も
展示しようと考えております。
前置きが長くなりましたが、今日はエンジンとギヤボックスを少し進めます。
IMG_9329_convert_20180506180231.jpg
まずは、これ!
シャーシの方を地上高にする為、タミヤ模型さんのお馴染みのパーツです。
ジャンク品ですが、何のキットのかはわかりません。
IMG_9330_convert_20180506180248.jpg
このパーツを2個(任意の位置に)並べて、シャーシを乗せます。
IMG_9331_convert_20180506180302.jpg
浮いているのが解りますでしょうか?(^^)
IMG_9332_convert_20180506180316.jpg
そうしたら、エンジンとギヤボックスの方を両面テープで仮止めします。
今回、アルファのエンジンがありませんので、フェラーリのエンジン本体を“芯”として使用します。
※この後、細部は手を入れていこうと思います。
ギヤボックスは、この年代の定番である“ヒューランド製”ですので、こちらもジャンク部品を改造します。
IMG_9333_convert_20180506180329.jpg
この様にエンジン前部に丸い棒状の突起がありましたので、これも利用します。
※この丸棒の高さ位置を、Rrタイヤのシャフトの高さ位置から割り出して、シャーシ側のRrクロスメンバー
の面に穴を開けます。
IMG_9334_convert_20180506180346.jpg
こんな感じです(^^)
IMG_9335_convert_20180506180401.jpg
次にエンジン下面の高さが出るように、適当な物でスペーサーとして下に咬ませます。
IMG_9337_convert_20180506180418.jpg
そしたら、先程Rrクロスメンバーに開けた穴に、エンジンの棒部を差し込みます。
IMG_9338_convert_20180506180434.jpg
こんな感じに収まります。
良い感じです。
固定方法は、また後で工作します。
IMG_9341_convert_20180506180448.jpg
念の為、タイヤを置いてみて各部のバランスを確認しておきます。
IMG_9342_convert_20180506180502.jpg
とにかくスクラッチの基本は“確認”です。
何か進めたら(製作したら)他の部位とのバランスを常に確認し、おかしければその都度直していきます。
IMG_9343_convert_20180506180516.jpg
もう少し“全体像”で確認しておきます。
良い感じです(^^)
今日はこの辺で・・・

BT45 ボディー製作 インダクションボックス編 Part⑥  

こんばんは、GWも最終日になりました。
明日からはまた日常が始まります。
今日もBT45の作業を続けます。
IMG_9320_convert_20180502232447.jpg
まずは、先にアルミ板を填め込む為に形状を加工した箇所を修正します。
一段落とした箇所を、ポリパテを盛りつけ埋め戻しております。
後部のアッパーカウルを取り付ける際に、この部分があるアルミではなくカウルの(FRP)
状態だという風に見て取れましたので、ポリパテでやり直します。
今日は盛り付けて、少し時間を置いて仕上げます。
IMG_9321_convert_20180502232505.jpg
次に“インダクションボックス”を取り付ける工作をします。
まずは下穴を開けます。
IMG_9322_convert_20180502232520.jpg
そこに両面テープを貼ります。
IMG_9323_convert_20180502232536.jpg
インダクションボックスを仮止めし、裏からインダクションボックス側に(下穴の)印を付けます。
IMG_9324_convert_20180502232550.jpg
インダクションボックスを外して、下穴を開けます。
IMG_9328_convert_20180502232640.jpg
裏側から“極小ビス”で固定します。
IMG_9325_convert_20180502232609.jpg
こんな感じです。
しっかり取り付けることが出来ます。
IMG_9326_convert_20180502232625.jpg
後方から見るとこんな感じです。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ①  

こんばんは、GWも明日で終わりです。
来週末は、静岡ホビーショーですが“BT45”はもう少し進めます。
今日はエンジン周りを少し進めました。
IMG_9316_convert_20180502232347.jpg
エキゾーストパイプです。
こちらは、タミヤ模型さんのフェラーリ312Tのジャンクパーツから流用です。
BT45のエキゾーストパイプの取り回しが写っている画像が無くて、どうしたものかと悩みましたが
しょうがないので流用です。
IMG_9317_convert_20180502232407.jpg
マフラー部に伸びるパイプは、長さも含めて今後改造します。
今、付いてる状態は“仮”です。
IMG_9318_convert_20180502232421.jpg
良く考えたら、未だかつて12気筒のエンジンをプラモデルで造った事がありません。
IMG_9319_convert_20180502232434.jpg
結構大変ですね・・・
これから、エンジンとの接合部の(合わせ)作業を行います。
今日はこの辺で。

▲Page top