FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑥  

こんばんは、今日もFrカウルの続きを更新します。
先日、ABS樹脂板に穴を開けましたので、その位置合わせて
下(ネジ)穴を開けます。
IMG_9025_convert_20180106112642.jpg
1mmのピンバイスです。
IMG_9024_convert_20180106112628.jpg
反対側も同じ様に同じ様に下(ネジ)穴を開けます。
IMG_9026_convert_20180106112659.jpg
ABS樹脂板のアンダーパネルをネジで仮締めします。
IMG_9020_convert_20180106112521.jpg
モリモリ君は、樹脂なのでネジを強く締め過ぎると効かなくなるので、
最後は緩めに締め付けます。
IMG_9021_convert_20180106112536.jpg
仮締め完了!取り合えず良い感じです(^^)
IMG_9028_convert_20180106112729.jpg
別角度から・・・
今日で、お正月休みも終わりです・・・
明日からまた日常が始まります。
頑張ります!

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑤  

こんにちは、お正月の連休も終わりに近づきました。
今日も少しだけ工作を行います。
先日の続きで、
IMG_9002_convert_20180105174227.jpg
カウルの裏面に盛り付けた“モリモリ君”を削ります。
彫刻刀で荒削りしてありますので、ペーパーで仕上げます。
#240くらいの割と荒い目のペーパーです。
IMG_9005_convert_20180105174242.jpg
まだ細かい気泡とかありますが、現段階ではあまり気にせず、追々直していきます。
なるべく左右同じ感じ(樹脂が残っているような状態)に仕上げておきます。
※今後の表面を造形する際に、裏の残っている量が同じになる様にする目安です。
IMG_9006_convert_20180105174258.jpg
大体仕上がりました(^^)
次の工程に進みます。
IMG_9007_convert_20180105174310.jpg
アンダーパネル様のABS樹脂板は、カウルに下からのネジ止めにするつもりです。
モリモリ君を盛り付けた箇所にネジ穴を開けるので、その位置に合う様に印を付けました。
※黒点が印です!
IMG_9008_convert_20180105174325.jpg
まず、ピンバイスの1mmで下穴を開けます。
この後カウルに位置を合わせて、カウル側にも1mmの下穴を開けます。
その後ABS樹脂板の方だけ1.2mmの穴に開け直します。
IMG_9009_convert_20180105174338.jpg
反対側も同じ様に工作しておきます。
今日はこの辺で・・・

たまに行くならこんな店!  

こんばんは。
今日は以前から行ってみたかった模型店に行ってみました。
“アサヒヤ模型”さんです。
DSC_0416_convert_20180105174112.jpg
やっと行けました。
店内はと言うと、すごい在庫でした。
色々と欲しいものがたくさんあり、久しぶりにワクワクしました(^^)
本当に様々なジャンルのプラモデルが充実しており、初めて行きましたが
また行きたくなるお店です。
そして、挨拶代わりに?購入してきたのがこれです。
IMG_9011_convert_20180105174011.jpg
発売時に買い逃したBRABHAMです。
いわゆる“ファンカー”です。
ニキ ラウダ車です。
ちょっとテンションが上がった一日でした。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part④  

こんにちは。
新年2日目で、箱根駅伝を見ておりました。
東洋大が往路優勝!おめでとう(^^)
毎年見ているんですが、本当に凄いですね。
明日の復路も楽しみです。

さて、そんな中ちょびっとだけ、作業しました。
IMG_8996_convert_20180102115731.jpg
いつものABS樹脂板です。
厚みは1mm・・・
これで、Frカウルの底板?アンダーパネル?を造ろうと思います。
『センターラインを引いて・・・』と、そこで思い出しました。
『先にFrカウルの裏面にモリモリ君を盛り付けて、硬化待ちの時間で
アンダーパネルの作業を進めよう!』
という事で、樹脂盛りを先に行います。
IMG_8995_convert_20180102115718.jpg
モリモリ君は、結構“肉盛り”が出来るので、良く使います。
加工性も良いし、痩せもあまり気にならないので・・・
盛り付ける際は、加工後の(仕上がり)形状をしっかりイメージし、不足のない様に
しっかり盛ります。
IMG_8994_convert_20180102115649.jpg
こんな感じです。
この後、アンダーパネルの平面図を(写真などを参考に)作図し、透明のプラ板で
いつものように型紙(ゲージ)を造ったりしている内に、先程盛り付けたモリモリ君が
半渇き(半硬化)状態になってきたので、ここで形状の荒造形をします。
IMG_8997_convert_20180102115748.jpg
半硬化状態は、非常に柔らかく、切削性が良いので、彫刻刀を使い形状を削り出します。
最終的にはペーパー等で成形しますが、ここで形状にしておくと仕上がりを(簡単に)
綺麗にする事が出来ます。
IMG_8998_convert_20180102115800.jpg
こういう所も、形状に合わせて仕上げやすい彫刻等で、結構ギリギリまで削ります。
※この時の注意点は、盛り付け樹脂は(大抵)半硬化状態に剥がれ易いので、彫刻刀
等で削る際、剥がれない様に細心の注意は必要です。
IMG_8999_convert_20180102115813.jpg
荒造形は、こんな感じまで行ければOKです。
この後はペーパー等でしっかり成形します。
IMG_9000_convert_20180102115826.jpg
先程型紙(ゲージ)まで取り終えたアンダーパネルの続きの作業をします。
作図した形状でABS樹脂板を切り出し、軽くペーパーで形状を整えておきます。
※黒いパーツはBT44Bのアンダーパネルです。
形状に比較用に置いて見ました。
IMG_9001_convert_20180102115840.jpg
Frカウルに仮合わせして見ます。
なんとなく良い感じです。(^^)
これから、形状と取り付けの為の工作を行っていきますが
今日はこの辺で。。。

新年明けましておめでとうございます。  

昨年中は、拙いBlogにお付き合い頂き、ありがとうございました。
本年も、いろいろと進めて行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
昨晩から今日にかけて、年末恒例の『紅白』を見て、近くの神社に初詣に行き
年が変わる頃にお参りさせて頂きました。
これは例年行っている我が家の恒例行事です。
夜中は冷え込むんですが、神社の方では火を焚いており、それが凄く
大きな火ですので、御参りする時は寒くありません。
DSC_0409_convert_20180101124513.jpg
凄いです(^^)
この火に、一年間護って頂いた“お守り”や“お札”等を入れます。
そして、新たに新年のお参りをするのが慣わしです。
お参りを終えたら、宮係の方たちが作ってくれてます“ぜんざい”(おしるこ?)を
頂き、ご近所の方々に新年のご挨拶をして帰ってきます。
帰宅後、お風呂に入って就寝です。
その為、今日は遅めの起床で、(もちろん)初日の出は、高くなっておりました・・・
DSC_0410_convert_20180101124549.jpg
謹賀新年
今年もよろしくお願いします。

▲Page top