FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

MP4-19B ボディー製作ⅩⅣ  

こんばんは、今日はMP4-19Bの続きです。
先日、デカールを貼り終えましたので、4日程かけてウレタンクリアーを塗装してました。
今回は、パネルラインにウレタンクリアーが溜まるのを、何とか抑えたかったので
いつもとクリアーコートのやり方を、少し変えて試行してみました。
まず、1コート目のクリアーは(いつもは)20%のシンナーで希釈して全体にしっかり塗装して
いましたが、今回は30%で希釈し、塗装しました。
1日乾燥させ、800#のペーパーで水研。
デカールの段差を無くします。
2コート目のクリアーは50%のシンナーで希釈し塗装。
1日乾燥させ、1000#~1200#~1500#~2000#で水研。
3コート目のクリアーを70%のシンナーで希釈し(結構しっかり)塗装します。
1日乾燥させ、タミヤさんのコンパウンド仕上げ目で全体にゆず肌を消す感じでポリッシュします。
最後に“ポリラック”で艶出しを行いました。
感想としては、まずまずといった所でしょうか。。。
IMG_8584_convert_20171005231315.jpg
ウレタン特有の『ボテッ』とした感じは無く、まあまあスッキリ仕上がりました。
IMG_8587_convert_20171005231350.jpg
反対側です。
IMG_8586_convert_20171005231333.jpg
ノーズの辺もこんな感じです。
IMG_8588_convert_20171005231406.jpg
写真が今一ですが、映り込みは結構あります。
IMG_8589_convert_20171005231423.jpg
全体の艶感は気に入っていますが、肌が少し(平滑感に)『改善の余地あり!』ですね。
IMG_8590_convert_20171005231438.jpg
カーボンデカールとボカシラインデカールのコンビは、こんな仕上がりになりました。
糸くずが写っていますが、もちろん着いてはいません。(笑)
IMG_8592_convert_20171005231511.jpg
とは言え、これで一応デカール保護が出来ましたので、一安心です。
これから、アンダーシャシのカーボンデカール貼りと、キミ ライコネンを造ります。
今日はこの辺で・・・
オートモデラーの集いin名古屋が、11月19日に開催です。
間に合うんでしょうか???(^^;)

▲Page top