職業型師のF1工作部屋

MP4-19B オンボードカメラ Part2  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのオンボードカメラ カーボンデカール貼りを
更新します。
IMG_8235_convert_20170530201227.jpg
先日、下地処理が終えたパーツに“下塗り”としてガンメタを塗装しましたので
今日はカーボンデカールを貼って行きます
使うのはいつものSTUDIO27さんのカーボンデカールです。
馴染みが良いので助かります。
IMG_8237_convert_20170530201246.jpg
とは言え、一枚では貼らず、真ん中と左右の3枚に分けて、部位毎に貼って行きます。
マークセッターを使い、大きい面で着けておき、その後マークソフターを併用し貼って行きます。
IMG_8238_convert_20170530201301.jpg
裏もこんな感じで・・・
裏は殆ど見えませんが、一応全面貼ります。
この後、乾燥させ“半艶クリアー”を塗装します。
IMG_8245_convert_20170530201400.jpg
ちょっと付けてみました。
良い感じです(^^)
IMG_8249_convert_20170530201414.jpg
ライコネンのオンボードカメラは、カーボンのままです。
蛍光の赤があるのはクルザードの車ですので、このまま半艶クリアーで仕上げます。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト

静岡ホビーショー 2017 レポート PartⅣ  

こんばんわ、今日は静岡ホビーショーレポートを更新します。
IMG_8138_convert_20170515140436.jpg
1/8の箱スカGTRです。
デカイですね。。。私もMP4/23を造りましたが、箱車はまた更にデカイ感じがします。
IMG_8139_convert_20170515140454.jpg
エンジンも凄く“手が入ってる感”満載でした。
箱スカは大好きなので暫く見ちゃいました。
IMG_8143_convert_20170515140515.jpg
これもまた凄かったですね。
シャシは(スイマセン・・・画像の下の方にあって)写ってませんが素晴らしい出来でした。
このボディーもこれから仕上がって行くんでしょうね。
楽しみです。(^^)
IMG_8178_convert_20170515141033.jpg
これは “チェリークーペ” です。
僕が少年の頃良く見た車で、このチェリークーペとサニーエクセレントクーペはカッコよかったです。
個人的には白のチェリークーペが最高です。
IMG_8152_convert_20170515140612.jpg
今年、いろんなブースで“サーキットの狼”モデルを見る事ができました。
隼人ピーターソンのBMW(当時のベー エン ベー)ですね(^^)
IMG_8183_convert_20170515141122.jpg
これは主人公の風吹裕矢?のディーノRSでしたっけ?確か。。。
上の画像にもありますが、ディーノRSはいくつかのブースで、展示されてました。
また来てるんですかね?ブーム・・・
IMG_8146_convert_20170515140535.jpg
同年代のスーパーカーとして外せないのが、“マセラティ ボーラ”ですね。
当時を代表するスーパーカーの1台だと思います。
モデルも素晴らしかったですし、今見てもカッコイイ車ですね。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅥ  

こんばんわ、今日はMP4-19BのRrアンダーウィングに、ウレタンクリアーを
塗装しました。
IMG_8226_convert_20170524232541.jpg
ウレタンクリアーは膜厚が着くので、画像のような填め合わせの箇所には
本来不向きです。
ので、いつもウレタンクリアー(主剤)に対し、硬化剤25% シンナー30%の割合で
塗装します。
そうすると、このように填まります。(^^)
IMG_8229_convert_20170524232602.jpg
実際には“艶感”がありすぎですが、暫く様子を見ます。
多分シンナー分30%が痩せて行き、もう少し落ち着いてくると思います。
IMG_8232_convert_20170524232619.jpg
それでもあまり“艶”が落ちなかったら、ウレタンの半艶クリアーを軽く塗装します。
今日はこの辺で・・・

静岡ホビーショー 2017 レポート PartⅢ  

こんばんわ、今日は静岡ホビーショーのレポートの続きです!
DSCN0181_convert_20170523234013.jpg
英国車好きの私には堪らないラインナップです。
2台とも、カラーリングに“拘り”を感じます。
こちら、Linkさせて頂いています“模型転倒虫”さんの素晴らしい作品です。
“ジャグァー”と“ロータス”英国車好きには、それぞれが“垂涎の1台”ですね。
IMG_8190_convert_20170515141246.jpg
こちらは、“ルマンの会”さんのKamimuraさんの作品です。
ブガッティですが、この色が凄く好きです。
“フレンチブルー”が代名詞として語られるフランス車ですが、この色には特に心奪われました。
フレンチブルーについて講釈を言うつもりは全くありません。
私の好きなF1の世界でも“リジェ”のブルーも、作り手のイメージするブルーがそれぞれ違います。
その違いを“妙”と捉えています。
それは、見せてもらえる事に喜びを感じるんです。
うまく言えませんが、動く好きな色でした。
IMG_8192_convert_20170515141319.jpg
これは“ルマンの会”の会員の方による素晴らしい作品です。
こちらも、その“妙”だと思います。
※ 妙 : 言うに言われぬほど美しい・優れている
IMG_8193_convert_20170515141337.jpg
こちらは、私の大好きな“フランスのF1”です。
本当に独特なスタイリングが際立ってます。
IMG_8191_convert_20170515141303.jpg
こちらは割りと“新しめ”のF1(プロスト)ですね。(^^)
IMG_8195_convert_20170515141355.jpg
こちら、企画物なのでしょうか・・・個人的に凄く好きです。
カウンタックのデザインってタイムマシンにしても違和感無いですね。
IMG_8196_convert_20170515141414.jpg
メカニカルな部分の造り込みが凄まじかったです。
IMG_8199_convert_20170515141431.jpg
こちらは、“クラブツーピニオン”の青柳さんの作品だとおもいます。
昨年夏に“静岡オートモデラーの集い”に参加させて頂いた際に“TE27 レビン”のラリーカー
を拝見しました。
IMG_8200_convert_20170515141446.jpg
写真左側のモデルです。
その後、お造りになったのだと思いますが、実際にお聞きできなかったので推測です。
IMG_8202_convert_20170515141501.jpg
でも作風から多分青柳さんの作品だと思います。
素晴らしいです。

ホビーショーのレポート、もう少し続きます。。。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅤ  

こんにちは、今日はお昼間モデリングです。
先日、Rrアンダーウィングにカーボンデカールと、ミシュランマークのデカールを
貼り、ウレタンクリアーを塗装しようと思いましたが、Rrウィングを組み付けて
確認します。
IMG_8223_convert_20170520104031.jpg
本体にも仮組みします。
IMG_8218_convert_20170520103911.jpg
翼端板とメインウィングは(当初)接着しようと思っていましたが、ネジ止めにします。
元々洋白線の穴がありますので、少し穴を大きくしネジ用に変えました。
IMG_8220_convert_20170520103943.jpg
そのおかげで、“しっかり”しました。
IMG_8222_convert_20170520104014.jpg
バランスも『まずまず・・・』です。(^^)
IMG_8221_convert_20170520103959.jpg
後ろからの感じもほぼ狙い通りに出来ました。
後は、“West”デカールが出来てくるとRrウィングは目処が立ちますね。。。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅣ  

こんばんわ、今日はMP4-19BのRrウィングを更新します。
先週、静岡ホビーショーから帰ってきて、Rr(アンダー)ウィングの方を進めました。
静岡ホビーショー会場で、水谷電気さんにお願いしてあったデカールの一部を受け取る
ことが出来ましたので、進めます。
IMG_8215_convert_20170518232853.jpg
予め、今週初めの頃にカーボンデカールを貼り、今日水谷電気さんが造ってくれた
“MICHELIN”のデカールを貼りました。
IMG_8211_convert_20170518232741.jpg
いつも通り素晴らしいクオリティーです。
僕は水谷電気さんの印刷してくれたデカールを貼る時、テンションが上がります。
IMG_8212_convert_20170518232759.jpg
いい感じでしょ(^^)
IMG_8213_convert_20170518232818.jpg
もちろん裏側も貼ります。
IMG_8214_convert_20170518232834.jpg
版下は僕が作ってデータをお渡ししたんですが、レイヤーをうまく分けれなかったので
水谷電気さんにいつもご苦労をお掛けしています・・・(^^;)
IMG_8210_convert_20170518232723.jpg
仮に組んでみました。
良い感じです!!
IMG_8209_convert_20170518232658.jpg
明日は、ウレタンクリアーを1コートしようかと考えています。。。
今日はこの辺で。

静岡ホビーショー 2017 レポート PartⅡ  

こんばんわ、今日もホビーショーレポートにお付き合いください。
まずはこちら!
IMG_8121_convert_20170515140120.jpg
『伝説のカーモデルコンテスト・・・』のメンバーである“Ichige”さんのマクラーレンです。
ご覧の通り、プラ板でボディーやその他の(主要な)部分を製作されており、非常に
“巧み”です。
IMG_8122_convert_20170515140135.jpg
プラ板の箱組み手法は、私のようなケミカル切削派からは、難しくて真似出来ません。
IMG_8119_convert_20170515140106.jpg
当然プラ板工作だけではなく、モノコックはアルミを使用。
IMG_8118_convert_20170515140050.jpg
その他沢山の小物部品も本物の造りに拘って再現されており、完成が楽しみな作品でした。
手法についていろいろ教えて頂き、大変勉強になりました。
IMG_8126_convert_20170515140231.jpg
続いては、この作品。
MFHさんの1/12Ferrariです。
IMG_8131_convert_20170515140300.jpg
とにかく素晴らしい仕上がりでした。
“赤”で製作されていないのが、僕の中で最高でしたね!
IMG_8128_convert_20170515140245.jpg
室内もクォリティーが高く、随所に見応えがある素晴らしい作品です。
IMG_8132_convert_20170515140315.jpg
トランク?内も再現されていて、燃料タンクがこの時代を感じさせてくれますね。
IMG_8135_convert_20170515140348.jpg
本日の最後はこちら!
とにかく“圧巻”でした。
最近は、展示方法(展示物)もいろいろになりましたが、中でも凄かったですね。
IMG_8136_convert_20170515140403.jpg
メカニカルな物が好きな人は『堪らない!』ですよね。
IMG_8137_convert_20170515140418.jpg
この“仮組み”の姿も存在感がスゴイです。
こんな作品が“其処此処”にある合同展示会・・・ホントもっと時間が欲しいです。
今日はこの辺で・・・

静岡ホビーショーに行って来ました。  

こんばんわ、先週の金曜日から昨日まで静岡ホビーショーに行ってまいりました。
一年に一度のモデラーの祭典という事で、本当に毎年すごい盛り上がりとエネルギーを
貰えました。
素晴らしい作品も見て、モチベーションを上げることが出来ました。
そんな素晴らしい作品のほんの一部ですがご紹介したいと思います。
個人的な趣味で選んだ作品ですので、よろしくお願いします。
IMG_8107_convert_20170515135917.jpg
まずは“鉄板”ですが、フェラーリ250GTOです。
ディテールも表面の艶もすごく綺麗でした。
IMG_8116_convert_20170515140035.jpg
これは、もう僕にとって“ド・ストライク”ですね!
IMG_8111_convert_20170515140004.jpg
素晴らしいでしょ。。。
IMG_8108_convert_20170515135933.jpg
これは驚きでした・・・面白いアプローチですよね。
IMG_8109_convert_20170515135947.jpg
木材は木目が厄介で、削る方向によっては“逆目”になり、良く切れる刃物でないと表面が荒れる
ので、本当に大変だと思います。
木目が欠けても色を塗ってないので樹脂を盛ったら見えてしまいますので・・・
大変です。
何気に凄いですね。
IMG_8113_convert_20170515140019.jpg
こちらは、親しくさせて頂いてる模型電動士さんのGTRです。
氏によれば完成まではもう少しだそうですが、現状でも充分見ごたえ有りでした!
IMG_8125_convert_20170515140203.jpg
こちらも親しくさせて頂いてるTomさんの作品です。
IMG_8204_convert_20170515141531.jpg
412T2は“ミュージアムコレクション”さんのキットです。
私も持っていますが、素晴らしい完成品を見させて頂いたので『もういいかな・・・』っていう
満足感で一杯です(笑)
IMG_8205_convert_20170515141551.jpg
帰ってきて箱を開けてみてしまいました。
Tomさん曰く、『このキットはプロポーションは弄ってない』とのことです。
そう聞くと造ってみたくなりますね・・・(悩)
仕上がりは本当に素晴らしかったです。
IMG_8168_convert_20170515140815.jpg
こちらも、知人の川原さんの作品です。
HPを始めて少ししたくらいに川原さんのすばらしい作品を知り、Linkをお願いして
親しくさせて頂いています。
ですが、実際一度も直接お会いしたことは無かったんですが、土曜日にTDMCの
ブースに来て頂いて、お話してくださいました。
第2会場の方に展示してしていると伺ったので、早速作品を直接拝見しました。
IMG_8169_convert_20170515140849.jpg
以前、Linkをお願いした時のM23やP34のクォリティーも素晴らしかったですが
この作品も本当にスゴイです。
“P34/2”も“ファンカー”も大好きなマシンですので、思わず見入ってしまいました。
IMG_8170_convert_20170515140915.jpg
70年代のマシンは個性豊かで、今見てもカッコイイですね。
IMG_8173_convert_20170515140936.jpg
本当に素晴らしい作品でした。
たくさん写真を撮って来たので、もう少しご紹介したいと思いますが、
今日はこの辺で。。。

明日から静岡ホビーショー!  

こんばんわ、明日から静岡ホビーショーです。
正確には、土日です。
年に一度の模型好きのお祭りで、本当にスゴイ作品が一堂に会して楽しめます。
お時間があれば、是非見に来てください。
私もTDMCのブースで展示させて頂きます。
お声掛け頂けると幸いです。
※今年は車関係の模型クラブが集結しての会場レイアウトみたいで、
親しくさせて頂いてるモデラーさんと隣だったり、背中合わせだったりと
いつも以上に近い状態ですので、それもまた楽しみです。
色々面白いお話を聞かせて頂けそうで。。。
因みに私は、
MP4-23とFW16BとA-2とMP4-19B(未完成)を持っていきます。
よろしくお願いします。

FW06 エンジンディスプレイ  

こんばんわ、今日はGW最終日です。
そして、来週末は静岡ホビーショーです。
MP4-19Bはデカール待ちは変わらず、なかなか進みませんが、
出来ているところまで、来て頂いた方に見て頂こうと思っています。
今日の更新はFW06のエンジン(DFV)をUPします。
IMG_0856_convert_20160128000539_convert_20160128002035.jpg
先回製作したアルミ板のバルクヘッドも使います。
まず、専用の展示台をベニヤ板(下)とケミカルウッドの角材(取り付け材)を造り、
艶貸し黒で塗装し、下板に黒のニーパン(毛材)を貼り、艤装。
それに組み立てたDFVを取り付けました。
※エンジンをバルクヘッドに取り付け、ベルクヘッドをネジで取り付け材に固定。
IMG_0857_convert_20160128000707_convert_20160128002111.jpg
ちょっと大き目の画像。
先日更新したエンジン小物部品(フューエルシステム)も取り付けました。※真鍮部品
IMG_0858_convert_20160128000746_convert_20160128002131.jpg
燃料ホースは手芸店で購入したビーズ用の透明ゴム線です。
これにミッチャクロンを塗り、クリアーオレンジで燃料を再現します。
まあまあ、良い感じです!
IMG_0862_convert_20160128000957_convert_20160128002303.jpg
ヘッドカバーはいったん艶消し黒で塗装し、タミヤウェザリングセットで汚します。
少し粉を吹いたような表面処理を施します。
※アップにすると荒が目立ちますね・・・
この後、展示台から外して、モノコックに取り付けます。
それはまた後日・・・
今日はこの辺で。。。

▲Page top