職業型師のF1工作部屋

MP4-23 アッパーカウル 小ウィング取り付け  

こんばんは、今日はカウルの小ウィングを取り付けます。
小ウィングは、以前製作しておりましたので、先週取り付けを行ってみたんですが、
例によって少しメッキ調塗装の色調が明るかったので、スモーク塗装で色調を合わせ直しました。
※Frノーズの色調補正の工程です。
IMG_7403_convert_20161029113024.jpg
少し解りにくいかもしれませんが、色調もほぼ合いました。
取り付けは、いつも通り裏側からネジ止めです。
IMG_7408_convert_20161029113135.jpg
こんな感じ。。。
1.4mmのネジで固定しています。
IMG_7410_convert_20161029113151.jpg
接着剤は使っていませんが、ガッチリ着いています。
IMG_7406_convert_20161029113103.jpg
左右とも固定します。
IMG_7407_convert_20161029113120.jpg
こんな感じ。。。
IMG_7412_convert_20161029113222.jpg
小物が付いてくると、それらしくなって来るので、テンション上がりますね!(^^)
IMG_7411_convert_20161029113206.jpg
今日は此処まで・・・
スポンサーサイト

MP4-23 カウル止めリベット製作   

こんにちは、滅多に無い“昼間”の更新です。
今日は、カウルのディテール(細かい)作業をします。
IMG_7395_convert_20161026235952.jpg
何をしている画像か解りませんよね・・・
0.8mmのアルミパイプをカッターで切断しています。
刃を当てて、コロコロ転がしながら切り目を入れていきます。
※真っ直ぐ、なるべく垂直に。。。
完全に切り離す手前で作業は止めます。
IMG_7397_convert_20161027000008.jpg
切り込み線の所でピンセットで摘んで・・・
※ピンセットが汚い・・・
IMG_7398_convert_20161027000030.jpg
『ポキッ・・』と、切り離します。
IMG_7399_convert_20161027000046.jpg
大体同じサイズ(長さ)にしたものを沢山造ります。
IMG_7401_convert_20161027000102.jpg
後はカウルの穴に慎重に入れて行き、裏側から接着剤を少量流し込み固定すれば
出来上がりです。

MP4-23 ホイールカバー製作  

こんばんは、今日はFrホイールカバーを仕上げます。
造形に関する改造は、何も行いません。
カーボンデカールを貼って、クリアーコート仕上げです。
IMG_7384_convert_20161026235739.jpg
改造はしませんが、サフを塗装して、ライトガンメタで上塗り後、カーボンデカールを貼ります。
IMG_7385_convert_20161026235757.jpg
“ライティング”状態なので、艶も色味も明るめですが、ホイールに付けると垂直面になるので
落ち着いた感じになります。
今日は此処まで。。。

MP4-23 アッパーカウル製作 デカール編   

こんばんは、今日はカウルにデカールを貼ります。
IMG_7366_convert_20161023000443.jpg
デカール貼り作業を少し始めたと所で、画像を撮ってない事に気がついて、途中からになります。
サイドポンツーンの上面は貼ってしまいました。
後、サイドポンツーンの側面ラインデカールと、インダクションカウルのデカールです。
IMG_7367_convert_20161023000504.jpg
いつも通りこんな感じの物を使います。
IMG_7368_convert_20161023000524.jpg
で、こちらは左側面用のデカールです。
IMG_7369_convert_20161023000544.jpg
こちらは右側面様。。。
この様に、予めデカールを揃えて置きます。
IMG_7373_convert_20161023000623.jpg
順次、貼って行きます。
IMG_7374_convert_20161023000648.jpg
デカールを貼っていると、いつもその大きさを感じさせてくれます。。。
何気に大変です。
IMG_7376_convert_20161023000728.jpg
大きいので、粗が見えてしまい本当に大変です。
IMG_7380_convert_20161023000825.jpg
やればやるほど、納得の行かない箇所が出てきて、凹んでしまいます。
IMG_7378_convert_20161023000806.jpg
メッキ調塗装のパーツも、後残り少しになりました。
もう少し頑張ります。
今日デカールを貼ったパーツは、来週ウレタンクリアーで仕上げです。

MP4-23 アッパーカウル製作 塗装編 Part2  

こんばんは、今日は残りの大物メッキ調塗装部品を塗装します。
IMG_7338_convert_20161020235937.jpg
サイドポンツーンアッパーカウルです。
先日、赤まで塗装した状態を更新しましたので、赤をマスキングして、黒塗装→ウレタンクリアー
→メッキ調塗装→マスキング剥がし→ウレタンクリアーの順で塗装しました。
IMG_7340_convert_20161020235954.jpg
何度やっても緊張感が続く嫌な工程です。。。
IMG_7344_convert_20161021000012.jpg
インダクションのカウルも同様に進めました。
IMG_7346_convert_20161021000028.jpg
お約束の“映り込み画像”が撮り難くて掲載していませんが、結構メッキ感があり、良い感じです。(^^)
IMG_7353_convert_20161021000044.jpg
早速取り付けて、様子を見ます。
IMG_7354_convert_20161021000102.jpg
“合い”について心配していましたが、“合わせ”をやって置いたおかげで『まあまあ・・・』でした。
IMG_7356_convert_20161021000118.jpg
こちらも『まあまあ・・・』です。(^^)
気にし始めたら、もう切りが無いのでこの辺でご勘弁状態です。
IMG_7360_convert_20161021000151.jpg
カウルの合いも、メッキ調に色合いも合ってる方だと思います(^^;)
IMG_7361_convert_20161021000208.jpg
大物のメッキ調塗装が終わり、少しホッとしています。
まだデカール貼り後のクリアーが残っていますが・・・
IMG_7365_convert_20161021000227.jpg
今週末は、デカール貼りですかね。。。頑張ろう!

MP4-23 アッパーカウル製作(塗装編 Part1)  

こんばんは、今日はサイドポンツーン アッパーカウルの製作を更新します。
形状の修正と、下地(サフ)までは終えていますので、いよいよ塗装です。
最初に“赤”の部分を塗装します。
まずは“赤”の位置決めです。
IMG_7311_convert_20161009233710.jpg
え~っと、黒く見えますが、透明の0.5mmプラ板です。
デカールのラインに合わせて透明プラ板を、カッターで切り出します。
※本当は透明で良かったんですが、ついついマジックで黒に縫っちゃいました。
IMG_7307_convert_20161009233619.jpg
カウル同士を合わせて、透明(黒)のゲージを位置合わせします。
IMG_7308_convert_20161009233636.jpg
そうしたら、ゲージの両線にケガキをします。
IMG_7310_convert_20161009233651.jpg
こんな感じ・・・
両方の線の中心付近を通る様に、マスキングテープを貼り、“赤”以外の所をマスキングし
ベースカラーの“白”を塗装し、上からいつものルミレッドを塗装します。
乾いたら、マスキングを剥がします。
IMG_7335_convert_20161013235601.jpg
こんな感じ・・・
IMG_7336_convert_20161013235624.jpg
そしていつも通りの“赤”の色味の確認です。
画像では、アッパーカウルの方の赤が明るめに見えていますが、ウレタンクリアーを塗装すると
赤の色味が濃くなるので、カウル同士の色味は揃ってくると思います。
もちろん反対側のカウルと、インダクションカウルも同様に“赤”の部分は塗装しました。
随時、メッキ調塗装まで進めて行きます。
今日はこの辺で・・・

オートモデラーの集いin静岡 Part6  

こんばんは、今日は“オー集in静岡”最終回です。
IMG_7290_convert_20161004000455.jpg
エブロさんのマクラーレンですね。
ホビーショーでもクラブの展示で完成品を幾つか見ましたが、こちらは凄く綺麗な仕上がりでした。
IMG_7291_convert_20161004000518.jpg
最近のF1はあまり詳しくないので、勘違いかもしれませんが、『他の作例って、モノコックのオレンジのラインがこんなに
後ろまで行っていたかな~・・・』と思って撮影しました。
どうなんだろ?実際の所は。。。
IMG_7295_convert_20161004000627.jpg
これ、“ブル310”ですよね。
しかも市販車とレース仕様!堪りません!!
IMG_7296_convert_20161004000644.jpg
シブ過ぎます(^^)
IMG_7301_convert_20161004000721.jpg
これは玄人好みの“極み”ですね。
IMG_7299_convert_20161004000703.jpg
これはもう『仕事をしています』と言う感じです。
IMG_7302_convert_20161004000746.jpg
ディテールも完璧です。
IMG_7304_convert_20161004000802.jpg
これは、私の好きなエリアのF1です。
1/20は最近造っていないので、改めて見ると少し小さく感じます。
1/12や1/8の造り過ぎで、感覚がおかしくなっているんでしょうね。。。
IMG_7305_convert_20161004000820.jpg
細かく綺麗な作品でした。
IMG_7258_convert_20161003235840.jpg
静岡と言う事で、最後はこの作品に閉めて頂きます。
沢山の素晴らしい作品を拝見しました。
ありがとうございました。

MP4-23 ボトムプレート製作  

こんばんは、今日はMP4-23のボトムプレートを製作します。
IMG_7312_convert_20161009233725.jpg
これですね。。。
まず、#120のペーパー(研磨紙)で縦(長て方向)にスジを入れていきます。
ペーパーには当てゴムをして、少し強めに押さえつけスジを入れます。
IMG_7314_convert_20161009233741.jpg
画像で少し解りにくいかもしれませんが、縦のスジが入りました。
次に、木目を入れていきます。
ボトムプレートは、合板(ベニヤ)だと思いますので、木目があるかどうかは?ですが、
個人的な好みで、木目を入れていきます。
スジを入れたボトムプレートに、グンゼさんのフラットクリアーをスプレーし、乾燥を待って
これで着色します。
IMG_7316_convert_20161009233757.jpg
やり方は“ウェザリング”と同じで、フラットブラウンを筆で塗り付け、ウエスで拭き取りながら
イメージする木目にして行きます。
IMG_7327_convert_20161009233811.jpg
こんな感じ・・・(^^)
IMG_7328_convert_20161009233828.jpg
メタル表現の所は、最終的に塗装しますので、今はこの状態でOKです!
IMG_7329_convert_20161009233843.jpg
まあまあイメージ通りになりました。
IMG_7330_convert_20161009233858.jpg
如何でしょう? 本目に見えますでしょうか?
IMG_7331_convert_20161009233913.jpg
裏側は、あえて何もしないで残しました。
IMG_7332_convert_20161009233929.jpg
ですので、表と裏ではこんな感じになります。。。
IMG_7334_convert_20161009233958.jpg
割とうまく行きました。(^^)
後は金属表現の部分をシルバーで塗装し、リベットは引き物の金属パーツで艤装します。
今日はこの辺で・・・

オートモデラーの集いin静岡 Part5  

こんばんは、オー集in静岡の模様、後2回ほど紹介します。
IMG_7277_convert_20161004000140.jpg
たまりませんね~(^^)マッスルカーは最高です!
特に60年代後半から、70年代前半のマッスルは今また高騰の一途を辿っています。
IMG_7281_convert_20161004000232.jpg
トランザムは中でも人気の高い車種で、今見てもカッコイイです!
ボンネット一面に火の鳥を描いたバージョンと、作例のようにストライプ+火の鳥という
カラーリングが有名で、後者の方ですね。。。
こちらも白いボディーのバージョンもあり、それも中々良いです。
IMG_7283_convert_20161004000308.jpg
いや~カッコイイです。(^^)
IMG_7279_convert_20161004000156.jpg
マッスルカーと言えば、これも外せません!
カマロ!最高ですね!
IMG_7282_convert_20161004000249.jpg
カマロは、ダークな配色も良いですが、オレンジ色のようなビビットな色も似合うので
様々な車両が日本でも生息しています。
モデルも素晴らしいです。
IMG_7284_convert_20161004000325.jpg
まっ、要りますよね(^^)
IMG_7285_convert_20161004000344.jpg
作者の熱意が伺えます。スゴイ!
IMG_7292_convert_20161004000535.jpg
これもまたメッチャ驚きでした。
とにかく見てください。
IMG_7293_convert_20161004000552.jpg
モデル造りが、『理路整然』と進んでいて、僕の行き当たりばったりのモデルつくりと対極に
ある感じでした。
エンジンルーム内の造形も、細かく丁寧な仕上がりで見ていて圧倒されます。
こういう作品を見させて頂くと、自分のモデルつくりの杜撰さが思い知らされます。。。
IMG_7294_convert_20161004000609.jpg
正直、地味な乗用車を選択してこの存在感を出せるのは、モデル造形力の高さ故だと思います。
今日はこの辺で。。。

オートモデラーの集いin静岡 Part4  

こんばんは、今日も続きを更新します。
IMG_7261_convert_20161003235916.jpg
この辺の年代のレースカーは、市販車のシルエットが色濃く残っているのと、
決してスポーツカーばかりがカッコイイ訳ではない事を雄弁に語ってくれますよね!
IMG_7262_convert_20161003235932.jpg
最高ですね!このモデルのチョイスも作者の“拘り”が感じ取れます・・・
IMG_7263_convert_20161003235948.jpg
これは何気に立ち止まらずには要られませんでした。。。
凄いです!
僕がスクラッチでF1を造り始めた約30年くらい前は、殆どスクラッチを見なかったんですが、
今はいろんな展示会で、凄い作品を見ることが出来て嬉しいです。
IMG_7264_convert_20161004000006.jpg
ポルシェのエンジン・・・中々造れませんよ。。。
IMG_7273_convert_20161004000053.jpg
昨日も白いGT-Rを載せましたが、やはり“鉄板ネタ”です。
IMG_7274_convert_20161004000108.jpg
もう、説明要りませんよね!究極です。
大好きです。
天才、奇才?ガンディーにの傑作です。
IMG_7276_convert_20161004000123.jpg
このモデルにもやられました。。。
02ですが、あえてターボでなく“ノーマル”を持ってくる辺り、“確信犯”ですね(^^)
IMG_7287_convert_20161004000418.jpg
そして“最新鋭”・・・しかもBMWカラーです。
IMG_7289_convert_20161004000436.jpg
この並びだと、こちらもやはり必要ですよね。
静岡、もう少し続きます。。。

▲Page top