職業型師のF1工作部屋

MP4-23 サイドポンツーン側面カウル製作  

こんばんは、今日はサイドポンツーンの側面カウルを製作していきます。
元々De社の製作手順では、いくつかに分割されていたパーツを一体にするべき所は
一体にして、進めます。
形状の合わせや、表面の仕上げは大体出来てますので、いよいよ塗装に入ります。
まずは、“赤”の部分からです。
IMG_7031_convert_20160827105410.jpg
“赤”はいつもの『ルミレッド』です。
境界線をマスキングして、下地に白を塗装し、その上からルミレッドを塗装します。
IMG_7032_convert_20160827105435.jpg
内側に少し色が漏れたりしていますが、この段階ではあまり気にせず、進めます。
※最終的にカウル内側は黒塗装します。
IMG_7033_convert_20160827105454.jpg
左右、こんな感じです。
IMG_7034_convert_20160827105510.jpg
“赤”の色合いの確認です。
ルミレッドと言う色がとても素晴らしいと思っている要因がこの画像です。
本来、赤の塗装は全部品そろえて、一度に塗装するのがセオリーとされています。
それが正解だと思うんですが、このルミレッドは(僕が行っているような)都度、塗装する
やり方でも、殆ど色ズレがありません。
『本当に凄いな~・・・』と、思ってしまいます。。。
IMG_7035_convert_20160827105531.jpg
良い塗料です!
来週は黒塗装 → ウレタンクリアー → メッキ調塗装 → ウレタンクリアー
→ デカール → ウレタンクリアー と進めていきます。
スポンサーサイト

MP4-23 給油口ユニット艤装  

こんばんは、今日はモノコックに(以前)完成させていた
給油口ユニットを固定します。
IMG_6475_convert_201604142312271.jpg
こちらと・・・
IMG_6474_convert_201604142311531.jpg
こちら。。。
IMG_7024_convert_20160826232424.jpg
最終的には多用途接着剤で補強しますが、とりえず瞬間接着剤(アロンアルファ)で
固定します。
部品の位置出しを行い、0.2mmのアルミの端材等で瞬間接着剤を流し込みます。
IMG_7026_convert_20160826232536.jpg
そうするとこんな感じ・・・
IMG_7027_convert_20160826232554.jpg
反対側。
これで(このパーツは)完成です。(^^)
もちろん固定後に、蓋パーツの位置も確認しました。
因みに、(余談ですが)瞬間接着剤を使う際にいつも困るのが、容器を立てておくのが
作業中意外と難しいです。
でもかと言って、横にしているとすぐに口元で固まって大変な事になるじゃないですか・・・
ですので、私はいつもこうしています・・・
IMG_7030_convert_20160826232616.jpg
本当に余談でした。。。
失礼しました(^^;)

MP4-23 コクピット内配線・Frサスペンション組み付け  

こんにちは、お盆休み最終日で、明日から仕事です。
長かった(様な?)お休みの最後に模型製作を進めます。
まずは、コクピット内に配線を(這わすのに)どの様に纏めるか考えてましたが、
このモデル、どこもクリアランスが非常にタイトなので考えても思いつかない中
以前(知人に)教えて頂いた方の製作記を参考にさせて頂こうと思います。
IMG_7006_convert_20160821151413.jpg
ケミカルウッドで、L=25mm W=10mm H=10mmの寸法で台座を製作します。
IMG_7007_convert_20160821151447.jpg
10個の(直径2mm)穴を開けます。
IMG_7009_convert_20160821151534.jpg
“黒サフ”で塗装します。
IMG_7010_convert_20160821151601.jpg
直径2mmの真鍮パイプを『カッター転がし切断』で大体同じくらいの長さに揃え、
10本切り出します。
IMG_7011_convert_20160821151629.jpg
真鍮パイプを穴に嵌め込んで行きます。
IMG_7012_convert_20160821151655.jpg
“配線用台座”完成です。
IMG_7014_convert_20160821151802.jpg
ペダルとステアリング機構の間に固定します。
IMG_7015_convert_20160821151826.jpg
配線は(この後、線の先端で)後方から持ってきた配線と継ぎ合わせていきます。
この後、コクピットの嵌め合わせに干渉しない様“要調整”です。
続いて、Frサスペンションも(アッパーとロアー)をネジ止めで組み付けます。
IMG_7018_convert_20160821151953.jpg
サスペンションは、すべてネジ止めで固定しています。
『いざ!』という時、すべて分解できる様にしておきます。
IMG_7019_convert_20160821152019.jpg
ステアリングロッドもカーボンデカール&ウレタンクリア仕上げが終わっていますので
こちらもネジで固定します。
IMG_7021_convert_20160821152107.jpg
こんな感じです・・・
IMG_7022_convert_20160821152135.jpg
“質感”も揃えて、良い感じ纏まった思います
IMG_7017_convert_20160821151925.jpg
左右、同じように組み付けました。
後は、モノコックを組み付ける際に取り付けて行きます。
今日はこの辺で。。。

フジミ模型のトヨタ アルテッツァ(クォリタート)  

こんにちは、今日はもう一つ“F1工作部屋”と言いながら違うものをUPします。
本当にほとんど造った事がない“1/24 カーモデル”です。
IMG_6998_convert_20160818112119.jpg
フジミ模型さんの“トヨタ アルテッツァ クォリタート”です。
当時、この車はすこし好きな車でした。
模型としては、もちろん普通のアルテッツァしかキットは無いので、“クォリタート”仕様
に改造しました。
IMG_7002_convert_20160818112253.jpg
ボディー周りは殆どキットのままです。
変えた所は、
①Fr.Rrのバンパー
②Frグリル(バンパーグリルも含)
③ヘッドランプ(アウターレンズ、エクステンション共に)
④サイドスポイラー(サイドマットガード)
⑤リヤスポイラー   です。
すべて、パーツはスクラッチです。
IMG_7000_convert_20160818112223.jpg
ヘッドランプはキットのランプに樹脂(パテ)を裏打ちし、1mmの透明プラ板を
ヒートプレスで成型し、裏面に線やパターンを彫りました。
ヘッドランプの中身(エクステンション)は自作!
それぞれのグリル部は金網で表現!フォグランプは汎用のランプを使用。
IMG_6995_convert_20160818112046.jpg
次にサイドスポイラー(マッドガード)です。
サイドのロッカー部にマスキングテープを貼り、そこに“モリモリ君”を盛り付け、
形状をいつもの様にノミと研磨紙(ペーパー)で形状を削りだします。
IMG_6999_convert_20160818112150.jpg
こんな感じです。。。
形状が出来たら、ボディーと一緒に塗装して、取り付けます。
IMG_7004_convert_20160818112323.jpg
リヤバンパーはこんな感じです。
こちらも金網を多用して表現。。。
マフラーはアルミパイプだったと思います。
IMG_7005_convert_20160818112358.jpg
最後にリヤスポイラー、こちらもトランク上面にマスキングテープを貼り、
“モリモリ君”を盛り付け、形状を削り出します。
取り付けは両面テープで着けています。
塗装については、“クォリタート”専用カラーの紺色ですが、調色しようかと思いましたが、
実車のタッチアップカラーをカー用品のお店で買ってきてピースコンで塗装し、
最後はウレタンクリアーを塗装しました。
内装は、無改造で専用色に塗装しました。
※専門外の工作ですので、どうかご容赦願いますね(^-^;)

MP4-23 ヘッドプロテクター製作 仕上げ編  

こんにちは、毎日“猛暑日”が続く日本列島・・・如何お過ごしでしょうか?
私の住んでる地域もメッチャ暑くて、お盆休みで模型製作を進めたい所ですが、
自分の部屋にはエアコンが無い為、昼間はとても神経を使う作業に集中できる環境
ではありません。。。
夜遅くに“扇風機全開”で進めておりますが、遅々として進みません。。。
少しずつの更新ですが、頑張ります。
さて、MP4-23のヘッドプロテクターを仕上げを行います。
IMG_6984_convert_20160818111709.jpg
以前造ったスポンジ(ウレタンフォーム)表現のケミカルウッドです。
IMG_6985_convert_20160818111752.jpg
このパーツの裏側に3mm厚のケミカルウッドを接着します。
IMG_6986_convert_20160818111819.jpg
画像の様にヘッドプロテクターの内外を指で押し広げながらパーツを
定位置に嵌るように入れて行きます。
IMG_6987_convert_20160818111849.jpg
嵌りました。。。
あえて接着は致しません。(段差をつける事で嵌っていますので接着しなくても大丈夫です)
IMG_6988_convert_20160818111921.jpg
こんな感じ・・・
IMG_6989_convert_20160818111952.jpg
残りの2パーツも同じ工程で嵌めて行きます。
IMG_6990_convert_20160818112020.jpg
これで、ヘッドプロテクターは完成です。。。
後は本体に組み付けるだけです!一個出来たーーーー(^0^)/

MP4-23 ノーズのリペイント。。。  

こんばんは、モノコックのメッキ調塗装の編で、ノーズとモノコックの明るさ(明度)が
合わない事について、修正しない方向で書きましたが、やはり気になります。
IMG_6419_convert_20160319152332.jpg
明度が明るいので、モノコックと合わせると明らかに違います。
いろいろ考えてとにかく(最悪は)“全面剥離”の“やり直し”覚悟で修正してみます。
修正方法としては、メッキ調塗装の部分に“スモーク”塗装をして明度を下げる方法です。
今回の修正は非常にデリケートな方法で行います。
まずはスモーク塗料を“調色”します。
調色には“MR COLOR”(グンゼ)さんの塗料を使います。
①No46 クリアー
②No2 ブラック
③No65 インディーブルー
④No67 パープル
の4色でスモーク塗料を造ります。
配合比は、①100ml : ②12ml : 2ml : 1.5ml 位の割合で混ぜ合わせて
これを1.5~1.8倍にシンナーで希釈します。(シャビシャビの状態です)
これをピースコンで塗出量を絞って吹き付けて行きます。
塗料の準備が出来ましたので、ノーズのマスキングです。
IMG_6967_convert_20160810231910.jpg
スモーク塗装で明度を下げたら最終的にはもう一度ウレタンクリアーデコーティングしますので
マスキングについては、“赤”色の所にスモーク塗装しない様にします。
画像の様に、赤いラインの箇所と、22のゼッケン、それとノーズの先端部分(諸々)デカールの箇所
にマスキングをして、メッキ調部分にスモークを塗装していきます。
※マスキング完成状態の画像が無くてスイマセン。。。(結構ラフな感じでです)
スモーク塗装は、塗出量を絞っているのと、スモーク塗料自体も『薄っすら暗めのクリアー』ですので
塗装中、塗れているのかどうか非常に解り難いため、横に白い紙を置き、スモーク塗装の
乗り具合を確認しながら行いました。
※とても作業中に画像の撮影をする余裕は無いです。スイマセン。。。
IMG_6968_convert_20160810231928.jpg
スモーク塗装で明度を落とした状態です。
いい感じに明度は落ちました。。。ですが、明度を落とすためにスモークを塗装したので彩度も一緒に
落ちてしまいます・・・(メッキ感が少し濁ると言う事です)
明度と彩度の両方の妥協点を探して、そこでスモーク塗装は止めます。
両方の妥協点で止めれたと思います。。。
IMG_6970_convert_20160810231946.jpg
モノコックと合わせてみるとこんな感じ・・・
IMG_6971_convert_20160810232004.jpg
完璧ではありませんが、かなり近づける事が出来ました。
IMG_6945_convert_20160808233632.jpg
もちろんこれも同じ様にスモーク塗装をしました。
スモーク塗装の乾燥を待って、ウレタンクリアーで仕上げます。
IMG_6973_convert_20160811233055.jpg
ウレタンクリアーも硬化しましたので、また組み付けます。
IMG_6974_convert_20160811233119.jpg
修正後はこんな感じです。
IMG_6419_convert_20160319152332.jpg
修正前。
明確に違いが出せたと思いますが如何でしょう?
IMG_6978_convert_20160811233153.jpg
モノコックと合わせてみます。
IMG_6976_convert_20160811233137.jpg
狙ったクォリティーまで持っていくことが出来ました。。。
懸案事項に一つの答えが出せた事と、今後のメッキ調塗装のパーツの色調合わせの方法に
目処が付けれた事が本当に大きな収穫でした。。。
とは言え、“ダメもと”覚悟で始めた修正なので、単なる偶然で本当にラッキーでした。

MP4-23 ステアリングロッド製作  

こんばんは、今日はステアリングロッド製作の続きをUPします。
IMG_6952_convert_20160810231829.jpg
先回、針金をケミカルウッドに埋め込み、溝にパテを盛った所まで行いましたので
パテの硬化を待って、サスの断面に削りました。
その後、表面のペーパー傷を整えるのに“黒サフェーサー”を使いました。
※“黒サフ”にしたのは、次の工程の“ライトガンメタ”を塗装した際に
塗装状態の確認が(通常のサフより)見やすい感じがしたからです。
黒サフが乾燥したら、600#のペーパーで研磨し、“ライトガンメタ”を塗装します。
※ライトガンメタはタミヤさんの缶スプレーです。
IMG_6953_convert_20160810231850.jpg
“ライトガンメタ”が充分乾燥したら、久しぶりに自作カーボンデカールを貼ります。
自作のカーボンデカールを印刷した ファインモールド さんの透明デカールは非常に薄く
貼り易い上に、乾燥も速いので半日程乾燥させた後にウレタンクリアーを塗装しました。
IMG_6983_convert_20160812230433.jpg
満足いく仕上がりです。
これで、Frサスはいつでも組める状態になりました。
近々に組み付けつけたいと思います。

MP4-23 ペダル艤装  

こんにちは、今日は細かな部品を取り付けていきます。
まずは、ペダルです。
以前、ペダル単体は製作しておりますので、いよいよモノコックへの
取り付けを行います。
De社の説明図ではモノコック床の定位置に多用途接着剤で接着する事が
推奨されてますが、ペダル自体ダイキャスト製で接着に不向きな上、
その重量ゆえに少しの衝撃で取れてしまう事が懸念される為、少し
取り付け方法に工夫を施しました。
IMG_6954_convert_20160810180359.jpg
日頃から、DIYショップで極小ネジを購入して、直径毎にネジを保管していますので
その中から、今回は“直径1.4mm・長さ2.5mmのネジを使用します。
IMG_6955_convert_20160810180447.jpg
ダイキャストのペダルは非常に硬く大変なんですが、1.4mmのタップでネジ穴を加工します。
そして、ネジを締めて確認します。
IMG_6956_convert_20160810180531.jpg
モノコックの底面にも、もちろん穴を開けてあります。
※裏面、結構手抜き感がありますね・・・(恥)
IMG_6957_convert_20160810180611.jpg
固定はネジ止めにしたんですが、やはり完成後は修正できませんので、“念には念”です。
多用途接着剤を使います。
IMG_6959_convert_20160810180645.jpg
このように“De社”の部品が入っていた透明パックは非常に重宝します。
多用途接着剤や樹脂(パテ)を拡販するのに便利に使えます。
IMG_6961_convert_20160810180741.jpg
ペダルの接着面に多用途接着剤を塗り、画像の様に持ち手で固定しながら
ネジで固定します。
IMG_6962_convert_20160810180806.jpg
取り付くとこんな感じです。
IMG_6963_convert_20160810180831.jpg
別角度から・・・
IMG_6964_convert_20160810180857.jpg
ついでに、モノコック先端の部品も取り付けてみました。
※こちらはまだ仮付けです。。。(接着はしていません!)
IMG_6966_convert_20160810180955.jpg
ペダルはモデル完成後もこの部分から見る事ができます・・・ほとんど見ることは無いと思いますが(^^;)

MP4-23 Frサス周り&ステアリングロッド製作  

こんばんは、今日はステアリングロッドの製作をします。
このキット、何故だかステアリングロッドはただの針金です。。。(^^;)
ですので、仕方なくサスペンション風に仕立てようと思います。
まずは、いつものケミカルウッドで、幅4mm・厚さ3mm・長さ80mmくらいの板を造り、
先程のステアリングロッド風針金を埋め込む溝を掘ります。
IMG_6940_convert_20160808233443.jpg
溝が掘れたら、長さを30mmに切断し、左右2本分とします。
そこに針金を埋め込み(瞬間接着剤で固定)掘った溝に樹脂を盛り付けます。
IMG_6941_convert_20160808233503.jpg
画像は表側と裏側です。。。
そしてこれをサスペンションアームの断面に削ります。(この作業は明日やります)
ついでに、モノコックに開いている“Frアッパーサス”用の穴を確認します。
度重なる塗装で必ず穴は小さくなっていますので、必要ならば開け直しておきます。
今回も予想通り、小さく塞がっていましたので、慎重に開け直してFrアッパーサスをこちらも
慎重に差込み“合い”を確認していきます。
IMG_6949_convert_20160808233747.jpg
左側はうまく入りました。(^^)
続いて右側です。
IMG_6950_convert_20160808233804.jpg
両方、うまく入り、一安心です。
IMG_6947_convert_20160808233711.jpg
Frサスなど部品単体で造り込んでいる時は、結構達成感が無いんですが、こうして一つずつ部品を組むと
テンションがあがりますね・・・(とは言えまだ仮組みですけど)
IMG_6951_convert_20160808233823.jpg
今回のモデルは艶に拘りますので、サスも艶を出してあります。

MP4-23 モノコック仕上げ編 PartⅠ  

こんにちは、今日はモノコックの仕上げ編をUPします。
先回更新時の“メッキ調塗装”からいよいよデカール貼りと仕上げのクリアー塗装を行いました。
IMG_6939.jpg
別角度から・・・
IMG_6923.jpg
これだけ大きな面積のデカールは(あまり)貼った事がないので、意外と位置あわせと
傾きの確認が微妙に難しかったです。(^^;)
IMG_6938.jpg
中でも、このラインデカールが部品に絡んでいて(別デカールの)貼り合わせなので、中々合わず
結構(赤を)タッチアップしたり等、細かい所が気に入らない仕上がりになってしまいました。。。(悲)
IMG_6935.jpg
フィンの付け根はまだ良かったんですが、バックミラーの付け根は泣きそうでした(合わなくて・・・)
IMG_6924.jpg
部品の合いも確認します。
まずは、ヘッドプロテクターです。
問題無く嵌りました。良かった・・・(^^)
IMG_6925.jpg
次に、モノコック先端のカバー部品です。
こちらも問題無く嵌りました。良かった・・・PartⅡ(^^)
IMG_6921.jpg
アンダーシャシにも無事に収まりました。
メッキ調塗装とカーボン柄は合いますね!カッコイイです。!!
IMG_6918.jpg
コクピットも合わせてみます。
少し、どこかに抵抗感がありながらですが、一応嵌ります。
今後、調整が必要かもしれません・・・(^^;)
IMG_6916.jpg
フロントの方も少し“キツイ”感じがありますね。
IMG_6912.jpg
ラジエターもなんとなく“収まり”を確認します。
IMG_6911.jpg
なんとなく、他のパーツとの間にクリアランスが確保出来ていそうで、今後その都度調整で
乗り切れそうです。。。
今日は此処まで・・・
組み立ても進めながら、まだ手付かずのパーツも頑張って仕上げて行きたいと思います!!
遅い歩みですが、よろしくお付き合いください。

▲Page top