職業型師のF1工作部屋

BT45 エンジン周り製作 Part ⑧  

こんばんは。
今朝、大阪北部にて地震に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだライフライン等の復旧には、時間もかかる所もあるようで、本当に一刻も早い復旧を
願っております。
今日は、造形を進める気力がありませんでしたので、後々試してみたい事の前捌きを行っています。
1/12で始めて造る“フラット12”エンジンですので、予てから挑戦したかった機械類のウェザリングに
挑戦します。
とはいえ、何の経験値も待たない状態ですので、ジャンクのエンジン(DFV)にてトライします。
IMG_9516_convert_20180618232046.jpg
ウェザリングは本当に初めて行いますので、手探りです。
まず缶スプレーのシルバーを塗装し、2日くらい乾燥させました。
そこに、タミヤエナメルカラーの“レッドブラウン”と“セミグロスブラック”を7:3くらい混ぜたものを
10倍くらいのエナメルシンナーで希釈した塗料を筆で塗って行きました。
IMG_9517_convert_20180618232102.jpg
立体のモールドに少し堪る感じになる様、ラフに塗って行きました。
IMG_9520_convert_20180618232118.jpg
少し汚い(汚れた)感じにします。
ですが、F1エンジンなので(この後いろいろ試しますが)汚れているような感じというより、
立体感を出す様な(シャドウを効かせる)感じに仕上げていけるといいなと思っています。
IMG_9522_convert_20180618232132.jpg
今は、全体に塗装しつつ、乾燥後凸部をエナメルシンナーで拭き取り陰影を強調するように
して行きます。
IMG_9523_convert_20180618232146.jpg
ある意味、“油絵”の世界観ですかね・・・
油絵描いたこと無いのでどうしようか迷っています。。。
どなたか、ウェザリングのコツを教えて頂けると幸いです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

BT45 エンジン周り製作 Part ⑦  

こんばんは、最近週末は飲み会続きでBlogが進みません。
ホビーショーのレポートもまだ掲載しますが、今日はBT45の作業を少し・・・
IMG_9493_convert_20180531231850.jpg
エンジン上面に取り付く小物部品を造っていますが、なかなか進みません。
少し造ってみては、気に入らないのでやり直したりと・・・全然モチベーションが上がらないので
困っています。
とりあえずは進めてみました。
ジャンク部品を組み合わせたり、WAVEさんの汎用パーツを組み合わせたり、プラ棒を着けてみたり
いろいろやっております。
IMG_9494_convert_20180531231904.jpg
エンジン上面はリブが立っていたりするので、座面をプラ板で製作してピアノ線を入れて組み付ける際の
位置合わせにしたりしています。
IMG_9495_convert_20180531231919.jpg
エンジン上面にも、ピアノ線が入る位置に穴あけを行います。
IMG_9501_convert_20180606161208.jpg
単体で製作中の部品類を、それぞれの取り付け位置に置いてみました。
IMG_9502_convert_20180606161225.jpg
サフェーサーは吹いてあります。
捨てサフなので、とりあえずSoft99の缶スプレータイプです。
IMG_9503_convert_20180606161239.jpg
上面の資料があまり無いので、雰囲気重視の再現です。
IMG_9504_convert_20180606161254.jpg
ギヤボックスを取り付けて、位置関係などバランスもチェックです。
IMG_9505_convert_20180606161310.jpg
個々の部品の形状や大きさ等は正確ではありません。
此処は楽しみながら造ります。
IMG_9506_convert_20180606161324.jpg
MP4/19Bではエンジン・ギヤボックスは再現しませんでしたので、久しぶりにメカニカルな所を
造ると大変ですね。
IMG_9507_convert_20180606161344.jpg
大体再現できましたが、後は細かい部品になるので、仕上げ工程で艤装して行きます。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ⑥  

こんばんは、今日もBT45のエンジン周りを進めます。
IMG_9483_convert_20180531231635.jpg
12気筒エンジンの上部には様々な補機類が付きますので、それを少しずつ製作していきます。
この様にジャンクパーツの中から使えそうな物を拾ってきて改造していきます。
IMG_9484_convert_20180531231651.jpg
画像を見ながら、当時使われているパーツを確認しながら、少しずつ手を加えて行きます。
IMG_9485_convert_20180531231707.jpg
グレーの部分はジャンクパーツで、白い部分がプラ板で製作しています。
IMG_9486_convert_20180531231720.jpg
いろんなパーツを組み合わせながら、形状も近づけて行き、また確認です。
プラのパーツはリブの表現とかですが、まだ仕上げてません。
IMG_9487_convert_20180531231733.jpg
それぞれ取り付く位置に配置しながら、様子を見ます。
IMG_9489_convert_20180531231748.jpg
大きさや位置のバランスがとても重要なので、何度も確認です。
IMG_9490_convert_20180531231806.jpg
今日はこの辺で。。。
まだまだ続きます。

BT45 エンジン周り製作 Part ⑤  

こんばんは、今日もBT45のエンジン周りを製作します。
今日はこれ!
IMG_9461_convert_20180527000539.jpg
プラ板で、ショックアブソーバーを取り付ける金具(樹脂ですが・・・)を製作しました。
1mm厚のプラ板で製作。
IMG_9462_convert_20180527000638.jpg
プラ板を取り付ける箇所を1mm段落とし状に削り落とします。
IMG_9463_convert_20180527000658.jpg
取り付けると、こんな感じです。
IMG_9464_convert_20180527000715.jpg
反対側からです。(^^)
IMG_9465_convert_20180527000729.jpg
ギヤボックスに取り付けて“大きさ”等の確認です。
IMG_9467_convert_20180527000802.jpg
車両後方からも確認です。
なんとなく良さそうなので、後は造りこんでいく際に細かい処理を行います。
IMG_9471_convert_20180527000902.jpg
次は、これを使っての製作になります。。。
何に取り掛かるかは、明日以降で紹介します。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ④  

こんばんは、今日はBT45のエンジン周りの製作です。
IMG_9453_convert_20180525001825.jpg
まず、この様な部品の自作から始めます。
IMG_9454_convert_20180525001840.jpg
反対側からです。
ギヤボックスの上に付くパーツで、Rrの足回りの基部になるパーツです。
いつもの様にケミカルウッドの削り出しですが、パイプはアルミパイプを埋め込みました。
どの様に取り付くパーツかというと・・・
IMG_9455_convert_20180525001854.jpg
こんな感じです。(^^)
IMG_9456_convert_20180525001908.jpg
別角度から見るとこんな感じです。
ギヤボックスの形状に、それとなく(バッチリではなく)合わせてあります。
IMG_9457_convert_20180525001920.jpg
エンジンブロックの後端面も形状を変えて行きます。
ケミカルウッドで工作します。
この後、モールドの追加も行う予定です。(^^)
IMG_9458_convert_20180525001934.jpg
とりあえず組み付けて見ました・・・
IMG_9459_convert_20180525001949.jpg
前方から見るとこんな感じ・・・
IMG_9460_convert_20180525002002.jpg
真上から・・・
大体良い感じです(^^)
この後は、Rrサスのショックアブソーバーを付けるフランジパーツや、アブソーバーを
製作していきます。
今日はこの辺で。

▲Page top