FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 エンジン周り製作 Part⑳  

こんばんは、また大型の台風が日本列島を縦断する形で進んでおります。
東海地方は、まだ今の所は風も雨も大丈夫な状態ですが、今後の進路には充分警戒が必要です。
明日は、静岡オートモデラーの集いが開催されますが、天候によっては欠席させて頂く事になりそうです。
さて、今日も昨日の続きです。
IMG_9968_convert_20180929180330.jpg
以前製作した“ファンネルプレート”を塗装します。
金色は、調色しました。
赤味が弱い金色が好みなので。
調色が出来たら、ピースコンで塗装します。
乾燥を待って、タミヤエナメル塗料でウェザリングを行いました。
IMG_9969_convert_20180929180347.jpg
単調な色合いに立体感を付けます。
まあまあです(^^)
IMG_9970_convert_20180929180403.jpg
エアファンネルも白サフから本塗装をしました。
こちらは少し黄白色にしたかったので、白に黄色を少量混ぜ、更に少し黒を入れて調色しました。
色がイメージ通りになったら、艶消し剤を30%くらい入れて、艶消しにします。
そしたら、金属パーツを接着して行きます。
金属パーツは、ミッチャクロンを塗装しクリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜた物を塗装しました。
IMG_9971_convert_20180929180418.jpg
こんな感じです。
もう少しディテールに拘り、細かい工作をするべきなんでしょうが、この辺でやめておきます。
IMG_9972_convert_20180929180435.jpg
反対側からです。
IMG_9973_convert_20180929180455.jpg
先程のプレートの差し込み合わせてみます。
IMG_9974_convert_20180929180512.jpg
こんな感じです。
IMG_9976_convert_20180929180526.jpg
まあまあ良い感じです。(^^)
IMG_9977_convert_20180929180540.jpg
仮合わせを何度か行い、確認後に接着しました。
IMG_9978_convert_20180929180554.jpg
接着は、裏側の穴に瞬間接着剤を(注意深く)少量流し込み接着します。
IMG_9979_convert_20180929182336.jpg
エンジンに取り付けてみました。
IMG_9980_convert_20180929182354.jpg
良い感じです。
IMG_9981_convert_20180929182408.jpg
ファンネル自体はこの後少しウェザリングします。
IMG_9982_convert_20180929182421.jpg
まだ細かな調整は必要ですが、最初のフィッティングにしてはまあまあです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

BT45 エンジン周り製作 Part ⑲  

こんばんは、今日も東海地方は雨から晴れと言う天気でした。
夜になると、急に温度が下がる感じで、少し肌寒いです。
風邪を引かないようにいないといけませんね。
さて今日も昨日の続きで、エアファンネル周りを工作します。
ここ数日、エアファンネルパーツをやり直していました。
IMG_9958_convert_20180926160554.jpg
お解り頂けますか?違いが。。。
そうなんです。以前のファンネルよりかなり短くしました。
IMG_9935_convert_20180918193923.jpg
因みにこれが以前のファンネルです。
長いですよね。
工作し始めたダクトのパーツを考えていると、ファンネルが少し長い感じがして、
進めていく内にやはり長さが長いと判断!
削ることにしました。
4割ほど長さをカットし、当然金具を入れる穴も開け直しです。
IMG_9959_convert_20180926160613.jpg
こんな感じ・・・(^^)
IMG_9960_convert_20180926160631.jpg
12個すべて改造しました。
台座のパーツに乗せてみます。
良い感じです。
IMG_9961_convert_20180926160649.jpg
これからは合わせながらの工作になりますので、組み付ける物は仮固定しておきます。
IMG_9962_convert_20180926160704.jpg
エンジンは下からネジで固定。
IMG_9963_convert_20180926160719.jpg
ダクトパーツも、同じく下からネジで固定します。
IMG_9964_convert_20180926160734.jpg
準備完了です。(^^)
IMG_9965_convert_20180926160748.jpg
台座とファンネルを“仮”に合わせてみます。
穴を開けていますので、差し込み式で填めてあります。
※ファンネルは最終的に白になりますので、サフェーサーも“白サフ”を使いました。
IMG_9966_convert_20180926160802.jpg
まだ最初の“様子見”ですので、浮き等で不揃いですが、細かい所は気にせず進めます。
IMG_9967_convert_20180926160816.jpg
まずまずな感じだと思います。
これから細かく位置や角度と言った所を、確認しながらダクトの工作に繋げて行きます。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ⑱  

こんばんは、今日は久しぶりに有休を頂き、昼間からモデル造りをしております。
最近更新が出来ず困っておりましたが、やっと少し進めました。
エアファンネル付近の工作を続けます。
IMG_9945_convert_20180926160250.jpg
エアインテークがサイドに付いていて、そこからエアーを送り込むダクトがあるので、それを始めます。
ボディーパーツでは一番厄介なパーツ製作に突入です。(^^;)
まず、1mm厚のプラ板をファンネル6個並んだ寸法で加工します。
IMG_9946_convert_20180926160311.jpg
次に、周りの薄い枠のパーツを造るのに、0.3mm厚のプラ板を短冊に切り出します。
幅は、大体です。
IMG_9947_convert_20180926160329.jpg
2本切り出しました。
IMG_9948_convert_20180926160344.jpg
短冊を当てゴムの上で丸棒を押し付け“癖”を付けます。
※ドライバーのシャフト部で自然に曲がる様、何度か押し付けます。
IMG_9949_convert_20180926160401.jpg
柔らかく自然に曲がりが効いたら。
IMG_9950_convert_20180926160416.jpg
プラ材専用の流し込み接着剤を用意します。
IMG_9953_convert_20180926160432.jpg
今、曲げて癖付けたプラ板の短冊を、最初に造ったファンネルカバーのプラ板の外形形状に沿わせます。
良い感じで馴染んでくれています。
IMG_9955_convert_20180926160505.jpg
そうしたら、流し込み接着剤を本当に少しずつ曲線部分に流し込んで行きます。
※流し込み接着剤は、溶剤系なのか一度の沢山流し込むと、プラ板が簡単に割れてしまいます。
2度程曲線部で失敗しました。
IMG_9954_convert_20180926160451.jpg
曲線部が接着できたら直線部を接着します。
※直線部は余計なテンションが掛からない為、流し込み接着剤はあまり気を使わず着けて行きます。
IMG_9956_convert_20180926160520.jpg
反対側も同じ様に行い、中央部近くで合わせて接着します。
これは、2個必要なので、1個接着したら、もう1個の方を進めて接着の強度が増すのを待って
先に片側を接着した方の反対側を接着します。
IMG_9957_convert_20180926160536.jpg
2個とも出来ました。(^^)
この後、裏面にケミカルウッドの薄板を接着し、ファンネルカバーの形状に削ります。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ⑰  

こんばんは、また雨が続きそうな東海地方です。
今日も昨日の続きです。
なんか“BT45の・・・”というより、“今日の工作!”見たいな感じになりつつありますね。
今日は昨日の0.5mmのプラ板で造った短冊でモールドを仕上げました。
IMG_9942_convert_20180920203301.jpg
地味に大変でした(^^;)
でも流し込み接着剤のおかげで、楽しい工作でもあります。
IMG_9943_convert_20180920203317.jpg
一気に左右分を造りました。
IMG_9944_convert_20180920203330.jpg
少しずつ、パーツが揃ってき始めましたので、テンションも少しずつ上がります。
明日はファンネルを進める予定です。
今日はこの辺で。

BT45 エンジン周り製作 Part ⑯  

こんばんは、今日もBT45のエンジン周りを製作します。
エアファンネルのプレート部です。
IMG_9936_convert_20180919190223.jpg
0.3mmのプラ板を3mm径のポンチで〇に切り出します。
この場合(私は)ポンチをハンマーで打ち付けるのでは無く、プラ板の上で押し付けながら回転させます。
そうすると“押し切り”見たいに切り出しが(簡単に)出来ます。
この〇を15個くらい造ります。
IMG_9937_convert_20180919190241.jpg
次に同じプラ板から1mm弱くらいの幅の短冊を造ります。
適当な本数造ります。
これは後で使います。
IMG_9938_convert_20180919190308.jpg
そうしたら、ジャンクパーツから持ってきたファンネルプレートに、先程造った〇を(ファンネルを取り付ける位置に)
接着します。
流し込み接着剤で位置を確認しながら慎重に。
IMG_9939_convert_20180919190325.jpg
〇が固定できたら、先程の短冊をリブの様な意匠に見える様、接着して行きます。
IMG_9940_convert_20180919190339.jpg
こんな感じ・・・
IMG_9941_convert_20180919190355.jpg
形状を合わせながらの地味に大変な作業です。
今日はここまでで、明日も頑張ります。(^^;)
今日はこの辺で。

▲Page top