FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 燃料タンク製作 Part ①  

こんにちは。
BT45の製作記は、一貫性も無くあちこちに着手するパターンになって参りました。。。
とは言え、私の場合いつもの事なんですが(^^;)
今日は、燃料タンクの辺りを少し進めます。
ほぼすべての箇所のパーツを、予め外寸でだけでも製作しておき
バランス合わせをやる事が、後々のトラブル防止に繋がりますので、意外と重要です。
フルスクラッチに関してだけ言える事かも知れません。
※半分は気分転換も兼ねてますけど(笑)
IMG_9572_convert_20180627232249.jpg
使用するのは、1mm厚のプラ板です。
有名なBlog 『模型とあれやこれ』 の ploverbellさんの作例をいつも楽しく拝見させて頂いている事で
最近は、私もプラ板工作の楽しさに填まりつつあります。
ケミカルウッドとABS樹脂板を主に使い製作を続けてきましたが、プラ板も良いですね!
IMG_9573_convert_20180627232304.jpg
これが何か解り難いかと思いますが、燃料タンクです。
もちろん最終的には、表面にアルミ板を貼って行こうと思いますので、所謂 “芯” です。
それと、実際のタンクではないので、見える方向だけの再現にします。
※全部造っても良いんですが、最終的には固定しますので。
L字に組み、流し込み接着剤で固定しました。
補強の意味で、プラ板の“梁”も追加しておきます。
これがどうなるかと言うと・・・
IMG_9571_convert_20180627232229.jpg
こうなります(^^)
解り難いですね。
IMG_9575_convert_20180627232333.jpg
シャーシ裏側から見ると、こんな感じです。
IMG_9576_convert_20180627232348.jpg
反対側です。
IMG_9580_convert_20180627232444.jpg
両方付けてみた感じが、こんな感じです。
IMG_9577_convert_20180627232402.jpg
上方から見ると・・・
IMG_9578_convert_20180627232417.jpg
エンジンとGボックスを付けてみました。
バランス的には、良い感じです。
Rrアップライトに向けてトーションバー等、複数のバー類が通りますので、このくらいのクリアランスが
必要です。
第1段階としては、『まずまず・・・』と言う感じです。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

▲Page top