FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 ロールバー製作 Part③  

こんばんは、今日はBT45のロールバーの続きです。
形状は先日製作しましたので、塗装です。
先回のロールバー同様に行いました。
DSC_0806_convert_20190413002226.jpg
黒サフ → 缶スプレーのクリアー → メッキシルバーNEXT → ウレタンクリアーです。
DSC_0805_convert_20190413002209.jpg
輝度感は少し落ちましたが、アルミの様な素材感が出ました。
DSC_0798_convert_20190413002022.jpg
やり直して正解でした。(^^)
良い感じです。
今日はこの辺で
スポンサーサイト

BT45 ロールバー製作 Part②  

こんばんは。今日もBT45のロールバー製作の続きです。
先日、造り直したロールバーのポリパテを盛った箇所を成形して、サフを塗装しました。
DSC_BM0792_convert_20190408232748.jpg
やはり、こちらの方がイメージに近いので、このまま進めます。
DSC_BM0793_convert_20190408232806.jpg
TAMIYA模型さんのプラ丸棒は、不思議です。
これといって熱を加えたわけでもないのに、折れずに曲がります・・・
そのおかげでできたんですが、不思議です。
DSC_BM0795_convert_20190408232822.jpg
取り付け位置に置いてみても、『良い感じ』です。
DSC_BM0796_convert_20190408232834.jpg
ほぼ、イメージ通りです。
DSC_BM0797_convert_20190408232848.jpg
Frカウルが付くと、こんな感じです。
DSC_BM0798_convert_20190408232903.jpg
はい。
DSC_BM0799_convert_20190408232920.jpg
Rrカウルも付けてみました。
DSC_BM0800_convert_20190408232935.jpg
まだ微調整は必要ですが、かなり気に入っています。
今日はこの辺で。

BT45 ロールバー製作 Part①  

こんばんは、今日はBT45のロールバーを製作します。
DFVのエキパイを切り貼りし製作しました(^^)
DSC_BM0775_convert_20190406234140.jpg
塗装は、黒サフ → 缶スプレーのクリアー → メッキシルバーNEXT → ウレタンクリアーです。
DSC_BM0776_convert_20190406234157.jpg
質感良く仕上げたつもりでした。
DSC_BM0777_convert_20190406234214.jpg
合わせも行い・・・
DSC_BM0778_convert_20190406234229.jpg
良い感じにフィットした所を眺めていたら・・・
どうもロールバー自体の直径が大きい気がして、一度気になるとどうしてもそこに目が行くので
せっかく時間を掛けて造ったけど、やり直すことにしました。
DSC_BM0780_convert_20190406234247.jpg
今度は直径2mmのプラ丸棒を曲げながら製作。
DSC_BM0782_convert_20190406234300.jpg
それぞれをプラ用流し込み接着剤で接着して行きます。
DSC_BM0783_convert_20190406234319.jpg
ビフォー・アフターです。
DSC_BM0784_convert_20190406234336.jpg
新しい方がしっくり来るので、明日からまた仕上げと合わせと塗装です・・・
頑張ります。
今日はこの辺で。

BT45 オイルクーラー製作  

こんばんは、今日はオイルクーラーを取り付けます。
先日塗装して、仮付けまで行いましたので、今日は取り付けます。
DSC_BM0773_convert_20190312232352.jpg
先回の写真とあまり変わり栄えしない感じですが、一応オイルクーラー自体もウェザリング塗装を
行い、随分変わっています(^^;)
DSC_BM0774_convert_20190312232409.jpg
ホースジョイントはキットの形状を残して、シルバーを塗装後にクリアーブルーを塗装してあります。
DSC_BM0775_convert_20190312232423.jpg
結局、オイルクーラーは接着したくなかったので、(見にくいですが)極小ネジでネジ止めしてあります。
外そうと思えば、いつでも外せる様に・・・
今日はこの辺で。

BT45 スクリーン製作 Part①  

こんばんは、今日のBT45は少し気分を変えてエンジン周りから離れた所を工作しました。
DSC_0775_convert_20190308233257.jpg
所謂、ウィンドゥスクリーンです。
奥にあるのが、キットのパーツです。
今回造るに当たって、いろいろな方法を考えました。
一番良くやるのが、型を製作して塩ビ板をヒートプレスする方法です。
しかし今回は以前からチャレンジしてみたかった方法で製作してみました。
途中の画像をなくてスイマセン。。。
キットのクリアパーツを流用し、下の端末にアクリル板を瞬間接着剤で接着し延長した後、
後方に延ばしながら、上の線も延ばして成形しました。
うまく行くかどうか若干不安でしたが、接着面も殆ど解らず強度もバッチリです(^^)
画像の様に、奥のキットのパーツはスモークの色合いがグリーン系でしかも薄いですので
実車の画像を見ながら、黒系(黄色の色味を感じる)スモークになる様、裏面から
重ねて塗装しました。
かなり良い感じになりました。(^^)
DSC_0776_convert_20190308233319.jpg
モノコックカウルに合わせて見ます。
DSC_0777_convert_20190308233335.jpg
思った以上に良い感じになりました!
最近エンジン周りの工作続きだったので、良い気分転換になりました(^^)
今日はこの辺で。

▲Page top