FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 Rrウィング製作 Part②  

こんばんは、今日は素晴らしい秋晴れに恵まれた東海地方でした。
そんな中、BT45はRrウィングのスティを工作します。
IMG_BM0060_convert_20181023154354.jpg
以前、BT44Bはステイが2枚でしたので、それをセンターの1枚に変更し、形状も変更しました。
画像は変更後です。
そしてテールエンドランプの工作に“WAVE”さんの汎用〇プラパーツを流用しました。
ランプ本体の表現は、ケミカルウッドを接着し形状を削り出しました。
IMG_BM0061_convert_20181023154420.jpg
汎用〇プラパーツ・・・非常に便利です。
この後、更に汎用のランプ用クリアーパーツで工作するつもりです。
IMG_BM0063_convert_20181023154437.jpg
形状的には気に入っているんですが、ランプ用の配線が何処から出て何処に繋がっているのか資料が
乏しいので解らず困っています。
もう少し探して再現したいと思います。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

BT45 Rrウィング製作 Part②  

こんばんは、今日も朝夕はめっきり気温が上がらない感じの東海地方です。
特に夜は愛犬との散歩に薄手の上着が必要に感じるくらいです。
BT45の製作は、Rrウィングの続きです。
IMG_BM0022_convert_20181012164706.jpg
突然ですが、こんな物を造りました。
Rrウィングの位置出しの治具です。
白いパーツはプラ板(1mm)です。
間に挟んでいるケミカルウッドは、この前製作したMP4-19BのRrウィングを造った時の治具です。
再利用ですね。
IMG_BM0025_convert_20181012164756.jpg
プラ板の内側にRrウィングの翼端板を当てて外形線を罫書き、そこにケミカルウッドの薄板を
瞬間接着剤で、点着けしました。
翼端板が乗っかる様にです。
IMG_BM0023_convert_20181012164724.jpg
こんな感じです。
IMG_BM0024_convert_20181012164741.jpg
外側も一応こんな造作がしてあります。
とにかく垂直・水平等々が肝心なので・・・(^^)
IMG_BM0026_convert_20181012164810.jpg
台座のケミカルウッドと左右のプラ板は両面テープで固定しています。
※また次のモデルでも小改造で再利用できると思いますので。
治具としてはまずまずですので、Rrウィングを乗せてみます。
IMG_BM0021_convert_20181012164644.jpg
こんな感じです。
良い感じに位置が出ます。
IMG_BM0028_convert_20181012164825.jpg
少し本体との関係を確認します。
IMG_BM0029_convert_20181012164839.jpg
こう言う地道な確認は嫌いじゃないです。(笑)
いつもそうですが、フルスクラッチってこう言う作業の繰り返しが全工程の半分くらいです。
IMG_BM0030_convert_20181012164854.jpg
タイヤとの関係もついでに見ておきます。
IMG_BM0031_convert_20181012164930.jpg
前後左右、斜めからとありとあらゆる角度から違和感の無いことを確認します。
明日は、Rrウィングを(更に)正確な位置に置いての造形を進めます。
今日はこの辺で。

BT45 Rrウィング製作 Part①  

こんばんは、今日は朝すごく晴れてて、午後雨が降る変な天気でした。
明日以降、東海地方も秋が深まるとの事で、季節の移り変わりが実感できる様になるんでしょうか。
今日は、BT45のRrウィングを製作します。
IMG_BM0010_convert_20181010234136.jpg
手持ちに少ない資料しか無いので、十分確認ができているとは言えませんが、Rrウィングの形状は
BT44Bの物とほぼ近い様に思えます。
ですので、基本BT44BのRrウィングを改造しようと思います。
ここまでの仮組みは、まずメインのウィングが上下2パーだったので、接着します。
後のパーツはそれぞれでしたので、仮組みしました。
翼端板とメインのウィングを“ダボ式”だったので同じ位置にネジ穴を開け直してネジ止め出来る様に
しました。
IMG_BM0011_convert_20181010234204.jpg
こんな感じです。
IMG_BM0016_convert_20181010234318.jpg
ネジの頭が少し埋まるように“座繰り”をしてあります。
上のウィングは、キットのままの“ダボ式”です。
IMG_BM0012_convert_20181010234219.jpg
裏は、こんな感じです。
BT44Bと大きく違う点は、ウィングスティが2本なのに対し、BT45は1本なのでウィング裏面の取り付け
位置の加工をやり直しました。
従来の2本様のスティ取り付け様の切り欠きは1mm厚のプラ板を填め込み、流し込み接着剤で溶着します。
接着できたら、一般面に合わせる様に削ります。
IMG_BM0014_convert_20181010234247.jpg
こんな感じです。
次にセンター部に新たな1本様スティの取り付けの切り欠きを掘ります。
IMG_BM0015_convert_20181010234304.jpg
良い感じです。
IMG_BM0017_convert_20181010234333.jpg
次にスティの方を加工します。
キットのステイを、内外逆に合わせて接着します。
IMG_BM0018_convert_20181010234348.jpg
内外逆にした事で、センターが隙間になりますので、1.5mmくらいのプラ板を挟んで
流し込み接着剤で溶着します。
接着が充分固まったら、挟んだプラ板を基のキットのパーツの形状に合わせて加工します。
IMG_BM0019_convert_20181010234442.jpg
一度合わせてみます。
良い感じです。
IMG_BM0020_convert_20181010234404.jpg
大体イメージ通りに進めれています。
ウィングステーのギアボックスへの取り付けの構造構築と加工は、もう少し後にやります。
今日はこの辺で。

▲Page top