職業型師のF1工作部屋

1983年 リジェです。  

今日はもう一つ!
1/12のモデルを随時UPしておりますが、、元々は1/20でスクラッチを始めましたので、色々あります。
そちらも不定期にUPして行こうと思います。
まず、こちらから・・・
1983年、ブラバムBT52(BT52B)がチャンピオンを取った年に、戦っていた“Ligier”です。
IMG_5741.jpg
制作方法はいつも通り“図面”を手描きで描き、ボディー部とウイングはケミカルウッドで製作、サスペンションは
ABS樹脂板(1mm)で製作しています。
IMG_5740.jpg
このモデルは、一応“プロポーションモデル”ですが、ボディーカウルの裏側を、極力削り、DFVを入れてあります。
IMG_5733.jpg
このマシン左右非対称で、アンダー周りが非常に形を把握しにくいマシンでした。
造形するのが、結構難しかったです。
IMG_5739.jpg
反対側です。
結構というか、“全然”左右で違います。
IMG_5736.jpg
もう一つ、このマシンのもっとも特徴的なの箇所は“Rrウイング”です。
ご覧のように大小“W”ウイングで、これも(翼形状をしているので)ケミカルウッドで削り出しましたが、
アルミ風にしたかったので、キッチンアルミテープを貼りました。
IMG_5732.jpg
サイドポンツーンの無い、細身のモノコックを造形する際に非常にバランス取りが難しい断面で
コクピットの開口形状が、中々納得できる形状になりませんでした。
IMG_5731.jpg
ノーズの断面も何とも言えない形です。
形状的に正解かどうかは解りませんが、僕にはこんな形に見えました。
IMG_5730.jpg
如何でしょう?
因みにデカールはすべて起こしました。
この様に、どちらと言うと“マイナー”なマシンを製作してきましたので、今後UPしていく完成品も
その傾向が強いです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

▲Page top