職業型師のF1工作部屋

お色直し!  

こんばんわ、今日はDELTAのお話です。
2006年に運命の出会いで “Lancia Delta Blue Lagos”を購入して
11年になります。
94年式と言う事もあり、ボンネットが熱害で塗装が傷み、どうにもならなくなったので
2年ほど前に、再塗装。
それから、ルーフ周り(ルーフ・サイドルーフレール・リアスポイラー・バックドア上部)が
雨と直射日光で傷みが激しくなってきて、専門ショップの塗装職人さんにまた塗装をお願い
しようとしたんですが、以前ボンネットを塗装して頂いた時に『中々スケジュールが・・・』と
言われていたので、いつになるかわからない状況でした。
そこで、いつも懇意にしている近くの塗装屋さん(若いのに物凄く腕が良いんです)に
話をしてみたら『色番号解るので、経年変化に調整するだけですからやれますよ・・・多分』
と言う返事。
早速Deltaを見せに行った所、『全然大丈夫です』と言う答え。
元々、普段使いの国産車の修理やコーティングで、お世話になっていて、本当に
腕が良いのは解っていたので頼んでみました。
約10日間預けて、ルーフ周りの塗装をしてもらい・・・ジャン!!
DSC_0372_convert_20170622231620.jpg
新車時を軽く越えています(^^)
DSC_0375_convert_20170622231703.jpg
反対側から!
驚きのクォリティーです。
00130001_convert_20170622231601.jpg
下地もクリアーもハゲハゲだったアルミ製リアスポイラーもこの通り!
DSC_0373_convert_20170622231648.jpg
これはクォーターピラーですが、結局ルーフ周りに“再塗装した感”を出したくなかったので
クォーターピラーの部分でルーフとボディーの塗装の違和感を調和させるそうです。
彼の言うとおり “全く境など解りません・・・”(^^)
年齢と腕の良さは比例しないと言う事ですね。
画像では、全く伝えきれないですが、本当に素晴らしいです。
DSC_0377_convert_20170622231722.jpg
このクォリティーで塗装代金70.000円代です。
驚き以外何者でもありません。。。
これでまたDeltaに乗るのが更に楽しみになりました。
※これからの季節、唯一Deltaの欠点のエアコンの効きが今一つな事を除けば・・・
今日はこの辺で。
スポンサーサイト

▲Page top