職業型師のF1工作部屋

MP4-19B エキゾーストパイプ取り付け PartⅡ  

こんばんは、今日は遅くまで作業が出来ませんでしたので、スジボリの様な神経を使う作業は
やめて、部品同士の組み立てを進めました。
エキゾーストカバーとパイプを組み立てます。
IMG_7890_convert_20170125112412.jpg
以前、部品の構造と合わせの方法はこんな感じに製作しましたので、塗装後は画像の掘り込んだ箇所に
エポキシ系接着剤を塗り、パイプのパーツの台座部分を固定します。
エポキシ系接着剤は今回 “5分間硬化”タイプです。
“1分間硬化”タイプで固定しようかと迷いましたが、やはり片方づつ確認(位置調正)しながら固定したかった
ので、“5分間硬化”タイプにしました。
IMG_8407_convert_20170815235304.jpg
こんな感じです。
IMG_8406_convert_20170815235248.jpg
別角度からです。
部品に寄り過ぎてピントが合ってませんね・・・(^^;)
IMG_8405_convert_20170815235227.jpg
左右とも固定完了です。
エキゾーストの“焼け”ですが、やはり今回も無しで行きます。
※個人的に“焼け”があまり好きでないので。。。
今日の作業はこの辺で・・・

話は変わりますが、カーボンデカールは(個人的に)STUDIO27さんの物が、非常に使いやすい
と思っているんですが、中々入手が困難になり、今後どうするか考えていました。
で、たまたま立ち寄った所で、これを見つけましたので早速購入してきました。
IMG_8382_convert_20170808232028.jpg
タミヤ模型さんが出されたカーボンデカールです。
柄は“綾織り”です。
IMG_8384_convert_20170808232107.jpg
近い内に試してみようと思います。
感想はその時に。。。
スポンサーサイト

MP4-19B エキゾーストパイプ塗装仕上げ  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのエキゾーストパイプを塗装します。
いろいろ悩んだ結果、金属っぽく仕上げたかったので、久しぶりにモトクロームを塗装しました。
下地に“黒サフェーサー”を塗装し、乾燥後ウレタンクリアーでコーティング。
ウレタンを一日乾燥させ、モトクロームを塗装し、また一日乾燥させ、ウレタンクリアーを塗装します。
IMG_8362_convert_20170730233016.jpg
こんな感じです。
IMG_8363_convert_20170730233042.jpg
先端(後端?)しか見えませんが、一応全面モトクロームで塗装します。
IMG_8364_convert_20170730233058.jpg
かなり輝度感がありますので、金属みたいです。
IMG_8365_convert_20170730233114.jpg
部品同士を合わせてみました。
IMG_8366_convert_20170730233129.jpg
まだ固定はしていません。
IMG_8367_convert_20170730233144.jpg
焼け色表現をするかしないかを思案中です。。。
個人的には、金属調が好きなのでこのまま焼き色をいれずに進めると思います。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B エキゾーストパーツ製作PartⅣ  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのエキゾーストパーツを更新します。
先日、カーボンデカールを貼り、半艶クリアーを塗装する所まで行ってましたので
半艶クリアーを塗装しました。
画像で見てみると、艶感が“7分艶”くらいな感じがします。
サスペンションを塗装した際の配合比より、少し艶消し剤の量を減らします。
そして塗装後、乾燥したら、仕上げの細工を施します。
IMG_8334_convert_20170719234224.jpg
0.6mmのアルミパイプを使います。
IMG_8335_convert_20170719234253.jpg
アルミパイプを任意の長さにカッターでコロコロ転がして切断します。
※De社の “MP4-23製作記”でカウルの工作の時の作業と同じ作業です。
約20本ほど造ったらピンセットで、予め開けてある穴に差し込み固定して行きます。
IMG_8338_convert_20170719234321.jpg
細いので、少し力を入れすぎると簡単に曲がってしまう為、慎重に進めます。
これをすべての穴に差し込めたら、サラサラタイプの瞬間接着剤を、
これも余分な所に付けない様に慎重に流し込みます。
IMG_8339_convert_20170719234338.jpg
出来ました。(^^)
IMG_8340_convert_20170719234416.jpg
反対側も同じ作業を行います。
IMG_8341_convert_20170719234432.jpg
こんな感じです。
アルミパイプはあえて細い物を使いました。
あまり主張しないくらいが、かえって効果的かなと思います。
IMG_8343_convert_20170719234502.jpg
実際ボディーにつけてみます。。。
IMG_8342_convert_20170719234447.jpg
良い感じです(^^)
今日はこの辺で・・・

MP4-19B オンボードカメラ Part2  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのオンボードカメラ カーボンデカール貼りを
更新します。
IMG_8235_convert_20170530201227.jpg
先日、下地処理が終えたパーツに“下塗り”としてガンメタを塗装しましたので
今日はカーボンデカールを貼って行きます
使うのはいつものSTUDIO27さんのカーボンデカールです。
馴染みが良いので助かります。
IMG_8237_convert_20170530201246.jpg
とは言え、一枚では貼らず、真ん中と左右の3枚に分けて、部位毎に貼って行きます。
マークセッターを使い、大きい面で着けておき、その後マークソフターを併用し貼って行きます。
IMG_8238_convert_20170530201301.jpg
裏もこんな感じで・・・
裏は殆ど見えませんが、一応全面貼ります。
この後、乾燥させ“半艶クリアー”を塗装します。
IMG_8245_convert_20170530201400.jpg
ちょっと付けてみました。
良い感じです(^^)
IMG_8249_convert_20170530201414.jpg
ライコネンのオンボードカメラは、カーボンのままです。
蛍光の赤があるのはクルザードの車ですので、このまま半艶クリアーで仕上げます。
今日はこの辺で・・・

MP4-19B エキゾーストパーツ製作PartⅡ&オンボードカメラ  

こんばんわ、今日はエキゾーストパーツとオンボードカメラも進めます。
IMG_8076_convert_20170426155620.jpg
先日製作したオンボードカメラです。
色はサスに塗装した色です。
ライコネン仕様のオンボードカメラに“蛍光赤”はありません。
基本この色にカーボンデカールで仕上げます。
IMG_8077_convert_20170426155637.jpg
次にエキゾーストパーツにも同じ塗装を行います。
このパーツ、カーボンデカールを貼るのが大変そうなので、試行としてカーボンデカールを
貼り始めてみました。
IMG_8078_convert_20170426155655.jpg
丸い部分ですが、そこそこ手強いです。
使用したのはSTUDIOさんのカーボンデカールです。
曲面も馴染んでくれるデカールですが、それでもまあまあ難しいです。
※私が不器用なだけかもしれません(笑
IMG_8079_convert_20170426155709.jpg
今日はこの辺で・・・

▲Page top