職業型師のF1工作部屋

MP4-19B エアロパーツ取り付け  

こんばんは、今日はMP4-19BのFrサス周辺のパーツを取り付けます。
IMG_8605_convert_20171011153449.jpg
このパーツです。
少し前にパーツとしては完成してましたので、モノコックに取り付けました。
0.5mmのピアノ線を差し込む工作をしてありますので、位置は出ます。
後は接地面にエポキシ系(5分間)接着剤を薄く塗付して、固着するまで
押さえておきます。
IMG_8606_convert_20171011153506.jpg
横からです。
水平をしっかり確認しながら、固着するまで押さえて待ちます。
IMG_8607_convert_20171011153522.jpg
良い感じです。(^^)
IMG_8609_convert_20171011153549.jpg
最終的に強度が必要な箇所は、いつもエポキシ系の接着剤を使います。
IMG_8608_convert_20171011153535.jpg
反対側も同様に固定します。
こう言うパーツは、必ず片方づつ固着が確認できてから反対側の作業をします。
エポキシ系の接着剤を、その都度練らなくてはなりませんが、手間を惜しまず
確実に進めます。
このパーツを接着しましたが、Frサスはもう少し後で組んでいきます。
今日はこの辺で・・・
スポンサーサイト

MP4-19B バージボード&ディフレクター製作  

こんばんわ、今日はMP4-19Bのエアロパーツの仕上げを更新します。
IMG_8043_convert_20170416235906.jpg
まずはこのパーツ!複雑な形状で、手加工による削りだしに苦労したパーツですが、
ガンメタに塗装しました。
IMG_8044_convert_20170416235932.jpg
ウレタンクリアーも希釈率25%で1コート塗装し、部分的にカーボンデカールを貼り
更に2コート(中研ぎを入れて)行いました。
IMG_8046_convert_20170416235950.jpg
なんだかよく解んない画像になってしまいました。
ガンメタの色味と粒子感を写したかったんですが。。。
IMG_8047_convert_20170417000005.jpg
無理やり光を当てて粒子感を際立たせました。
普通に見ると、こんなにギラギラはしていません。
IMG_8049_convert_20170417000021.jpg
次はこのウイングです。
これも同じ様に塗装してあります。
カーボン処理を施す箇所が無い為、サクサク進めます。
IMG_8051_convert_20170417000038.jpg
これも同様に、光を過度に当てています。
IMG_8052_convert_20170417000054.jpg
バージボードも仕上げます。
IMG_8055_convert_20170417000143.jpg
部分的にカーボンデカールを貼ります。
IMG_8054_convert_20170417000126.jpg
底面の板は全面カーボンデカールです。
IMG_8053_convert_20170417000110.jpg
拡大です。
“West”デカールがまだできてきませんが、ホビーショーまで時間がありませんので、
仕上げれる所までは何とか頑張ろうと思っています。
今日はこの辺で・・・

MP4-19B 空力パーツやバージボード、その他  

こんにちは、今年になって会社の中での立場が、また管理職になってしまい
いろいろ不慣れな中で業務に追われ、1ヶ月間走り続けてきたら、先週くらいから
疲れのせいか風邪を引いて、体調が優れず(会社は休めないので)帰ってきたら
ご飯食べて、風呂に入ったら寝る毎日でした。。。
昨日くらいから(まだ本調子には程遠いんですが)何とか少し元気になりましたので
Blogを書き込みます。
MP4-19Bは、小物の製作をします。
IMG_4188.jpg
パーツ名が解りませんが、マクラーレンの場合これが無いとFrロアアームが取り付きません。
この空力パーツのアームを左右から貫通するようにロアアームが取り付けられます。
IMG_4187.jpg
これも製作途中の画像がなくてスイマセン。。。
ケミカルウッドの“無垢からの削りだし”です!
少し削っては、形状を考えながら進めました。
左右の対象(逆の形の同じ物)を作るのが大変な部品ばかりです。
IMG_4195.jpg
バージボードも同じくケミカルウッドの無垢から削りだしです。
底部の整流板は 0.3mmのアルミ板を切り出してつけました。
IMG_7807_convert_20170114225634.jpg
ケミカルウッド“無垢からの削りだし”第3弾はカメラです。。。
カメラは何年もほぼ形状が変わりませんので、造る際に割りとささっと造れます。
IMG_7811_convert_20170114225721.jpg
本体に、差し込み用の洋白線を2本入れておきます。
※1本だと位置合わせや、接着時に回転して余分な所に接着剤が付いてしまう等の
トラブルが起きますので。。。(過去の経験者は語る・・・笑)
今日はbこの辺で・・・

▲Page top