職業型師のF1工作部屋

MP4-19B Rrウィング部品製作  

こんにちわ、今日は有休を頂いて、午前中用事を済ませて先程から
少しモデル造りを進めてます。
今日は残っていた作業のRrウィングセパレーターを製作します。
作業方法としては、以前MP4-23製作時に、不注意で無くしてしまい
自作した際の造り方と同じです。
材料はタミヤ模型さんの1mmのプラ板を削り出しで制作しました。
IMG_8484_convert_20170911162435.jpg
実は3個目です。
ゲージから1mmプラ板を切り出して成形後、ウレタンクリアーを塗装したら、分厚くなってしまい
やり直し!!
2個目も、希釈したウレタンクリアーを塗装したのにまだ分厚くて・・・
悩んだんですが、白いプラ板を利用して磨いてみました。
仕上げのコンパウンドまで数種類のペーパーを使い、幾重の工程を重ねて
やっとピカピカになりました。
今回はこの方法を試して、また引き出しが一つ増えましたが、塗装してませんので、
今後、経年変化を慎重にウォッチして行きます。
IMG_8485_convert_20170911162451.jpg
固定は、セパレーター部品の底面にエポキシ系接着剤(5分間硬化タイプ)を慎重に
極少塗り、位置に保持して硬化を待ちました。
IMG_8486_convert_20170911162507.jpg
如何でしょうか?
結構、試行錯誤を繰り返した割には、そんなに目立たない部品です。
IMG_8487_convert_20170911162522.jpg
この角度の方がセパレーターの形状が良く解るでしょうか(^^)
これで、Frウィングに続き、Rrウィングも終えることが出来ました。
後は本体に取り付けるまで、保管です。
今日はこの辺で。。。
スポンサーサイト

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅧ  

こんばんは、残暑厳しい折、如何お過ごしでしょうか?
昨日から、夏季連休に入りました。
お盆休みというのは、帰省や旅行でどこも混雑するので苦手です。
モデル造りもこの暑さでなかなか進みません。
少しだけなにかやろうと思いましたが、確認だけになりました(汗)
Rrウィングのアンダーウィングを合わせて見ました。IMG_8378_convert_20170808231857.jpg
心配していましたが、全然合いました。(嬉)
もちろん固定はしていません・・・スクラッチは合わせる工程がとにかく多いです。
IMG_8379_convert_20170808231927.jpg
因みにアンダーウィングは、横からネジ止めが出来るほどウィング自体に厚みが無い為、
ピアノ線の位置決めになります。
ですので、最終的には接着剤での固定になります。
IMG_8380_convert_20170808231946.jpg
正面から見るとこんな感じです。
IMG_8381_convert_20170808232005.jpg
ウィングは水平、直角が一番重要なのでボディーにアンダーウィングを固定して、直角・水平を
治具で確認しながら固定しようと思います。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅦ  

こんばんわ、今日はMP4-19BのRrウィングを進めます。
IMG_8223_convert_20170520104031.jpg
前回の更新ではここまででしたので、いよいよ最終のデカールを貼って行きます。(^^)
IMG_8368_convert_20170804235109.jpg
いつも素晴らしいクォリティーのデカールを印刷して頂いている“水谷電気”さんから届きました
“West”デカールです。
こちらも言うに及ばず、素晴らしいデカールです。
早速、ラッカークリアーを砂吹きし、乾燥後いよいよ貼り付けて行きます。
途中(作業中)の画像がありません・・・スイマセン。
手順としては、以下のとおりです。
①デカールの版下(イラレ)データを普通紙に印刷します。
②普通紙のWest文字を切り出し、ウィングの定位置に合わせてウィングの形状に切り出し、型紙にします。
③普通紙のWest文字(型紙)を、デカールのWest文字に合わせて、デカール側を切り出します。
④2段のウィングそれぞれにWest文字を貼って行きます。
今までが、ウィング上面の工程で、同じ工程でウィング下向き面のWestデカールも
それぞれのウィング形状に合わせて切り出します。
⑤ウィング下向き面のWest文字デカールも貼り付けます。
⑥Westデカールを(2日間)乾燥させたら、ウレタンクリアーで軽くコーティング。
⑦1日乾燥後、1200#のペーパーで研ぎ出し、シンナー25%で希釈したウレタンクリアーで
仕上げコートをします。
IMG_8369_convert_20170804235128.jpg
こんな感じになります。(^^)
IMG_8371_convert_20170804235145.jpg
上下2段のウィング下段のWest文字下部分は、版下の普通紙West文字に合わせて切り出しますが、
貼り付ける際は、ウィングを仮組みし、上段のWest文字の切れている位置に合わせて貼ります。
IMG_8372_convert_20170804235202.jpg
この位置合わせが、地味に大変でした。。。
中々合わないんですよ(^^;)
IMG_8373_convert_20170804235219.jpg
ウィング下向き面のWestデカールの位置合わせは更に大変でした。
下段のウィングが、メインで見えるので、文字の見切り(分割)線がゴマカシ効かない状態なので。
IMG_8376_convert_20170804235235.jpg
別角度から・・・
大変でしたが、これで前後のウィングの目処が立ちました・・・良かった×2
Westカラーのマクラーレンは、絶対必要ですよね。
カッコイイです(^^)
今日はこの辺で・・・

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅥ  

こんばんわ、今日はMP4-19BのRrアンダーウィングに、ウレタンクリアーを
塗装しました。
IMG_8226_convert_20170524232541.jpg
ウレタンクリアーは膜厚が着くので、画像のような填め合わせの箇所には
本来不向きです。
ので、いつもウレタンクリアー(主剤)に対し、硬化剤25% シンナー30%の割合で
塗装します。
そうすると、このように填まります。(^^)
IMG_8229_convert_20170524232602.jpg
実際には“艶感”がありすぎですが、暫く様子を見ます。
多分シンナー分30%が痩せて行き、もう少し落ち着いてくると思います。
IMG_8232_convert_20170524232619.jpg
それでもあまり“艶”が落ちなかったら、ウレタンの半艶クリアーを軽く塗装します。
今日はこの辺で・・・

MP4-19B Rrウィング製作 PartⅤ  

こんにちは、今日はお昼間モデリングです。
先日、Rrアンダーウィングにカーボンデカールと、ミシュランマークのデカールを
貼り、ウレタンクリアーを塗装しようと思いましたが、Rrウィングを組み付けて
確認します。
IMG_8223_convert_20170520104031.jpg
本体にも仮組みします。
IMG_8218_convert_20170520103911.jpg
翼端板とメインウィングは(当初)接着しようと思っていましたが、ネジ止めにします。
元々洋白線の穴がありますので、少し穴を大きくしネジ用に変えました。
IMG_8220_convert_20170520103943.jpg
そのおかげで、“しっかり”しました。
IMG_8222_convert_20170520104014.jpg
バランスも『まずまず・・・』です。(^^)
IMG_8221_convert_20170520103959.jpg
後ろからの感じもほぼ狙い通りに出来ました。
後は、“West”デカールが出来てくるとRrウィングは目処が立ちますね。。。
今日はこの辺で。。。

▲Page top