職業型師のF1工作部屋

MP4-19B サスペンションアーム製作   

こんばんは、今日はMP4-19Bのサスペンションアームを更新します。
IMG_7814_convert_20170114231637.jpg
まずこれですが、モデルを造る際に角にRをつける時に使う“Rゲージ”を真似て
1mm厚の鉄板で治具を造ってみました。
※丸い所の形状は、丸い鑢で削りました。
次に、サスペンションアームは1.5mm厚のABS樹脂板を使います。
IMG_7816_convert_20170114231658.jpg
この様にカッターで幅一定に切り出します。。。
IMG_7817_convert_20170114231716.jpg
次に、小型バイスに3mm圧のケミカルウッドの端材を挟み込んで、その上j面に両面テープで
ABS樹脂板を固定します。
IMG_7819_convert_20170114231748.jpg
固定したら、先程の鉄板で丸い断面になる様に削って行きます。
IMG_7820_convert_20170114231815.jpg
別角度から。。。
丸い断面になったら、ABS樹脂板を裏返して、反対側の面も丸断面に削り、上下でサスアームの
断面になる様に削ります。
この作業を、結構な本数行い、次は組み合わせてサスアームにして行きます。
IMG_3987.jpg
この様な断面にします。
そうしたら、MP4-19Bの図面上で断面にしたABS樹脂板を組み合わせ、接着して行きます。
※実車の画像とかも参考にしながら行います。
これはRrサスアームです。
IMG_3989.jpg
接着部は、強度の確保とR付けを兼ねて、“プラリペア”で凹Rをつけておきます。
IMG_3988.jpg
アップライトとの接合部は、後で形状を造形するので、少し伸ばしたまま置いておきます。
IMG_3991.jpg
こちらもRrサスアームです。
同様に、図面上で合わせて凹Rはプラリペアで造形して行きます。
※接着は瞬間接着剤を使用します。
IMG_3993.jpg
左右分できました。
IMG_3970.jpg
こちらは、Frアッパーサスアームです。
これは一番特長的な形状をしておりまして、基本的には先程の丸断面ABS樹脂板を
使っておりますが、ケミカルウッドで追加工作してあります。
IMG_3995.jpg
これも左右造りました。
こんな感じで、Frロアサスアームも造りました。
IMG_3994.jpg
こちらも追加工作が必要でした。。。
IMG_3997.jpg
Frサスアーム一式です。
IMG_4177.jpg
こちらはRrサスアーム一式。。。
後は、ボディーとタイヤの位置関係をセットした状態で長さを合わせて行きます。
トーションバーやドライブシャフトも製作しますが、
今日はこの辺で・・・

スポンサーサイト

▲Page top