FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

2017 オートモデラーの集い PartⅥ  

こんばんは、『オートモデラー集い』の、素晴らしい作品をご紹介するのは今日で完結です。
IMG_8823_convert_20171122231017.jpg
アメリカンなピックアップです。
何回かアメリカの方へ出張させて頂いて、デザインモデルを現地で製作してきた際に
いろんな所で、こんな感じのトラックを見ました。
IMG_8824_convert_20171122231036.jpg
良い感じに『ヤレて』いて、それでいて姿が良いんですよ・・・不思議でしたね。
アメリカの車文化の懐の深さなんでしょうか。
IMG_8834_convert_20171122231306.jpg
ちょっとピントが。。。(悲)
これはまた真逆で、美しい塗装が印象的なピックアップです。
IMG_8833_convert_20171122231251.jpg
どちらも良いですよね!
こう言う楽しみ方が出来る所も、あまり細かい所に拘らない“アメリカン”な所なのかもしれません
※それにしてもピントが・・・(^^;)
IMG_8826_convert_20171122231112.jpg
もう一台!これもアメリカの象徴と言うべき“キャンディーカラー”でペイントされたカスタムカー
ですね。
この様な色って、カリフォルニアの太陽光の下で見ると本当に綺麗なんです。
作品も凄く綺麗な塗装でした。
IMG_8827_convert_20171122231130.jpg
キャンディーカラーではないんですが、個人的には結構刺さりました!
MARKⅡですよ。
丸目の! 好きですねこの形。
IMG_8828_convert_20171122231054.jpg
車種選択も含めて、『最高!』です。
IMG_8829_convert_20171122231159.jpg
こちらも、ありえないくらいの“ローダウン”とダメージ塗装。
元色の選択センスも素晴らしいです。
IMG_8830_convert_20171122231215.jpg
最後に正統派のBIKEモデルを発見!
シンプルな造りに、より“手仕事”を感じます。
シックな色合いで纏めた全体の印象に、Frアームの“赤”が一段と効いてますね。
IMG_8831_convert_20171122231231.jpg
こちらはエンジン単体モデル。
この展示だけでも“存在感”バツグンでした。
まだまだ会場にはたくさんの素晴らしい作品がありましたが、押さえきれてなくてスイマセン。
たくさんの刺激を頂いて、モデル造りのモチベーションを上げる事が出来ました。
これからも頑張って製作して行けそうです(笑)
オートモデラーの作品の紹介はここまでです。
ご参加頂いたモデラーの皆さん、本当にありがとうございました。
今日はこの辺で。。。
スポンサーサイト

2017 オートモデラーの集い PartⅤ  

こんばんは、今日も『オートモデラー集い』の、素晴らしい作品をご紹介します。
IMG_8811_convert_20171122230749.jpg
ポンティアック ファイヤーバード トランザム!
僕らの世代ではアメ車の王道でした。
ボンネットいっぱいに“火の鳥”が描かれたトランザムには、心を鷲づかみにされましたね!
IMG_8812_convert_20171122230806.jpg
スゴイのは、1台じゃないんですよ。
6台並んでいたんです。 “圧巻”でしたね。
IMG_8813_convert_20171122230823.jpg
そしてこの形です。
最高ですね!マスタングがアメ車の象徴的に言われますが、当時は“マッスルカー”が
たくさんあって、今でもそれぞれが根強いファンを持ってますよね。
“ダッジ チャレンジャー”や“CUDE”“リビエラ”なんかも大好きです。
IMG_8814_convert_20171122230837.jpg
こちらは3Dプリンターで製作されたエンジンで、もはやここまで(メーカーでなく)
個人の製作物になる時代が来たんですね。
恐ろしいです・・・出来栄えが!
IMG_8817_convert_20171122230853.jpg
先日紹介させて頂いた117クーペと一緒に展示されていた“ピァッツァ”です。
確かジゥジァーロのデザインが(当時)話題になったと記憶しています。
IMG_8818_convert_20171122230908.jpg
“80年代の美しい車”の1台であることは間違いないです。
IMG_8820_convert_20171122230924.jpg
こちらも80年代を代表する車達ですが、モデリングの切り口が全然違います(^^)
ディフォルメが効いていても、カッコイイ車はカッコイイんですね!
IMG_8821_convert_20171122230941.jpg
特に“ALPINA B7クーペ”は最高にカッコ良かったです。
当時BMWの635は、“世界一美しいクーペ”と言われていました。
IMG_8822_convert_20171122230956.jpg
そして今日の締めくくりは、同じくドイツ車です。
詳しくありませんが、これはタミヤ模型さんの新製品ではないでしょうか?
確か発売されて間もないように記憶していますが、もう出来ています。。。
早いですね・・・仕事が(^^;)
今日はこの辺で。

2017 オートモデラーの集い PartⅣ  

こんばんは、今日も『オートモデラー集い』の、素晴らしい作品をご紹介します。
ところで、昨日と一昨日は栃木県に出張してました。
用件は、技能五輪の全国大会です。
私の部下が、選手としてある種目に出場しましたので、激励です。
今日、競技スケジュールが終了なので、明日以降の結果が心配です。
それではレポートに戻ります。
IMG_8798_convert_20171121223535.jpg
これは、“Club MODENA”さんのメンバーの作品です。
私も専門が木型工でしたが、このモデリングの発想は無かったですね。
斬新です。
IMG_8800_convert_20171121223551.jpg
こちら、“マクラーレン繋がり”です。
素晴らしい仕上がりでした。
IMG_8801_convert_20171121223607.jpg
やはりヨーロッパは気になりますね。
レッカー車に乗せられてました・・・こうならない様に気をつけます(笑)
モデルは綺麗なブルーが印象的でした。
IMG_8802_convert_20171121231225.jpg
葉巻型F1は製作物を見るケースが本当に減って来ていて、貴重です。
IMG_8803_convert_20171121231252.jpg
良いですね“葉巻型”も。
IMG_8804_convert_20171121231319.jpg
これは“美しい国産車”としては絶対外せないですね。
コアなファンがたくさんいると思います。
117クーペ・・・そういえば最近の車社会で、“クーペ”って言う言葉は何処に行ったんでしょうか?
IMG_8805_convert_20171121231347.jpg
どの展示会へ行っても、必ずあるような気がする “ディーノRS”です。
年代の人たちには、これも“鉄板”ネタですよね。
IMG_8807_convert_20171121231414.jpg
僕はこっちかな・・・セリカLB(初代)は僕にとって特別なんです。
レーシング仕様(もうこの言い方が・・・ですかね)最高です!
IMG_8808_convert_20171122230654.jpg
こちら、毎年本当に楽しみにしています。
超絶な手の入れ方ですよ!
IMG_8809_convert_20171122230716.jpg
このエンジンルーム・・・息止めて見ちゃいました。
素晴らしい細かさで、美しさです。
IMG_8810_convert_20171122230734.jpg
この後、更にどうなっていくのかワクワクしますね。
今日はこの辺で。。。
まだまだ続きます。

2017 オートモデラーの集い PartⅢ  

こんばんは、今日も(連日ですが)『オートモデラー集い』の、素晴らしい作品をご紹介します。
IMG_8787_convert_20171121223243.jpg
バイクも好きなんですよ!
これ“カタナ”ですよね・・・定番のシルバーも良いんですが、こう言うカラーリングも
良いですね(^^)
スゴイ仕上がりでした。
IMG_8788_convert_20171121223258.jpg
カッコイイッス!
IMG_8789_convert_20171121223313.jpg
“West”カラーのマクラーレンを造っておいて言うのもなんなんですが、やはりこれですね!
僕達の年代はマールボロカラーです。。。
IMG_8790_convert_20171121223329.jpg
『これはなんだ~!』って感じでしたが、見れば見るほど細かいとこスゴイんですよ。
模型の楽しみ方に長けてる方だなと思いました。
IMG_8792_convert_20171121223359.jpg
車の模型というとこう言うジャンルは外せませんね!
綺麗でした。 ディテールも。
IMG_8795_convert_20171121223446.jpg
もう一台。
素晴らしかったです。
IMG_8794_convert_20171121223430.jpg
こちらは同じクラシックでも、アプローチの仕方が違います。
所謂“ソリッドモデル”ですね。
木材(だと思います)の無垢から製作し、塗装してありました。
どこか懐かしく、いい意味でのノスタルジアです。
IMG_8793_convert_20171121223414.jpg
これはカラーリングが綺麗でした。
効かせ色の“緑”が本当に良い色でした。
IMG_8796_convert_20171121223503.jpg
こちらは“club MODENA”さんのメンバーの作品です。
やはり、フェラーリファンは多いんでしょうね。
IMG_8797_convert_20171121223519.jpg
126CK ビルヌーブですね。
僕は(個人的に)126Cが好きですが、CKもカッコイイですね(^^)
今日はこの辺で。
まだまだ続きます。

2017 オートモデラーの集い PartⅡ  

こんばんは、今日も『オートモデラー集い』の、素晴らしい作品をご紹介します。
IMG_8771_convert_20171121222752.jpg
こちら、数年前から親しくさせて頂いております“8マン”さんのスクラッチフェラーリです。
8マンさんも“3部作”でした。
近年のF1は “長く” “細い” 為、バランス取りが難しく、本当にキチッと仕上げないと
メッチャカッコ悪くなるので、大変です。
でも、さすがに8マンさんの作品は“バランス”見事です。
IMG_8772_convert_20171121222806.jpg
これは最新ですね。
サイドポンツーン開口部の、別パーツの造形が素晴らしいです。
Frウィングも絶妙です。
IMG_8773_convert_20171121222818.jpg
どれも仕上がりが美しい為、キットが存在するかのようですね。
IMG_8775_convert_20171121222848.jpg
こちらは(私にとっては)“鉄板”ネタです。
1/12 240ZG・・・最高です。
IMG_8777_convert_20171121222901.jpg
細部にもきっちり手が入っていて、それでいてやり過ぎない・・・
私の苦手な部分です(笑)
IMG_8839_convert_20171122231353.jpg
この“佇まい・・・”最高ですね。
実車が欲しいです。
IMG_8782_convert_20171121223015.jpg
こちらも、知人の作品です。
セナ君パパさんの作品で、ザウバーです。
キット(白い方)をベースに改造したとの事ですが、細部にわたり共通なところが無く
ほぼ“スクラッチ”です。
IMG_8781_convert_20171121222957.jpg
このアングルが、カッコイイですね(^^)
“F1モデリング”に投稿された作品ですので、ご覧になられた方も多いのでは?
IMG_8784_convert_20171121223059.jpg
詳しいことは解りませんが、バツグンの“説得力”です。
素晴らしいカラーリングと、その技術に感動しました。
IMG_8785_convert_20171121223117.jpg
こちらも(私にとって)“鉄板”ネタです。
大好きですね・・・RSRターボ!
マルティニカラーです。
作品も素晴らしい仕上がりでした。
IMG_8786_convert_20171121223227.jpg
エーダイの1/8、造っちゃおうかな・・・
今日はこの辺で。
まだまだ続きます。

▲Page top