FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

少し変わった物の続きです…完結編  

こんばんは、今日は人力車の製作完結編です。
いや~全く経験の無いジャンルの造形とフィギュアの製作には、本当に苦労しました。
人力車本体は全然大丈夫だったんですが、フィギュアは本当jに難しかったです。
特に1/43のサイズで日本髪を結った女性などという最高に難易度高いフィギュアを初造形でやるのは
相当無理有りましたね(^^;)
と言う事で、納得行く造形では有りませんが、ここで終了させて頂こうかと思います。
IMG_0895_convert_20210321233904.jpg
本当にセンス無いわ~(笑)
IMG_0896_convert_20210321233921.jpg
恥ずかしながら晒します。
IMG_0899_convert_20210321233937.jpg
実際に展示する状態はこんな感じです。
IMG_0900_convert_20210321233951.jpg
あまりコメントが思いつかないほどの出来です。
IMG_0901_convert_20210321234007.jpg
『こんな時代があったんだね・・・』と見て頂く為の物ですね。
IMG_0721_convert_20210321233845.jpg
因みに日本髪の着物姿の女性の基のフィギュアはこちらです。
西洋のご婦人ですかね。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



少し変わった物の続きです。  

こんばんは、今日はいろいろ造形中の物の人力車の続きです。
IMG_0835_convert_20210301232016.jpg
先日、人力車と引き手は何とか終わりましたので、お客さんの製作に移ります。
頂いたお題の錦絵には、お客さんは日本髪を結われた女性でしたので、フィギュア初心者には
非常にハードルの高い女性フィギュアを造ります。
IMG_0836_convert_20210301232035.jpg
まずはベース造りからです。
人力車の乗り面のモックアップをプラ板で製作し、フィギュアを別で製作しても人力車に乗せれるようにします。
腕は針金を芯にしてこれからポリパテを盛りつけていきます。
IMG_0837_convert_20210301232051.jpg
本当に造れるのか、メッチャ不安になります。
IMG_0838_convert_20210301232107.jpg
ポリパテを盛大に盛りつけました。
IMG_0839_convert_20210301232122.jpg
これから試行錯誤の造形がスタートします。
泥沼化しない様に頑張ります。
今日はこの辺で。

少し変わった物の続きです。  

こんばんは、今日は人力車の続きを更新します。
とは言え、先回と変わったのは人力車の屋根部分に表皮を貼った事と、人力車を引く人を造りました。
IMG_0480_convert_20210215233257.jpg
1/43のフィギュアなど当然一度も造ったことがありませんので、大体酷い出来です。
人もゼロから造ろうかと思っていましたが、1/43の鉄道模型用のフィギュアが博物館に数体あったので
3体ほど選んで改造することにしました。
IMG_0481_convert_20210215233314.jpg
ただ、フィギュアが外人の設定なので、ポーズも比率も全然違う状態からの改造となり、むしろゼロからの方が
楽だったかもしれません。
IMG_0483_convert_20210215233347.jpg
参考にした浮世絵が髷を結った人だったので、髷も再現します。
IMG_0485_convert_20210215233442.jpg
着物の皺もそれとなく造ってみましたが、わざとらしさが隠せないです。
いろいろな材料を少しだけ試しながらの作業でしたが、結局はポリパテを削りだす方法になりました。
帯と鉢巻はエポキシ樹脂を薄く伸ばし、巻きつけた後皺を表現しました。
IMG_0772_convert_20210215233406.jpg
塗装は、まず黒いサフェーサー(缶)で全体に塗装し、胴体の着物 → 肌 → 汚し → 草鞋の線 の順番で
筆塗りして行きました。
IMG_0773_convert_20210215233501.jpg
髪の毛や肌着、膝下の黒い部分は黒サフ残しで最後にウェザリングです。
IMG_0774_convert_20210215233521.jpg
足元には、安定が悪いので台座をつけました。
これも黒サフ残しです。
IMG_0775_convert_20210215233539.jpg
I-Phoneのカメラを使いこなせていないので、ピンチが合っておりません・・・
IMG_0777_convert_20210215233612.jpg
最後に、着物の皺等へのレンブラント技法に似た塗り方で白っぽい色を乗せて終了です。
本当にフィギュアのセンスが無いことが、嫌と言うほど実感させられました。。。
最悪な気分です。。。
IMG_0778_convert_20210215233630.jpg
今日はこの辺で。

少し変わった物・・・出来ちゃいました。  

こんばんは。
少し変わった物を工作していますが、今日出来ちゃいました。
先日更新した際にプラ板で製作していた“人力車”です。
日本における創世記の車に繋がっていく源流と言った感じでしょうか。。。
大八車をベースに拵えた物を再現していました。
今回は塗装編です。
IMG_0699_convert_20210120232930.jpg
今回はサフは入れてません。
あえて少しのペーパー傷を木目の様に見せたかったので、残し気味にした状態で色付けをします。
IMG_0698_convert_20210120232915.jpg
最初は全体に艶消し黒を塗装し、1時間ほど放置。
IMG_0695_convert_20210120232902.jpg
その後デザートイエローの様な色を明るくしたい所に塗装して行きます。
※ピースコンでやりたかったんですが、調子悪かったのですべてタミヤスプレーワークで
塗装しました。
IMG_0694_convert_20210120232846.jpg
次に、こげ茶色で陰影を出しながら塗装して行きます。
IMG_0700_convert_20210120233011.jpg
室内も同様に陰影を意識しながらの色乗せです。
IMG_0701_convert_20210120233030.jpg
参考にした浮世絵は屋根部が黒い布を貼った様な表現でしたので、最初の艶消し黒をベースに
メッチャ希釈したこげ茶色を陰影をつける様に塗装していきます。
塗装が乾いたら、ウェザリングマスターの “スノー” “スス” “アカサビ” を使って表情を出して行きます。
IMG_0702_convert_20210120233048.jpg
最後は車輪に溝と穴にスミ入れを行い立体的に仕上げ、車輪センター部に引き物を取り付け
(本当は真鍮の引き物を付けたかったんですが、真鍮を切らしていて)チタンゴールドで塗装しました。
これで人力車本体は完成です。
後は引く人を造ります。
余力があれば、乗っている女の方も作るかも・・・
まだ、解りません。。。
今日はこの辺で。

少し変わった物を。。。  

こんばんは。
少しの間、また変わった物を工作します。
人力車です。
1/43です。
フルスクラッチです。
IMG_0674_convert_20210115232131.jpg
大八車を改良?しての人力車。
江戸時代の物でしょうか・・・
IMG_0675_convert_20210115232145.jpg
もう形は出来ています。
1mm厚のプラ版工作です。
IMG_0676_convert_20210115232204.jpg
車輪のスポークは1mmの洋白線でセンター部ハンダ付けです。
IMG_0673_convert_20210115232116.jpg
向こう側にあるのが、屋根部分です。
別体で塗装しますので、取り外し式にして有ります。
IMG_0677_convert_20210115232220.jpg
填めてみましょう。
IMG_0678_convert_20210115232235.jpg
良い感じです。
屋根部部は資料文献では黒色でしたので、塗装してみますが場合によっては
布地を貼るかもしれません。
形状は良い感じなので、この後ディテールの仕上げを行い、塗装します。
今日はこの辺で。

▲Page top