FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

卓上旋盤 導入!  

こんにちは、今日は工具類のお話。
数年前から、導入を夢見て、何度も挫折し導入に至っていなかった “卓上旋盤” を
いよいよ機種を決めて導入しました。
最後まで、3機種のうちどれにするのか決め兼ねて、悩んで悩んで今日に至りました。
候補は
①東洋アソシエイツさんの“Compact 9”
https://www.toyoas.jp/products/category/senban/detail.html?p=54&pg=0
②旋盤市場さんの“PSL350 VD”
https://www.senban.jp/product/PSL350VD.html
③Proxxon の“マイクロ・レース PD250”
でした・・・
この③機種のどれを購入するかで、数ヶ月悩んでいました。
②旋盤市場さんのPSL350は、本体価格が97800円(税込み)で非常にリーズナブル。。。
①のCompact 9 は、税別 185000円 とやや高め。でも工具やパーツ類が豊富。。。
③マイクロ・レースは232800円(税込み)で結構高額。。。
こんな感じで、悩んでいました。
金額だけで言えば、旋盤市場さんの“PSL350”ですが、あまりに安いので現物も確認できず
不安感があります。
東洋アソシエイツさんのCompact シリーズは、書き込み評価で良い悪いの評価が大きく分かれる傾向
なので、個体差が激しいかもという懸念事項が払拭できないのと、これも現物確認が出来ないのが
不安要素です。
マイクロ・レースは、近所の“ハードストック”に現物が置いてあり、確認が出来るがコストは一番高い。
この3機種それぞれの要素で、
決断を鈍らせていたんですが、最終的な決め手になったのは機械の寸法と重量です。
性能ももちろん大事ですが、工作の際に加工する加工物を考えたら、100mmにも及ぶ物を加工する
事はないのと、加工材もレジン・ABS・ケミカルウッド・アルミ・真鍮くらいに限定されるので、さほど
差は出ないのか・・・と思い、決断しました。
Proxxon_2614_convert_20201216163749.jpg
大変前置きが長くなりましたが、Proxxon の“マイクロ・レース”を導入しました。
私の部屋が狭いのと、物が多く①・②の旋盤を導入するスペースも厳しいです。
Proxxon_2615_convert_20201216163804.jpg
マイクロ・レースは、非常にコンパクトで重量も約13kg(オイルパン等の付属品を含めて)と卓上旋盤としては
重要な要素をクリアーしています。
①Compact 9 は本体重量が 37kg  ②旋盤市場PSL350 派本体重量が 39kg いずれも部屋の机の上に置くには
考えてしまう重さです。
Proxxon_2616_convert_20201216163820.jpg
何はともあれ、もう決めて導入しましたので、マイクロレースと付き合ってモデル造りを進めて行きます。
今日から、旋盤の勉強です。
いろんな方に教えを請いながら、少しづつ上手く使えるようになろうと思います。
今日はこの辺で。
スポンサーサイト



塗料について・・・  

こんばんは、今日は塗料について書きます。
いつもウレタン塗料を使用していますが、先日、ガイヤカラーのEXクリアーを使いました。
デフォルメ デルタのリヤスポイラーに塗装しましたが、やはり私が慣れていないせいか、今一つ思う様な
仕上がりになりませんでした。
と言う事で、更に試行することにして、今回以前から気になっていたウレタンクリアーを購入し、試します。
DSC_2576_convert_20201129231759.jpg
このクリアーを使ってみました。
今日デフォルメ デルタのリヤスポイラーを塗装し、乾燥待ちです。
明日にでも、リヤスポイラーの画像を更新します。
うまく仕上がってればいいのですが・・・
ただ、使用感は凄く良かったです。
主剤 2 : 硬化剤 1 でシンナー20%の希釈で塗装。
粘度はかなり低く、タミヤ模型さんのスプレーワークで充分吹き付け可能でした。
これは今後も幾つかトライして、主要塗料にして行こうかと考えています。
DSC_2577_convert_20201129231814.jpg
こちらもホームセンターで購入しました。
ウレタン塗料を塗装する場合、防毒マスクは必須です。
これをつけて、換気扇に向けての塗装。
これは守らないとウレタンは危ないです。
健康あっての趣味ですので(^^)
今日はこの辺で。

バンドソー修理完了!  

こんばんは、約10年程前に購入(導入?)したバンドソーが故障しました。
いつもの様にDIYで材料を切断していたら、急に鋸刃が回転しなくなりました。
ついに鋸刃が折れたんだと思いバンドソーの前面蓋を開けて鋸刃を確認したら、刃は折れてません・・・
『では何で?・・・』と他を確認したらプーリーのゴム輪が切れていました。
DSC_2052_convert_20200531233448.jpg
これは想定外でした・・・
早速、製造元の会社HPで修理依頼(部品請求のメール)をしたら、回答が最寄のハードストックかカーマに
連絡して取り寄せになるとの事でした。
『良く解らないシステムだな・・・』と思いつつも、近くのハードストックに注文し取り寄せてもらいました。
DSC_2054_convert_20200531233517.jpg
これが新品のゴム輪です。
当然、プーリーに全然填まりませんので、熱湯を用意。
DSC_2053_convert_20200531233504.jpg
ヘラ等も使い格闘する事30分!
何とかプーリーにゴム輪を填める事ができ、鋸刃も取り付けて調整を行いました。
DSC_2055_convert_20200531233532.jpg
手で回転させて、鋸刃が迫り出したり後退したりせず、正規の位置で回転するまでプーリーの傾きを調整し
やっと完了です。
DSC_2056_convert_20200531233547.jpg
試しに切断!
快適です。
今日はこの辺で。

エアーコンプレッサー導入  

こんばんは、今日は随分前から導入に踏み切れず迷っていた工具?設備?を導入したお話です。
エアーコンプレッサーです。
アストロプロダクツ製。
DSC_2039_convert_20200517190638.jpg
30Lのエアータンク付きで、しかも縦型。
スペースも取らない上に作動音も驚くほど静かです。
DSC_1998_convert_20200507231445.jpg
先日購入したアストロプロダクツのスプレーガンで今週末に試し吹きを行おうと考えています。
まずは下地塗装のサフェーサーからです。
吹き付けながら、エアーを当て乾燥を促しながらの塗装をしたいので、今回の導入に
至りました。
楽しみです。
今日はこの辺で。

▲Page top