職業型師のF1工作部屋

今、旬ですが。  

こんばんわ。
昨日、会社から帰ってきたら冷蔵庫が壊れていました。
さて、困ったなと思い、修理を依頼して見ても早くて『2~3日後様子を見に行きます』
という事でした・・・
さすがに冷蔵庫は『2~3日後』と言われても・・・嫁が食事の用意に困りますので、
今日配達してくれるならという事で(昨日)買いました。
20時少し前にお店に行って、即効決めました。
何とか間に合い今日配達してもらい、冷蔵庫が新しくなりました。
昨日、冷蔵庫を買いに行った電化製品量販店にプラモデルが置いてありましたので
見に行った所、なんとこれがありました!
IMG_8490_convert_20170912231712.jpg
5月のホビーショーで発表されて、何時市販されるのかと待っていましたが、やっとですね。
即買いました(^^)
隣にディテールアップパーツも置いてあり、迷いましたが購入。。。
キットと合わせて8,000円強のお買い物です。
プラモデル、高くなりましたね・・・
IMG_8491_convert_20170912231730.jpg
中身です。
最近のアオシマさんは、非常に精密で素晴らしい品質だと聞いています。
まだ、組んだ事無いですが、パーツを見ているだけで“精度感”が伝わってきます。
非常に楽しみです。
IMG_8492_convert_20170912231749.jpg
ディテールアップパーツは、こんな感じ(^^)
すべては見てないですが、エッチングパーツやカーボンデカール等、様々な物が
入っているみたいです。
元々、ディテールアップパーツ等、使ったことが無いのでどんな仕上がりになるのか
楽しみです。
今日はこの辺で。。。
スポンサーサイト

MP4-19B Rrウィング部品製作  

こんにちわ、今日は有休を頂いて、午前中用事を済ませて先程から
少しモデル造りを進めてます。
今日は残っていた作業のRrウィングセパレーターを製作します。
作業方法としては、以前MP4-23製作時に、不注意で無くしてしまい
自作した際の造り方と同じです。
材料はタミヤ模型さんの1mmのプラ板を削り出しで制作しました。
IMG_8484_convert_20170911162435.jpg
実は3個目です。
ゲージから1mmプラ板を切り出して成形後、ウレタンクリアーを塗装したら、分厚くなってしまい
やり直し!!
2個目も、希釈したウレタンクリアーを塗装したのにまだ分厚くて・・・
悩んだんですが、白いプラ板を利用して磨いてみました。
仕上げのコンパウンドまで数種類のペーパーを使い、幾重の工程を重ねて
やっとピカピカになりました。
今回はこの方法を試して、また引き出しが一つ増えましたが、塗装してませんので、
今後、経年変化を慎重にウォッチして行きます。
IMG_8485_convert_20170911162451.jpg
固定は、セパレーター部品の底面にエポキシ系接着剤(5分間硬化タイプ)を慎重に
極少塗り、位置に保持して硬化を待ちました。
IMG_8486_convert_20170911162507.jpg
如何でしょうか?
結構、試行錯誤を繰り返した割には、そんなに目立たない部品です。
IMG_8487_convert_20170911162522.jpg
この角度の方がセパレーターの形状が良く解るでしょうか(^^)
これで、Frウィングに続き、Rrウィングも終えることが出来ました。
後は本体に取り付けるまで、保管です。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B パネルラインのスジ彫り作業 PartⅣ  

こんばんは、今日はMP4-19Bのスジボリを行います。
もうすぐボディーの塗装を行いたいので、最終のスジボリを行います。
とは言え、先日行った左側のスジボリを写していく作業です。
IMG_8432_convert_20170906235347.jpg
元になる左側の上線の高さを測定し・・・
IMG_8434_convert_20170906235404.jpg
右側に(ゲージで)写した線の上線の高さを確認。
IMG_8436_convert_20170906235454.jpg
再び、左側の(前方)小パネルの上線の高さも測定・・・
IMG_8435_convert_20170906235434.jpg
同じ様に右側の小パネルの上線野高さを確認。
他にも数箇所測定と確認を行い、左右位置が合っていましたので、先日の更新同様スジボリを
入れていきました。
これで、塗装前の準備は出来ましたので、来週辺りから少しずつ塗装を開始します。
今日はこの辺で・・・

持っている(古い)本のお話  

こんばんは。
今日は持っている本のお話です。
IMG_8482_convert_20170906235251.jpg
1991年(平成3年)に発売された“MODEL CAR Racers”です。
この本には、少なからず影響を受けました。
当時としては、1/43メタルキットの存在も知りませんでしたし、素より模型製作すらやっていなかった時に
書店で何気なく手にして、今に至る道が開けた気がしています。
この本を読んで行くと、『キットの無い物は造れば良い!』と言う事に気づかされました。
程なくして“Lotus 80”をスクラッチで製作し、その後今に至るまでモデル製作を続けております。
IMG_8483_convert_20170906235316.jpg
その中でも、より影響を受けたのが“ボシカ”の1/43フルディテールモデルでした。
『このサイズで、ここまで製作することが出来るんだ・・・』でしたね。
ある意味、『造りたい物を自由に造る』 考え方の自由度を広げてもらった思い出の1冊です。
今日はこの辺で。。。

MP4-19B ブレーキディスク製作 PartⅢ  

こんばんは、今日もブレーキの続きです。
IMG_8473_convert_20170902113830.jpg
こちらの部品もジャンクから持って来ました。
こちらも殆ど見えなくなりますが、造ります。
ディスクローターはタミヤさんのライトガンメタで塗装しましたが、キャリパーは少し
暗めのメタリックにします。
シルバーに30%くらいの黒を混ぜてピースコンで塗装しました。
最後にカッパーの差し色を塗装し、乾燥したら組み付けます。
IMG_8474_convert_20170902113851.jpg
4個とも塗装完です。
IMG_8475_convert_20170902113905.jpg
組み付けです。
エポキシ系の接着剤で固定していきます。
画像は接着剤の硬化待ちです。
5分間くらいで硬化します。
IMG_8476_convert_20170902113923.jpg
ディスクとキャリパーが接着できたら、次はアップライトに接着します。
これはRrのアップライトです。
同じくエポキシ系接着剤で接着します。
IMG_8477_convert_20170902113940.jpg
こちらはFr用です。
同じ様にエポキシ系接着剤で固定します。
IMG_8478_convert_20170902113957.jpg
これでFr・Rr(4個)接着完了です。
IMG_8480_convert_20170902114030.jpg
最後にこれです!
キャリパーに貼ります。
IMG_8481_convert_20170902114049.jpg
これで一応目処付けです。
今日はこの辺で・・・

▲Page top