FC2ブログ

職業型師のF1工作部屋

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑲  

こんばんは、今日は昨日の続きです。
IMG_9752_convert_20180818235609.jpg
凸モールドを製作しました。
前回同様ケミカルウッドでの製作です。
作業の詳細はこちらです。
そして新たに間隔を変えたセンター部に左右均等に接着して行きます。
これは、瞬間接着剤で固定します。
IMG_9753_convert_20180818235627.jpg
こんな感じです。
パネルと馴染むようにペーパー掛けを行います。
IMG_9754_convert_20180818235642.jpg
カウルと合わせてみて確認します。
IMG_9755_convert_20180818235657.jpg
良い感じです。(^^)
明日は、サフェーサーを塗装し、軽く仕上げます。
今日はこの辺で。
Frカウル何回直すんだ・・・(^^;)
スポンサーサイト

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑱  

こんばんは、今日もBT45Frカウルの製作を続けます。
IMG_9748_convert_20180817001533.jpg
先日、アンダーパネルの凸モールドを削り落とし、パテを盛りましたので、パテを平滑に
削りました。
IMG_9749_convert_20180817001551.jpg
凸モールドの作り直しを行いますので、ケミカルウッドを半円形状に削りました。
この後、凸モールドの長さを決めて、新たな位置に取り付けて行きますが、その前に少し全幅を
広げます。
IMG_9750_convert_20180817001606.jpg
1mm厚のプラ板を、2mm幅くらいに切り出しアンダーパネルの端面に接着します。
IMG_9751_convert_20180817001622.jpg
乾燥硬化後、車両後の幅を残しながら、前端を0にする感じで斜めに削ります。
後は、もう少し仕上げて、凸モールドの製作に戻ります。
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑰  

こんばんは、お盆で各地天候が不安定な状態で、しかも一時よりは良いとは言え
暑さも厳しい今日この頃ですが、皆さんお変わりないでしょうか。
私の小部屋もエアコンがありませんので、昼間の作業が進みません。
もっぱらリビングで高校野球を見ている時間が長いです。
ですが、毎日少しずつは作業をしています。
今日はこれです。
IMG_9743_convert_20180814075654.jpg
先回の更新で、思い切って着手した箇所を一生懸命仕上げている所です。
IMG_9744_convert_20180814075715.jpg
大分、納得の行く形になってきましたので、もう少しチューニングを行います。
IMG_9745_convert_20180814075731.jpg
この修正で、当然アンダーパネルの凸も位置変更を余儀なくされるので、今まで付いていた
凸モールドを削り落として、サフによる段差を樹脂で埋めました。
IMG_9746_convert_20180814075747.jpg
明日平面を出して、また新たに凸モールドを製作し、新しい位置に取り付けようと思います。
IMG_9747_convert_20180814075801.jpg
地味で変化に乏しい作業が続いてモチベーションが下がり気味なので、Frフレームに
黒サフを吹き付けてみました。
黒サフ・・・良い感じです(^^)
今日はこの辺で。

BT45 ボディー製作 Frカウル編 Part⑯  

こんばんは。
先日、『雨が降る気配すら無い…』とBlogに書いたら、今朝雨が降りました。
そのお蔭で?今日は少し涼しいです。
今日はBT45のFrカウルを修正します。
大分前にFrカウルは“仮完成”としていましたが、どうも形状に少しの違和感を感じて
拭えずにいました。
どうしても気になり、今後いつか修正しなかった事を悔やむのも嫌なので、思い切って
修正します。
IMG_9738_convert_20180808234553.jpg
修正箇所は、センター部の幅詰めです。
BT45の造形の(一つの)肝と言うべき所ですし、印象を大きく左右する所なので慎重且つ
思い切って行うべき修正です。
向かって右が、修正前の(材料を貼り足した)状態です。
左が、新たに形状を造り直した状態。
IMG_9739_convert_20180808234610.jpg
1mm厚のケミカルウッドを2枚接着し、先端を内側に寄せました。
IMG_9740_convert_20180808234626.jpg
基の形状に合わせながら少しずつ“新形状”に加工したのがこちら側です。
IMG_9741_convert_20180808234640.jpg
Frラジエターへ繋がる開口部の形状も、(もちろん)修正しました。。。(^^)
IMG_9742_convert_20180808234654.jpg
大まかな形状出しが出来ましたので、反対側を合わせて細かく仕上げて行きます。
今週末にかけて、アンダーパネルの修正も行います。
これが地味に大変なんですよ・・・モチベーションを上げないと!
今日はこの辺で。

BT45 Frサスペンション製作 Part③  

こんばんは。
今日も、ものすごい暑さと戦う一日でした。
雨が少しでも降ってくれれば“涼”が感じられるかと思うんですが、全く降る気配すら無しで、
今もすごい温度です(^^;)
今日も先回の続きです。
IMG_9730_convert_20180806152536.jpg
以前、Frフレームを製作しました(白いパーツ)ので、キットのフレーム(改造済み)と
組み合わせて行きます。
とりあえず流し込み接着剤で固定しました。
この後、強度的に不安を感じたら“補強”を考えます。
IMG_9731_convert_20180806152552.jpg
Frカウル内に収まりつつ、ラジエターとの関係も確認し、幅方向の寸法を割り出し接着。
IMG_9732_convert_20180806152606.jpg
キットのフレームには、0.5mmのピアノ線を埋め込みました。
IMG_9733_convert_20180806152621.jpg
断面がメチャ小さくて、ピアノ線用の穴をピンバイスで開けるのが大変でした。
IMG_9734_convert_20180806152635.jpg
Frクロスメンバーに、ピアノ線を刺す為の穴を罫書き、0.7mmの穴を開けて取り付く様に
工作します。
IMG_9735_convert_20180806152650.jpg
段々仕上がってきました(^^)
IMG_9736_convert_20180806152707.jpg
Frサスとの関係も、“ほぼ”良い感じです。
IMG_9737_convert_20180806152722.jpg
Frカウルも合わせてみたら、意外と合いも良かったので位置関係を更に精査して、取り付け用の
工作を続けます。
今日はこの辺で。

▲Page top